のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Stronger than yesterday

駅には色んな人がいます。近所にできたマンションのチラシが入ったポケットティッシュを配る人や、地域の特産品などを売りに来る人など。

先日の話です。改札を出ると、おばさん方がポケットティッシュか何かを配っているようでした。何も考えずに手を差し出したところ、何も渡されないので(変だな)と思って立ち止まると、「今くじを引いていただいてるんです」とのこと。「どれを引いてもらっても何かは当たりますので」と言われ、予想と違う展開に戸惑った私は思考停止をしたままくじを引きました。私がそのくじを渡すと、くじの中を見たおばさん、「こちら、化粧水が当たりました」と淡々と発表。そこですぐ化粧水を貰って帰ろうと考えていたのですが、おばさんの説明が長引く長引く。「今日は無料で肌年齢の診断なども行っております」とか何とかで別の場所に誘導されそうになったので、(面倒だな)と思った私は「あ、じゃあいいです。結構です」と断って帰ることにしました。「でも、化粧水をお渡しするだけですよ?」と怪訝そうに言うおばさんに、「でもいいです」と頑なに拒む私、その光景を不思議そうに見る中学生たち。お渡しするだけならこちらに持って来ればいいじゃないの。最終的には解放されましたが。

家にも色んな人が訪ねてきます。宗教の勧誘なんかも割と来ます。宗教って2人組での勧誘というイメージが強いのですが、1人で来ることもあります。そこまでしつこい勧誘はなく、「結構です」と言うとその場ではすぐ引き下がってくれるので、困った事態になったことはありませんが。ちょっと小洒落た身なりのおばさんが1人で来たときも、宅配便でもなさそうだし何か怪しいからと思って居留守を使ったら、その日2度目の訪問で郵便受けに何かを入れた様子。(最初からそうすればいいのに)と思って見に行くと、NHKの受信料払ってね、というお知らせでした。彼女はNHKの集金人だったのですね。布教に来たとか勝手に誤解してすみませんでした。

新しくできた焼肉屋のクーポンを売りに来られたこともあります。「1分ほどでいいのでご説明させてください」とか何とか言うので、まだ純粋だった私は面倒がりつつも玄関先で対応しました。私の認識では、クーポンというのは無料で手に入れられるものだったのですが、その焼肉屋のクーポンは値引きの代わりにその値引き後の料金を前払いしなければいけませんでした。焼肉屋が本当にあるのかどうかもその時点では確認できないし、クーポンを持っていって「うちではそういったクーポンは出しておりませんが」と言われない保証もないし。そもそも、その売り込みに来た男性が本当に焼肉屋の関係者なのかどうかの確認ができません。昔勤めていた会社に「なるほどですね〜」が口癖で愛想笑いも何だか胡散臭い社員がいたのですが、その人とそっくりな調子のいい喋り方をするところも尚更信用できない要素。何だかんだで結局それも断ったのですが、彼は不可解そうな態度でした。最後に「私、こういう者なのですが」と名刺を出してきて、(色々順番間違えてないか?)と思う私。

船橋の八百屋の女性が野菜を売りに来たこともありました。「船橋の八百屋なんですけど…」としか自己紹介してくれないので、具体的に店名を言えないやましい何かがあるのかと勘ぐってしまいました。まあ、店名を言われても「いや、知らんし」ってなるか。「すごく皆様に好評なんです」と言われ、「え、本当に!?」…とは返事しませんでしたが、(どこが好評なんだろう)と思ったのは事実です。というのも、セールスポイントを一切言ってくれないから。産地がどこだとか、どういう製法だとか何もなかったのです。不器用そうな感じの女性で、焼肉クーポンの男性ほどに警戒はしませんでしたが、やっぱり断りました。

営業の仕方はさまざまですが、「買っておかないと損ですよ?いいんですか?」というようなニュアンスを含んだ発言をする人が私は嫌いです。損か得か決めるのは消費者の私なんですもん。他社より安いからって必要ないものはやっぱり必要ないし。価値観だって人によって違うんだぞ(・へ・)あと「1分ほどなのでお願いします」と玄関先に出させようとする人も嫌いです。インターホン越しにできない話とは何なのか。また、台詞こそ「お願い」と言っていますが、断定口調なので命令にしか聞こえません。つい最近、リサイクル業者と称する男がその手法を使ったので、「結構です」と断ったのですが、「お願いしまーす」と躊躇う様子もなく繰り返しやがったので、無視して食器洗いを続けていたら、いつの間にかいなくなっていました。
スポンサーサイト
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

女々しくて

津田沼でファイナンシャルプランナーの講座が格安であったので、受講してきました。元々通信教育講座をとっていたのですが、怠け者の私はモチベーションが上がらずに学習が断続的に…勉強すれば1月の試験でも受けられたはずなのに、その機会を逃してしまいました。

学生時代の私を真面目だとか努力家と評してくれる人は少なからずいますが、何だかんだ強制力がないと怠けるタイプなんだと思います。例えば学生時代は、学校へ通わなければならないという強制力がありました。今回は、予備校へ通学しなければならないという強制力があったので、何とか続けられました。まあ、まだ1回残っているのですが。

ちなみに3級なので、教材さえあれば独学でやれる人も多いのではないでしょうか。私は何かにつけて興味は持ちやすいのですが、やり始めると飽きてしまうというか、『こんなはずじゃなかった』感を持ってしまうというか。『こんなはずじゃなかった』感というのは…某ベ◯ッセから送付されてきたサクセスストーリーな漫画を読んで、いざ進研ゼ◯を始めてみたけど別に部活で活躍もできないし、好きな男子にはフラれるし、思い描いていたのと違うやんけ、という感覚に似ています、多分。意外と自分に期待しているのか。

3級速習講座は10,000円で受講できたのですが、予備校にとっての本命は100,000円近くかかる2級講座を受けてもらうことなのです。「資格として意味があるのは2級から」「ぜひ2級にもチャレンジしていただきたい」というようなことを講師の方がおっしゃってましたし。3級は安い受講料でたくさんの人に門戸を開いて、これはイケると思った人たちが2級を受けるために多少高い受講料でも払ってくれる。予備校もビジネスですね。

初日に会員証が発行されるのですが、フリガナを見たら苗字が“リロンジ”になっていました。確かに急いで申込書を書いたから読みづらかったかもしれませんが、それにしたって確認ぐらいしてくれたってよさそうなものだ。口頭なら聞き間違う可能性大な苗字ですけどね。自分でも相手に「◯×△さんですね?」と確認されたときに、自信を持って「はい」「違います」と言えないぐらい(;´∀`)1字目が聞き取りづらいし、言いづらい。一発で苗字を把握してもらえる裏技ってないものでしょうかね。

授業自体はまあわかりやすかったです。1回テキストを通読した状態で、あまりよくわかっていなかったところを補った形なので、割とさっと頭に入ったかと。あとはひたすら問題演習です。この試験は相対評価ではなく絶対評価で6割の点数をとれば合格するので、そこまで必死にやることもないのですが、わからない部分はなるべくクリアにしておきたいところ。

「過去問集ってみなさん持ってますよね?」と先日の授業の最後に言われて、「え、持ってません」となる私。私だけかと思ったら、受講していた6人のうち3人が持っていませんでした。どうやら体験授業を受けてから講座の申込をした場合は、改めて受付に取りに行かないといけなかったらしいのです。そんな確認は2回目の授業のときぐらいにやってよー(-.-;)この日は棚卸し日で渡せないとのこと。それはそうとして、講師の「今日は日が悪かった!」という芝居じみた台詞にちょっとイラッとしてしまいました。一見申し訳なさを強調しようとしているようで、自分に否がないことを訴えている気がして。気が短くてスミマセン。

ポーカーフェイスの苦手な私は仏頂面で教室を出て、帰るつもりでエレベーターに乗り込みました。エレベーターが上階に向かうのを見て、(やってしまった…)と思う私。頭がカッカしていると、冷静に物事が判断できなくなります。周りの人がどうして同じエレベーターに乗り込まないのかに気づかないなんて。1人気まずい思いで下階のボタンを押したのでした。

帰宅すると、akiさんが玄関まで出迎えに来てくれました。同じタイミングで、炊飯器もご飯が炊けたというメロディーを鳴らしていました。この日、私は米をとぐのを忘れていたのでakiさんに炊飯をお願いしていました。(私の帰宅時刻に合わせて丁度炊けるなんて、素晴らしいタイミングだわ)と感心しつつ、本日起こったことの報告。それでちょっと気持ちが落ち着いたので、簡単なおかずを用意して炊飯器の蓋を開けると…あれ、空っぽ…

akiさんは私が炊飯器のスイッチを押し忘れただけだと思ったそうで、特に中身は確認せずスイッチだけを押したとのこと。慌てふためいているakiさんの様子が可笑しくて、私は笑ってしまいました。あとで聞いたところによると、「自分だったら同じことをされたらキレる」そうで、私が怒らなかったのが意外だったらしい。怒りのスイッチって人によって色々なもんですね。

唐突に話は変わりますが、最近ゴールデンボンバーというバンドがちょっと気になっています。CSの音楽番組で『女々しくて』のプロモーションビデオの映像が流れていて、このバンドを知りました。この映像(主にメンバーのダンス)がやっつけ感たっぷりで面白く感じました。そこから曲を調べていったところ、楽しそうなアルバムが。

イミテイション・ゴールド~金爆の名曲二番搾り~イミテイション・ゴールド~金爆の名曲二番搾り~
(2009/01/01)
ゴールデンボンバー

商品詳細を見る

『ultra PHANTOM』はB'zのパロディ楽曲なのですが、歌詞に過去のヒットナンバーのタイトルをただ詰め込みまくっただけなので、歌詞としては意味不明です。「うるとらふぁんとむー」と発音が完全に日本語だったり、変な思い切りがあってなかなか気に入っています。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

言い出したらキリがない( ー`дー´)キリッ

随分間隔が開いてしまいました。近況報告と言いつつ、何から書いていいのやら。

この間の親知らずの件ですが、歯科医院で診てもらったところ、とりあえず抜かなくていいという結論になりました。私はあまり歯並びがよくないし、奥に歯の生えてくるスペースがあるのか不安だったのですが、レントゲン撮影をしたところ、まっすぐに生えかかっていました。そして、上顎の方にもまだずっと奥に埋もれた親知らずが2本…いつか生えてくるんでしょうか。

また、歯と太い神経が接して(?)いて、このまま抜くと痺れが残ってしまうおそれがあるので、「どうしても抜きたいのであれば、大学病院をご紹介しますが」と歯科医の方に言われました。多少頬を噛んでしまうのが気になったぐらい(今はほとんど噛まなくなりました)で、親知らずがどういう状態なのかレントゲンで見られて満足したし、どうしても抜きたい明確な理由はないので、歯石除去だけして帰りました。別に、どうしても歯石除去しなければならない理由もなかったのですが、何もせずに帰るのも虚しい気がして。無駄足に終わらせたくなくて。

歯石除去は痛かったです。あと、その作業をしている歯科助手の方のゴム手袋の臭いが辛かったです。昔からあのゴムの臭いが苦手です。飲食店なんかだとゴム手袋をして野菜を扱ったりするんですが、食べ物にゴム臭がつきそうで、それだったら手で直に扱ってくれる方がマシかも、なんて思っていました。でも、今までゴム臭のついた食べ物に出くわしたことがないのを考えると、衛生的でよいというメリットしかありませんね…(´д⊂)

それから、大学のときの友人たちと飲む機会がありました。この年齢になると、結婚したとか結婚するとかの話題が多いですね。そういうときに自分が結婚した側の人間であるというのが、とても不思議です。一生独身だとも思っていなかったのですが、何歳で結婚するというのもまったくイメージできていませんでした。その場にいた女性たちは結婚したorするの立場だったのでよかったのですが、もし結婚の予定もない状態だったら、そういう話題のとき肩身の狭い思いをしそうです。男は数多寄ってくるけど、今はまだ独身でいたいから、というぐらい立場の強い女性ならそんなことはないのでしょうが。キャッチセールスと宗教と痴漢ぐらいしか寄ってこないもん/(^o^)\

近年の子育て事情には疎いのですが…って昔の子育て事情にも疎かったのですが、先日、母親(になった人)のための手芸教室の特集がテレビでありまして。子どものために色々作るのはいいのですが。その教室では製作過程を子どもに見てもらうんだそうです。朝から「は?」と声を上げましたね。曰く、母と子の絆を感じられるのだとか(母親が)。子どもには迷惑だと思うな。何で母親が「あなたのために、私こんなに頑張ってるの」とアピールしてくるのを、子どもが受け止めにゃならんのだ。さらに問題なのは、このことを「頑張ってるお母さんがいますね」と言わんばかりに報道している局なんですけどね。どちらかと言うと、承認欲求の満たされていない人(母親)を社会的問題として取り上げるところなのでは、と思いました。

家庭を取り巻く“問題”だとか社会を取り巻く“問題”だとかも、結局は人間が勝手に見出したものでしかないと思うんですが。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

皆知らず

まだまだ暖房の必要な日が続くのでしょうか。最近やや暖かくなったような気はするものの、朝の冷え切ったリビングに暖房は必須です。

その朝は色々な準備でバタバタしていました。電子レンジで温めたり、電気ケトルで水を沸かしたり…そして私はやってしまったのです。電子レンジ&電気ケトルを同時に動かすというタブーを…

エアコンをつけていなければ特に問題ないのですが、エアコンをつけている上に電子レンジと電気ケトルを使うとブレーカーが落ちてしまうのです。ブチッひゅーん…という音を聞いて、自分のやらかしに気づきました。

実は、先日も落としてしまったのです。それからは注意しようと固く決意していました。それなのに、何ということでしょう!落ちたブレーカーの戻し方は、以前akiさんがやっていたのを見て覚えていました。それで復帰させることができたのですが、気になったのはひかりテレビのチューナーです。実は先日落ちたとき、それが原因なのか使えなくなってしまったのです。チューナーを交換してもらって半月…よもや同じ過ちを犯すとは…

寝ていたakiさんを起こし、「またブレーカー落としちゃった…ひかりテレビもダメになったかも」とパニック気味に報告すると、「え、またーー!?」と少しお怒り気味の口調。まあ、寝起きにそんなこと言われたら私も平静ではないと思うので、仕方ないのですが自分の馬鹿さにしょんぼり。でも、最終的にはちゃんとチューナーを元の状態に戻すことができました。作業したのはakiさんです。もちろん。

また別の日。帰りの遅くなったakiさんが家に到着する頃に丁度お風呂が沸いているよう、調整して給湯のスイッチを入れました。『残りおよそ5分で、お風呂に入れます』という機械音声を聞き、しばらくしてakiさん帰宅。お風呂に入ろうか、となって何だか嫌な予感。「あれ、『お風呂が、沸きました』って聞いた?」2人とも聞いておらず、私が浴室に確認に行ったら、何ということでしょう!栓が抜けていたのです。浴槽からほのかに漂う温もり。私が求めていたのはこんな空虚な温もりなんかじゃない(´・ω・`)随分前に同じことをやらかしましたが、こんなに立て続けにやらかしというのは起こるものでしょうか。

もう今日は寝ようか、となって寝室のエアコン、加湿器、電気毛布を作動させ、スイッチの入れ忘れがないことをチェックしてまだ暖かさの残るリビングに戻ってきた私。30分ほどして、akiさんが聞きます。「暖房、どれぐらいつけてた?」「30分ぐらい前だと思うけど」「ドア、開いてたよ」(´・ω`・)エッ?

何で今日はこんなにも抜けているんだろう、と思って寝室に来ると、akiさんから電気毛布のプラグがきちんと差し込まれておらず、毛布が温かくなっていなかったことを知らされました。人の子に対して、「計算ミスに注意しましょう」なんて書いている場合じゃありません。計算ミスなんて…迷惑かかるの自分だけやし。

そんなこんなで数日調子の狂っていた私ですが、その原因は27歳にして親知らずが生えてきたことではないかと推測しています。推測?妄想?年齢とか顎の大きさを考えれば生えてこないはずだったのに。

食事中に頬の内側の肉を噛んだり、奥歯の方に食べかすが詰まって取れなくなった感触があったりで、手鏡で口の中を見てみたら、頬が腫れている!昔は分厚い“家庭の医学”なんて本を引っ張り出して確認したものですが、今はGoogleでカタカタポチッで調べてしまいますね。そうすると、‘口の中の腫瘍’なんて言葉が出てきて、一瞬ギクッとしてしまいました。検索ワードを増やして調べたら、‘親知らず’が出てきて、改めて口の奥を見たら生えかけの歯が。奥の方で食べかすが詰まったと思っていたものは歯だったのでした。

小学生だか中学生のときに夜中に急に足の指の付け根が痛くなって、“家庭の医学”で調べたら‘痛風’と書いてあって、(中年男性に多い病気に何故私が…)と思ったこともありました。まあ、原因はムカデにかまれたことだったようなのですが。私の部屋では、大きいクモやらゴキブリやら甲虫やらイモリなんかの現れる頻度が他の部屋よりも高く、今思えばあれが私のモテ期だったのかと。なかなか想い想われって難しいですね。

さて、私の親知らずの行方やいかに…
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

気づけばトンネルの中

私は冬生まれで根っからの冬支持者でした。夏生まれの夏支持者、Tちゃんとはよく対立しました。まあ、大した対立ではありませんが。冬は着こめば寒さをしのげるけど、夏はどんなに脱いでも素っ裸になっても暑いではないか、というのが夏を支持できない主な理由でした。つまらない理由です。Tちゃんが何と反論していたのか、あまり覚えていません。多分、あんな寒いのやってられるか、という理由だったように思うのですが。勿論、もう少し言葉は綺麗ですけど。

いやー、こんなに寒いのは確かにやってられません。この冬。ヨーロッパでも大寒波だそうですし、1年前はヨーロッパに行っていましたが、もし今年だったらどうなっていたことやら。家の中でも暖房をつけていない部屋や廊下では、寒さが身にしみます。それに加えて明るい時間が短すぎる。冬至のときより朝明るくなるのはだいぶ早くなったし、夜暗くなるのもだいぶ遅くなりましたが、それでも暗い。暗いったら暗い。

今日は雨だから尚更気が滅入ります。昔は雨の日が大好きでした。運動場やプールで授業を受けるのが苦痛だったからです。晴れた日はズル休みもしました。でも、中学・高校は体育のズル休みなんてなかったかも。今思い返すと、私が一番大胆に狡猾だったのは小学校高学年のときだったように思います。今も狡猾。でも、頭の悪さがそれを上回っている感じ。おほほ。

こんな日に気分の落ち込んだ誰かを励ますなんて至難の業です。「とりあえず散歩でもしてみない?」と提案することもできない。寒いし、足下悪いし。かと言って家に篭るのも、気分が塞ぐし…うーむ。

春を待ち遠しく思ったのは、今まで生きてきた中で初めてかもしれません。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。