のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

異常なし

今日は父の誕生日でした。もう59歳です。来年還暦ですって。驚きです。

父に誕生日メールを送ったら、珍しく返信が返ってきました。いつかの年は喜んでいたらしいというのを風の便りに聞いたぐらいだったのに、父も歳をとったということでしょうか。

それともパソコンから送ったグリーティングメールが嬉しかったのかもしれません。ちょっとでも喜んでもらえると嬉しいものです。

あと今日の出来事としては、みずほで口座を開設しました。クレジットを付けるとお得です、というので、VISAやJCBの違いを把握していない私は、キティの絵柄がカードにあるかないかで選んでみました。

「もしかして学生さんですか?」

すると、キティのカードは学生は使えなかったらしいです。高校生に近いような格好で行ったのに、何で社会人と間違われたのか分かりません。それにしても、キティカードだからこそ、学生が使えるようにしてほしいものです。

そんなこんなで明日はもう金曜日。というか、月末ですね…早い。
スポンサーサイト
エトセトラ | コメント:6 | トラックバック:1 |

さあ、君も挑戦だ!

①ひょっとすると、その文章を書いた私自身がその問題に誤答する可能性すらあります。そうなると、もはや誰のための文章なのか分からなくなるかもしれません。

②突き詰めると、これはブログの存在意義の問題と関わってきます。ブログとは、他人にとってのエンターテインメントを意識すべきなのか否か、という問題です。

③私の最近の話には起承転結が無いように思います。いつぞやの記事は、起起起結のような勢いで、承と転が無いので、ただの項目の羅列なのではないかと感じられるほどです。

④以上を踏まえると、起承転結を無視していた私は、他人の目を忘れていたということになるでしょう。ブロガーとしては、反省すべき点であります。

⑤この問題への私の見解は、ブログはやはり他人を意識すべきであるがエンターテインメントの追求に走る必要はない、というものです。意識すべきは言い過ぎかもしれません。恐らく、ブログを書く人というものは、義務感など無くても他人の目を意識して書く人がほとんどだろうと思うからです。

⑥中学校受験やら大学受験やらされている方は、国語や英語の問題で「次のパラグラフを順番に並べ替えると、どうなりますか?」といったものに遭遇したことがおありでしょう。

⑦そのような文章がまったくの無駄であるとは言い切れません。項目の羅列のような記事でも、私にとっての備忘録とはなりえます。しかし、他人のためのエンターテインメントとはなりえません。

⑧起承転結の感じられない私の文章では、この問題は成立しません。正解はおよそ偶然の産物に過ぎず、塾や予備校では愚問であるとの批判を浴びることになると考えられます。


(問)上記の段落①~⑧を適切な順序に並べ替えなさい。
お遊び | コメント:4 | トラックバック:0 |

まさに小田原評定?

今朝は頭がフラフラしてどうしようかと思いました。今日の予定を考えると、本当は朝8時ぐらいに起きるはずだったのに、6時過ぎぐらいに起きてしまって、まだ時間があるからと寝込みを決めようにも寝られず、ダラダラして8時を迎えました。

色々な作業をしたりテレビのニュースを見たり新聞を読んだりして、落ち着かない時間を過ごしていました。

昼から外神田の方に向かいました。予定よりも40分ほど長めに用件がかかってしまいましたが、終わって学校に行きました。最近は、用が無くても学校に行きます。誰かに会いたくて。誰にも会えない日は寂しいですが、今日は同じゼミの3人に会いました。

某さんがバイトに行くときに、「行ってらっしゃい」と声をかけたら、「行ってらっしゃい」と返ってきたのが印象的でした。しかも「行ってきます、でしょ~」と言ったのにも関わらず、2回目も間違えていたので笑ってしまいました。アメリカと日本との文化の差なのではないかと思われます。

学校から今度は戸塚に向かいました。進学塾でアルバイトをしてみようかなと思いまして。今日は説明会だけだったのですが、隣に座った女の子が不思議ちゃんでした。

その①
「小学生向けですと、内容は簡単なんですが…ですが、なんですよ、みなさん。この、ですがの後に続く言葉が分かる方いますか?」という講師(人事)の方の質問に、彼女は勢いよく手をあげ「おこちゃまたちが…」と激しい身振りで話し出してビックリしました。『おこちゃま』のインパクトが強すぎて内容をまったく覚えていないのですがね。

その②
「私どもの塾が週刊誌に掲載されまして…」と自分の塾が評判のよいことをアピールする人事の方。この言葉に、音は立てずとも小刻みに手を叩いていたのは、紛れもなく彼女です。そんな現象が2、3回起こりました。

その③
「かくいう私もですねぇ、人気講師の講義前は徹夜して並んでいました」…この内容は正確ではないかもしれませんが、それを聞いた彼女がひどく驚いたかのように口に手を当てるのを、私は目撃してしまいました。塾のサクラかと思わせてしまうぐらいのリアクションでした。

その塾の模擬授業なるものを受けてきたのですが、先生って大変だなぁと思いました。少なくともその塾の集団授業の先生は。「慣れれば、頑張れば、出来ます」なんてことを言われたのですが、その頃には講義をする体力とか若さがなくなっていそうな私です。

というわけで、今日は移動距離が長かったので疲れました。でも、東海道本線に乗るのはなかなかオツでした。誰か一緒に小田原まで行きませんか?何するかはノープランですけど。
エトセトラ | コメント:4 | トラックバック:0 |

笑顔の行方

今日はしとしと雨降りでした。外だけじゃなくて心の中も。

まあ、今日に限らず最近いつもそんな気がしますが。

そういえば、控え室で「ブログ上で顔写真曝していいのか!?」という議論(というか疑問)が巻き起こったのですが、別に構いません。見る人が限られているし、検索でたどり着いた人が私を特定できる(&しようとする)可能性も少ないと思いますので…。

それに今あんなに若くありませんから~。残念~。

…虚しい。それにしてもトンと見かけなくなったギター侍、波田陽区。消えたなんて言われますが、メディアも視聴者も残酷だなぁと思います。山口百恵のように、絶頂期に引退できるのが一番幸せな気がしますね。

卒論相談会は思ったよりさっさと終わってしまって、あっけないぐらいでした。前の人々が結構ツッコまれていたのでドキドキしていたのですが、特に何も言われませんでした。

今朝来たメールのために、今日ずっと気分が沈んでしました。朝起きたときに読ませるのは止めてほしいです。かと言って、夜寝る前に読むのも眠れなくなりそうで勘弁してほしいですが。要はメールなんか送ってこないでほしいです。

「買いかぶってた私がばかだった」とか「自業自得」とか言わないでほしいです。

この頃、ニキビが復活しました。もうニキビとは言わないのかな??ストレスでしょうか。食生活の乱れでしょうか。原因が多すぎて分かりません(-_-)
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

会いたかった(BlogPet)

感じとか思いながら、サイドミラーので、後ろの車とは逆なので、居心地悪く思わせてからようやくお台場の方向ってわかります?
と訊かれ、あとわずか…


でも、本試験で広い教習所というより、何も持ってきました


運転中に気づいたの人で3時間の無駄だと思ったからなの車が見えなかった?
mikiは、自動車とか大丈夫なん
あぁ、悪い子
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Sakura」が書きました。

エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

会いたかった

土曜日は1週間ぶりに、自動車運転の技能教習に行ってきました。久し振りなのに、いきなり高速道路とか大丈夫なんだろうか、と思いながら、赤いBMWに乗ってきました

2人で3時間の乗車をする予定だったのですが、私は1人で2時間の高速教習と1時間の路上教習に分割されてしまいました。おかげで1時間暇になってしまい、学科教習の勉強をしていました。偉い!!…というより、何も持ってきていなかったので、そんなことでもやっていないと時間の無駄だと思ったからなのですが。

BMWはウィンカーを出す位置とワイパーを動かす位置が、普通の国産車とは逆なので、という指示を聞いていたにも関わらず、「じゃあ左出ますよ~」と言われて、ワイパーを動かしてひとりであたふたしていました。

そしたら、次の路上教習でいつもの国産車に戻ったにも関わらず、左にウィンカーを出そうとして、またワイパーを動かしてしまい、あたふたしてしまいました。

高速道路はスピードが出せるのは面白いですね。車線変更の練習を何回かさせられたのですが、左に車線変更をしようとしたとき、どうやらすぐ後ろに車がいたらしく、「危ない危ない!」と言われて、若干蛇行運転っぽいことをしてしまいました。

運転中に気づいたのですが、左のサイドミラーが下を向いていたので、後ろの車が見えなかったのですよ。いくら横を目視したって、それじゃ衝突しそうになりますわ。

と知りながら、サイドミラーの調整をしないまま高速教習終了

高速教習でのインストラクターは年配の人でそんなにペラペラ話す方ではなかったのですが、普通の路上教習でのインストラクターは若くて一見ベラベラ喋りそうな感じではないのに、話していないと落ち着かなさそうでした。

「御殿場とお台場の方向ってわかります?」と訊かれ、「いや、わからないですねぇ」と言うと、教えてくれたのですが、「私の友達でお台場に行こうとしていたヤツがいたんですが(中略)着いてからようやくお台場じゃないってことに気づいたんですって」みたいな話までペラペラしてらっしゃいました。まあ、御殿場にもアウトレットがあるからいいんじゃないかなぁ、と思っていたのは余談ですが。

車中でも話が途切れないので、絶えず賑やかでした。私は教習所では暗い教習生を装っているので、居心地悪く思わせていたかもしれません。あぁ、悪い子。

そんな教習も残すところ、あとわずか…

でも、本試験で落ちたらまた追加されるのかぁ、と思うと、そんなに感慨深くもなかったです(笑)。
お勉強 | コメント:3 | トラックバック:0 |

しゃ、社長っ!!

全く関係ない話ですが、何となく思い出したことです。

みなさんは、株式会社小林洋行ってご存知ですか??

私は以前から名前だけは見ることがありました。

それからも特にその会社に興味を持つことはなく、日々過ぎていったのですが。

最近、知ってしまいました。私がアホな思い込みをしていたこと。

私はこの会社について、「社長が“こばやしひろゆき”っていう、最近できたベンチャーかなぁ」と、勝手にワンマン経営者を想像していました。

浅はかでした。そんなこと言ったら、“ひろゆき”社長がわんさか現れることになると知りもせず。

2ちゃんねるか。(タカアンドトシ風に決めてみたつもり)
エトセトラ | コメント:2 | トラックバック:0 |

気力ゼロ体力ゼロ

今日は所用の後、大学へ向かい、研究室に行きました。と言っても、卒論に関する用事ではなく、別件だったのですが。

帰りに色々考えながら、でも多分傍目からはぼーっとしながら歩いて、駅に着き、改札口を通るとき。

あぁ。

どうして。

なぜ。

神様は私を見捨て給うか。

パスネットを投入したときの絶望感と言ったら、ありませんね。

駅員さんに返金してもらうよう交渉しようかとも思いましたが、そんな気力もなく。これでも少しの恥と意地が残っており。結局、次の駅で降りて定期で入りなおしました。

モスも我慢したのに…チョコも我慢したのに…こんなバカなことに160円も費やしてしまうとは(涙)

帰ったら、夕飯が冷やし中華でした。そんな季節。
エトセトラ | コメント:4 | トラックバック:0 |

あーたし甘えんぼ~

もう疲れたのと現実逃避で、さっきまで寝ていました。寝込んでいたという方が正しいのか…

今日メール見たら、いわゆるお祈りメールがきていて、その中に「誠に不本意な結論とは存じますが」というくだりがあって、ちょっと不愉快でした。「だったらそんな結論くだすな」というのと、「馬鹿にしてるのかしら」というのと。

そこまでクドクド言われなくても、ストーカーなんかしないからどうぞご勝手に、という感じです。まあ、そう思わせて未練のないように仕向けているとしたら、それはある意味すごい会社だと思いますが。多分、そんなことはないと思います。あの会社の人たちを見ていると…

今日はバカボンのパパの出身大学の隣にある(確か)大学に行ってきました。生憎、バカボンのパパの出身大学は見つかりませんでしたが。

それにしても、高田馬場から遠くて死にそうでした。地図を見ているとそれほどにも感じなかったし、よく高田馬場が使われているように思ったので、歩いたのですが。あまりにもキャンパスが見えてこないので、一瞬逆行しているのかと不安になったぐらいです。

キャンパスにようやくたどり着くと、今度は人の波が…うちの大学も人は多いはずなのですが、建物と建物との間隔がそんなになかったのと、場所に不慣れだったせいもあるかもしれません。でも、違う大学に行くのって面白いなぁ、と思いました。創設者の像とか見られたしね。とりあえず。

ここで試験があったのですが、まず初めにグループディスカッション。最近色んなことに諦め気味なので、今日もみんなとお喋りできればいいや~、と思って臨みました。テーマは7人のバレーボールチームのメンバーから主将を選べ、というもので、GDのメンバー一人ひとりがチームメンバーのひとりを推す、というものでした。どこぞの大学とは、硬さが違いますね。いいのか悪いのかはさておき。

で、私が推していたのは、堅実な努力家でリーダーシップのある加藤さん(25)だったのですが、結構いいと思って推したのにダメでした…別に誰になろうと知ったこっちゃないのですが、主将に選ばれたメンバーを推していた女の子が、若干強引に自分の主張をしていた気がしたので、あんまり気持ちのいい終わり方ではありませんでした(本音)。

でも、感想を求められて「○○さん(チームメンバーの名前)に任せてみようと思いました」とか言ってる私でした。というか、マネージャーになりきってやれ(←そういう指示だった)、ってそこまでなりきるものなのか!?、とみんなに思われたかもしれません=浮いていたかもしれません。ああ。

隣のグループでは、加藤さんが主将になっていました。私って…押しが足りないのかしら(涙)

その後、作文と適性検査で終了だったのですが、適性検査がまた死にそうでした。いっぱい数字があるのですが、2つずつ1桁の数字を足してその1の位の数字を書いていく、というもの。1分ずつ20行ぐらいやっていたのでしょうか。手首が疲れました。

途中休憩があって、テープで「少しは休まれましたか?」という声があり、ちょっと変な感じでした。テープで労わられるのってどうよ。

いつもは性格チェックみたいなのが大半を占めるのですが、今回の検査は計算ばかりで残り1、2分で当てはまる性格をちょろっとチェックしたぐらいでした。

行きは気づかなかったのですが、帰りに見たら受付の近くに巨大なクマのキャラクターの人形が置いてありました。創設者の名前にちなんで巨大なクマにしたのかしら、とかくだらないことを思いつきました。無論、漢字は違いますけどね。

モスバーガーを近くで見つけたので帰りに寄ろうかと思いましたが、結局やめちゃいました。最近、ひとりでどこかに寄り道する気が起きません。連れが誰かいないと寂しいのです。いつからこんなに寂しがりやになったのだろう…

タイトルは大塚愛の歌を参考にしました。
お勉強 | コメント:2 | トラックバック:0 |

迷子の迷子のこねこちゃん(BlogPet)

今回のは履歴書と成績証明書だけでいいとのことを考えない
なまえをきいてもわからない
なまえを無駄となじる人もあるだろう
あのささやかな人生を良くは言わぬ人は胸を打つものがありません
と、mikiは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Sakura」が書きました。

エトセトラ | コメント:2 | トラックバック:0 |

夢の国からこんにちは

人に書け書けと催促しておいて、自分が更新していませんでした。いやぁ、書く暇が全然ないわけではなかったのですが、こっちのブログはそれなりにまともに書くことを自分に課しているので、なかなか記事を書く気になれず…

mixiの日記はバトンをやるか呟くか妄想するかして、適当なことを書いています(おい)。まあ、枯れ木も山のにぎわいってヤツです。

勿論、これは謙遜です。本気で「みきてぃの日記って、記事はたくさんあるけど、枯れ木も山のにぎわいってヤツだよね」と言われたら、プチ切れします。ブチ切れではないのは、否定しきれないからです。って認めちゃったよ…

それはさておき、最近アルバイトを再開してみたくなりました。ひとつにはお金が欲しいということがあります…ひとつしか見つかりません。交通費とか交際費とか何かとお金は要るものですから。

就職活動を始めるまでは、バイトで入店する前は結構面倒くさく思うというか、厄介なお客が来ないかしらと思うと憂鬱になることもありました。が、今は「お客様は神様」と言われても、肯定することができそうです。

何故なら、こちらが店にいてちょこっと話をしたら95%以上の人は商品を買ってくれますからね。こちらが出向いて一生懸命話をしても、買ってもらえないことを経験しまくってきた身としては、その状況は神がかり的です。

とは言っても、客として行く方がいいですけどね、モスバーガー。

昨日は会社に行ったり会社に行ったり大学に行ったりしました。大学で先生の顔を見て声を聞くと癒されます。少なくとも金曜5限の先生は好きです。片思いですが(笑)

そういえば、この間、「mikiちゃんって恋多そう」みたいなことを言われました。どういう話の流れでそんな発言が出てきたのか覚えていませんが。

恋は多いですよ。実りがないだけで★綾小路みきまろです。

何だこりゃ。カオスです。

昨日は久々にお酒を飲んだら気持ちよくなって、家に着いて寝入ってしまっていました。朝5時ぐらいに目が覚めてお風呂に入り、再び寝て起きたら11時でした。こんなに寝たのは久し振りです。んー、でもまだ寝られますね。

ぐー(_ _)zZZ
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

美味なる多面体

昨日は久し振りに教習所内で教習でした。方向転換とか言って、バックしたり曲がったりしていました。インストラクターのおじさんは割とフレンドリーな感じでよさげな人でした。おじさんのお蔭で、運転技術を身につけた気になることが出来ました。有難う、おじさん☆

いや、実際何故だか昨日は上手くいってしまったのですが、調子に乗っていると次は出来なくなったり、本当にただのまぐれだったりする可能性も大いにあるので、謙虚な言い回しにしてみただけです。っていうか、やっぱりこの言い回しだと卑屈なだけですね(反省)

そのまま大学に直行すると時間が余ったので、昼ご飯も食べていなかったことだし、チョコでも買おうと生協に行きました。昼ご飯を買え、という話ですが、まぁその辺はご愛嬌ということで。チョコを手に持ってレジに向かうと、昔所属していたサークルの先輩に会いました。

私は色々と経緯があって、あまりサークルの人と関われなかったのですが、意外と向こうからは普通に声をかけてくれたりして、ちょっとビックリしたり嬉しかったりします。今回もそのパターンだったのですが、懐かしくて不思議な感じでした。

正直な話、サークルにいた頃は辞めるきっかけとなった決定打以外にも、様々なしがらみというか馴染みにくさがあったのですが、個人個人と会うときには全く問題なく付き合えるんですよね。今までこれは集団の雰囲気・スタンスみたいなものがあるからかと思っていたのですが、もしかして私はそれほどまでに協調性が無いのかと、段々不安になってきましたよ。

でもって、ゼミでは3年が元気でした。4年になったら少しは大人になれるかと思っていましたが、やはりそのためには大人になろうとしなければならないのだなと思いました。うん、何かこの段落は小学生の作文のようです。使用している語彙や書いている内容など。全部ぢゃないか。

私は細かいところまで完璧にするのが好きなのかと思っていましたが、大学に行くたびに感じるのが、意外と大雑把で飽きっぽい面です。

昨日の質疑応答のときも、質問内容が込み入って分からなくなると途中から聞いているふりだけをしていました。単に聞く気がない(やる気がない)とも言えますが…ダメですね(汗)。自分の考える内容もある事象の基本についてではなく、ある事象が現実にどのように応用されるかということに焦点が当たりがちです。

私が現象の根源を追求していくような科学者には向いてなかったという(自分でも思う)のは、このあたりに原因があるのかもしれません。

さあ、今日は早く寝よう。

あ、タイトルは某アーティストの某歌の歌詞の一部です。まあ、私なんかは不味い平面という表現がぴったりなのかもしれませんね…はっ、しまった、また自虐的に…
お勉強 | コメント:0 | トラックバック:0 |

占いって当たる!?

実は以前にも一度やった占いオーラソーマリーディングなのですが、久し振りにまたやってみました。そうすると、不思議なことが…。

チャレンジ&ギフトのボトル(あなたの過去と乗り越えるべき課題を示します)
自己批判の精神が高まっています。自分のことを、存在価値のない人間だと思ってはいませんか? さまざまなコンプレックスを抱え、あらゆる理由を見つけては、自分のことを責めているかもしれません。不適切な人を愛してしまう傾向も見受けられます。人前で話すのが苦手だったり、自己アピールが不得手。自意識が過剰になって、周囲を気にしすぎているのかもしれません。また、最先端のこと(テクノロジー)を取り入れるのが苦手でしょう。

下線部に注目。それはつまり、アレですか。あの、すなわち…

さまざまなコンプレックスを抱え、自分のことを責めている、っていうのスゴク当たっていると思いました。ってか、前はこの結果じゃなかったんですよねー。すごいなぁ、何で分かったのでしょうね。ちなみに、不適切な人って誰だ。

「今ここ」のボトル(現在の状態と気づきを示します)
あらゆるレベルで浄化されようとしています。あなたに今必要なのは、受け入れたり、取り入れたりすることより先に、自分の中に溜まっているものを流しだすことなのでしょう。自分の中に澱(おり)のように溜まった涙を流すことで、あるがままを受け入れられるようになるでしょう。そして、あなたの中にある虹を見出していくのです。あなたはあなたの魂の色に気づき、この世に生まれた意味と目的を知っていくでしょう。

この世に生まれた意味と目的…テーマが重いですね。自分の中に溜まっているもの…ストレスかな(汗)。それとも誰にも明かしていないあんなことやこんなこと…いや、そんなにたくさん秘密は持ってないんですが。

昨日は、久し振りに教養学部時代の友達に偶然会って、大学近くのスタバでお茶しました。私はバニラフラペチーノ(tall・440円)を頂きました。スタバ高いですね。ドトールとかベローチェとかに通ってしまう私には、たったドリンク一杯でこんなに!?、という感じでした。

彼女は理学部で人類学をやっているのですが、就職活動やら大学のことやらについて長々と話し合いました。いやぁ、なかなか教養学部時代の人には会わないので、話をしていても新鮮で楽しかったです。「スーツ似合うね」と褒められましたが、この時期は褒められても悲しい時期だったりします。いや、褒められたことは純粋に嬉しいんですけどね。

5限の講義の終わった後、教授に「就職活動なの?」と訊かれました。何故だかこの時間はスーツでいることが多く、先生にも顔を覚えられてしまったのかもしれません。昨日はついウトウトしてしまったので、声をかけられて何だかいたたまれませんでした。

夜は夜で、散財してしまったので(と言っても1700円)、今財布の中には234円しかありません。きゃー。へるぷっ。
エトセトラ | コメント:3 | トラックバック:0 |

その道の先に何があるのか

寝ちゃダメなのに眠くて、眠いのに寝られません。

今日は電車に乗りながら頭を激しく揺らしていました。あまり電車の中で寝るようなことはないのですが。教習で疲れたのでしょうか。

初めての路上教習はそんなに緊張しませんでした。いざとなったらインストラクターがいるし、と思っていたからかもしれません。でも、周りの景色はあまり目に入ってきませんでした。唯一覚えているのは、左手に1軒だけモスバーガーがあったことです。

あと多摩川沿いも走ってきました。「あの辺でたまちゃんが発見されたんだよ」とかおじさん(インストラクター)が仰っていましたが、今見に戻ってもどこか言えと言われたら、わかりません。

教習所は今住んでいるところと近いので、どこかの小学校に来たとき、おじさんに「ここの小学校に通っていたの?」と訊かれました。大阪出身なので、とやんわり否定したものの、何でだか申し訳ない気持ちになりました。わざわざこの経路を選んできたのかなと思うと。そんなことないですかね。ならいいんですけど。

このおじさんとは何だか前も一緒になった記憶があります。以前、「就活どうなの?」とか訊いてきた人でした。そして、今回も訊かれたので萎えました。あうう。でも、学年から訊いてきたので、多分私だってことは気づかれていないはずです。気づかれたらまずいのか、というとそうでもないんですが。

100分乗車の後、学科教習を2時間受けました。1つ目の方は初々しいお姉さんが担当だったのですが、事故と保険の話をしていました。で、教習ビデオがストーリー仕立てで、幸せなある家族がお隣のお子さんを事故で死亡させてしまい、保険に加入していなかったがために、生活がボロボロになってしまったというお話でした。

まあ、それは確かにそうだと思うのですが、ナレーションで「保険に加入しておけばこんなに酷いことにはならなかったのに」みたいなことを言いながら、幸せだった家族のお母さんが元気で無邪気だった隣の坊やの幻影(?)を見て苦しむ姿を映し出すのは、変な感じでした。それじゃ保険に加入していれば、そういう苦しみも軽減されたんかいな、と。ひねくれすぎですね。

まあ、何だかんだでその後、電車に揺られて小伝馬町に行ったわけです。面接前のくせにグーグー寝ていたので、面接だか何だか実感が湧きませんでした。グループ面接だったのですが、隣にいた女の子は某女子大に通っている女の子で、バレエをずっとやっている子みたいでした。で、茶道やったり勉強も頑張ったりしていたみたいで、引け目を感じました。お嬢様だー。

で、モスバーガーでバイトをしていた話をすると、「そんな感じですね」と面接官に言われました。やっぱり私はモスっぽいのか。そこまで深く考えてバイト先としてモスを選んだわけではないのに、そんな風に言われるとやっぱり雰囲気って大事なのかなぁ、と思います。あの雰囲気だからやってこられたというか。

2人で1時間10分くらい面接していました。長いですね。と言っても、私の話したのはそんなになくて、もう1人の女の子の方で盛り上がっていた気がするのですが。ま、私は放置プレーでいいですよ。ええ、いいですとも。

何だか各駅停車の電車に乗って、ずーっと遠くまで何日もかけて行ってみたい気分です。
エトセトラ | コメント:3 | トラックバック:0 |

迷子の迷子のこねこちゃん

あなたのおうちはどこですか
おうちをきいてもわからない
なまえをきいてもわからない

名前を聞いて分からないほどにはなっていませんが、おうちがどこにあるかは未だに分かりません。あるのかどうかも分かりません。おうちっていうのは本当の家ではなくて(上野公園とかに住んでる訳ではありません)、私の居場所です。ぶっちゃけ職場です。

そんな話をしていたら、
「ねこさんねこさん、おうちは見つかるよ」
と(メッセンジャーで)励ましてくれた人がいました。その言葉も嬉しかったのですが、何よりも猫扱いしてもらえたことが嬉しかったです。意味不明ですね。

今日、某社の説明会に行ったら、心理学関係の友人がいました。びっくりでした。同じ日時の説明会で、同じような時刻に来ているとは。持参するのは履歴書と成績証明書だけでいいとのことだったのですが、案の定その場でエントリーシートを書かされました。

で、例の如く例の如しで適性検査とかいうのがあったのですが、今回のは結構難しかったです。SPIなんかだと算数と国語って感じなのに、今回のは推理とか図形とか割と考えないと解けない問題でした。考えたけど、解けなかったかも。あうあう。

そこの説明会終了後、時間が余ったので、一旦学校に行こうかと思ったのですが、そこまで歩く元気もなく、御茶ノ水で降りたものの、ケンタッキーを食べる意欲もなく。カフェでいいよと思いながら、淡路町に行こうかと思いましたが、知らない街は落ち着かないので、結局本郷に行きました。

カフェドクリエでへーゼルナッツカプチーノとかいう名前のものを注文しました。レギュラーで320円。高っ!!でも、美味しかったです。私はああいうものを頼むと、クリームは別に食べてしまうのですが、邪道でしょうか。クリームで口をまったりさせた後、飲むみたいな。あれですかね、おかずだけ先に食べてご飯を後で一気に食べる、みたいな行儀の悪いことなんでしょうか。あうあう。

で、面接に行ってきました。思ったより沢山の人がいてビックリしました。グループ面接でした。控え室で待っている間、某大手広告代理店から来たというおじさんが話していました。割と落ち着いた感じの方で、広告業界にもこんな人がいるのかぁ(偏見)と思いました。今年は応募者が多かったとも仰っていました。

3人で面接に臨んだのですが、私以外は男の子でした。しかも経済とか経営系の人でした。私は何でうちに、みたいなことを訊かれましたが、最初の質問に惑わされて、振り返ってみると結果的にあれで何が伝わったのやら、という感じでした…ははは。

昨日は「最近読んだ本で感銘を受けたものは?」という質問がされ、感銘を受けたかどうかは別にして、本当に最近読んだ本を答えた私でしたが(汗)、今日は「最近のニュースで憤りを感じたものは?」という質問がされました。後の2人は「…監査法人が…」とか経済云々のニュースのことを話していたのですが、私は秋田の殺人のニュースのこととか言っちゃいましたよ。しかも感想「世の中複雑化したなぁ、と思いまして…」。私のせいで大学のレベルを下げているような気がしてなりません。あうあう。

で、終わった後、後の2人は「志望動機が聞かれなかった」とか「反応があんまりよくなかった」とか(私にとっては)高尚なことで悩んでいたのに対し、私は「やっぱり論理的に話せなかった」とか「やっぱり日本語も話せないのかおんどれは」とか「やっぱり私にPRする点なんかないんだ」とかつまらないレベルのことを考えていました。

そうそう、この間TSUTAYAでCDの衝動借りをしました。5枚で1000円だったので。で、借りたときに店員さんに「1500円です」と言われたので、「え、5枚で1000円って適用されないんですか?」と訊いたら、「はい、申し訳ありません」と返事をされたので、「え、じゃあ減らしてもいいですか?」と言ってしまった、けちんぼの私です。でも結局、店員さんの方が間違っていたのですが。

そこで、借りたのが安室奈美恵と徳永英明、ジュディマリと平井堅、中島みゆきです。この中で中島みゆきの『瞬きもせず』という歌があって、その一節にこんなのがありました。

瞬きひとつのあいだの一生
僕たちはみんな一瞬の星
瞬きもせずに
息をすることさえ惜しむかのように求めあう

(中略)

あのささやかな人生を良くは言わぬ人もあるだろう
あのささやかな人生を無駄となじる人もあるだろう
でも僕は誉める 君の知らぬ君についていくつでも


昔は歌詞よりメロディーだ、なんて思っていましたが、最近は歌詞でもぐっとくるものがありますね。何だか意味を履き違えているかもしれないのですが(何せ日本語力が…)、この歌詞は胸を打つものがありました。

ところで、随所に出てくる「あうあう」は今日の流行語大賞です。私が独断と偏見で断定しました(選んですらいません)。何のこっちゃと思う方々もいらっしゃるでしょうが、まあ、聞き(読み)流してください。
エトセトラ | コメント:2 | トラックバック:0 |

強がりで怖がり

どうもどうも。最近、一向に何も進みそうになく思えてきたmikiです。停滞中です。運気もテンションも意欲も。五月病が鎮まるかと思いきや、六月病が発症しました。

私は落ち込んだり開き直ったり、そのサイクルが頻繁に入れ替わっています。落ち込んでるときには物凄く誰かに側にいてほしいのですが、ちょっと立ち直ると「あ~、何でそんなに悩む必要があるんだろう。うだうだ話しちゃって、みっともなかったなぁ」なんて思います。

私の短所は融通の利かないところだな、と実感しています。自分はやりたいわけでもないのに念のために資格をとっておく、とか、就職できなきゃ研究したいわけじゃないけど大学院いってみる、とか、そういう考え方が出来ません。私の思い込みで、「それは逃げてるだけじゃん」って考えてしまうんですよね。

ちなみに、人がそうしているのは全く構いません。人はしたいからするんだろう、と思うからです。したい、っていうのは、リスクを回避したいってことで、逃げたいんだろうとは思いませんよ。人にはね。私はしたくないから、とその考えを突っぱねようとするのが、私の頭の固さであり、要領の悪さなのだろうと思います。

まあ、必ずしも欠点にはならないかもしれませんが、周囲からすると、実力も根性も無いくせに何を抜かしてるんじゃい、という話なのかもしれません。否定はしません。ということで、私にはやっぱり短所なのかもしれませんね。そういう風に妥協しようとしない(というのが適切な表現か分かりませんが)ために、自分を追い詰めて一人で苦しくなるってパターンに陥る傾向がありますし。

ところで、今日、山手線一周を初敢行しました。一周って言っても、新宿から恵比寿を池袋・上野経由で乗ってただけなのですが。今日は土曜日だというのに、結構混んでいました。山手線はそういうものなのでしょうか。でも、池袋から座れたので、あとは電車に揺られながら、ぼーっと考えたり思考停止したり(←本当にぼーっとしてるだけよね)していました。少しウトウトもしました。

そうそう、学科教習にも行ってきました。というか、技能の方がなかなか予約がとれなくて、路上に出るのは仮免とって一週間後ぐらいになってしまいました。まあ、そんなに急いで免許取らなくていいような気もするのですが、ただでさえ技能には自信の無い私が、時間経ったら教習初期の運転に戻ってるんじゃないかと不安で…いや、さすがにもうカーブで転回することはないと思いますけど。

私も何か体育会系の部活とかサークルとかに入っていれば、もうちょっとタフな人間になれたんでしょうかね。体育はあまり好きではなかったし、体力にも自信が無いということに自信があったので、人生でそういうのに参加した経験がないのですが。それなりに出来るスポーツといえば、ドッジボールとバレーボールぐらいでしょうか。バレーボールは私の母校である中高に入学すれば、否が応でも一定以上のレベルにはなれます。

バレーボールをやっていると、「背高いからいいなぁ」と言われることもありましたが、私にはそうは思えませんでしたね。むしろうどの大木であることが明々白々になってしまうこの球技は、嫌いではありませんでしたが、やりづらい部分もありました。遊びでやる分には構いませんけど。っていうのは余談でした。

いや、今までの全部余談でした。
人生 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。