のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

私のせいじゃないわっ!(BlogPet)

こないだ、mikiが
正確に言うと2回目ですが、前は友達が帰った後一人で歌っていたというだけなので、そりゃから一人なのは初めてでした。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Sakura」が書きました。

スポンサーサイト
エトセトラ | コメント:3 | トラックバック:0 |

私のせいじゃないわっ!

土日の夜も勉強にくる中高生たちはそれだけで偉い気がします。今日は久々に塾に行ってきました。夏休みということで、生徒も講師も勢ぞろいしたんじゃないか、という勢いで沢山いました。

家にいると、電話が室長の先生からかかってきました。実は今日来なくていいです、いやもう今日から来なくていいです、とかそういう電話かと思っていたら(何て悲観的な)、「今、先生どこにいるんですか!?」と。何だか4限から入っていたっぽかったです、私。

いえ、でも私が予定表を渡された時点では、5限からだったんですよ。私はモスでも、時間より早く行ったことはあっても、遅刻したことはないのです。まあ、そういうところは私の長所なんでしょう。唯一の。

でも、待ち合わせとかは遅れることもたまにあるからなぁ。気を抜くとダメなんでしょう。デートも気を抜くから(結果が)ダメなんでしょう。ううん、でも、気のおけなくない人と長い時間を過ごすのは苦痛だしなぁ。きっと加減を知れ、ってところでしょう、私。

とにもかくにも、室長の伝達ミスということで一件落着したのでした。

今日会った生徒さんで、高校生の女の子が超可愛くてビックリでした。高校生は大体もう化粧も覚えて、格好もギャルみたいになってるのかと思いきや、セーラー服着た(この時点で萌え…いや、止めよう自分)ストレートの長い黒髪の女の子で、顔が本当に可愛かったのですよ~☆★☆あどけなさが残っているという意味でもそうですが、雑誌にモデルで載ってもおかしくないぐらい可愛かった!!!

その他。この間数学を見る予定で見られなかった中3の女の子が、今日は遅刻せずに来ました。間違ったこと教えまくりで(理系でしたが何か?)、めちゃくちゃ恥ずかしい思いをしました。「ぶっちゃけ家で勉強した方がはかどるわ」とか思われていないか、とても心配です。

そんなおバカな講師の私は、控え室から間食として用意されているチョコレートケーキをこっそり持ち帰ってきました。とても21歳とは思えぬ行動を取っています。世も末です。

でも先日、友達と話していて、彼が「彼女に『アンタのせいで東大のレベルが下がってる』と言われた」的な発言をしていたので、「人ひとりでそんな影響力はないよ!」と励ましました。

励ましになったかどうかの微妙な疑問はさておき、つまり、世も末なのは私ひとりのせいではない、という結論だったのでした。おしまい。
エトセトラ | コメント:2 | トラックバック:0 |

波乱万丈な人生も

順風満帆な人生も、日本が沈没するという惨事に直面すれば、どちらもたいして変わりありませんね

映画『日本沈没』を観てきました。星新一のSF作品は一時期ハマって本も買いあさっていたのですが、その友達の小松左京の作品は1冊として読んだことがありません。小松左京が星新一の友人であることは、星新一のエッセイを読んで知っていました。ホントに星新一はよく読んでたのですねぇ、私

というわけで原作を知らなかったので、私は「なるほど」と思いながら観ていました。一方、一緒に観た友人は原作も前作映画も知っているのですが、評価的には今回のはイマイチだと言っていました。結論としては、『日本沈没』について何も知らない状態でいった方が面白く観られるのではないか、ということでした。

『日本以外全部沈没』も是非観たいものです。

映画の中でのキスシーンとか抱擁シーンが恥ずかしくて、そこら辺は目を逸らしてしまいました。「抱いて」という言葉を聞いて、何故か照れる私です。その割に「抱いて、って言ってるんだから、抱いたらいいのに」と考えている辺りが、自分の中で矛盾しているように思います。

でもだって、大地真央(抱いちまお)まで出てるんですよ!?

スミマセン、つまらないギャグで。しかもパクリで(トリビアでやってました)

今日は学校で実験をしました。最初は自分が被験者として参加しましたが、自分の実験が楽すぎるので、それと比較すると死にたくなるような実験でした…でもまあ、お役に立てれば幸いです。私の実験では、2人の被験者に協力してもらいました。その結果、今5人分のデータが集まっているのですが…うーん、あんな結果でいいのでしょうかね。若干思い通りの結果になっていませんが、ま、実験なんてそういうものですよね

ここのところ、遊んでばかりの私です。昨日も花火見たり花火したりしてましたし

どうせならこの際、旅行に行きたいですー!!!
エトセトラ | コメント:6 | トラックバック:0 |

敗者として

昨日、というか今日の深夜に日記を書こうとして、そのまま寝てしまっていました。パソコンの電源はONだったのに、部屋の電気は消えていて謎でした。寝るつもりだったのに、パソコンつけていないと寂しくて…とかそういうことでしょうか。だとすると、私のネット中毒もひどいものですね

昨日は月島にもんじゃを食べに行くことができて、幸せでした。やっぱり明太もちチーズは外せませんね!!昔、渋谷でもんじゃ焼きを初めて食べたとき、「こんな美味しくないもの、何がいいんだろう」と思っていましたが、月島で食べてその美味しさを知りました。何でも美味しいものから食べるべきですね。美味しいネギを最初に知っていれば、その後の私の人生も変わっていたかもしれません。

「ネギを食べると頭がよくなる」とか無茶なことを言って食べさせようとしていた親もいましたが、「じゃあよくなくていい」と突っぱねていた今と変わらず可愛げのない私がいました。こう書くと、親がいっぱいいるみたいですね!私にとってはみんな親のような存在かもしれません。世話して世話して~

昨日は何だか色々とひどいことを言っていた気がします。心の中が超ブラックでした。ブルーじゃなくて。10人いたので2つのテーブルに分かれて座っていましたが、私たちのテーブルは自虐的なオーラを放っていたようです。私はそのような雰囲気に寧ろ馴染む感じなのですが(笑)、一緒にいた非自虐的な(←よいことです)方々には居心地が悪かったかもしれません。反省しています

でも、何とか盛り上げたかったんだもーん!!!

「どこ行きたい?」という話になって、「天国」と言いそうになりましたが、グッとこらえて「ナポリ」と言いました。「何で?」と重ねて訊かれたので、「ナポリを見て死ね、っていうから」と言ったら、「え、そんなこと言う?」という空気だったので、ナポリを見る前に死にたくなりました。

…じゃなくて、本当にそういう言い回しはあります。主張しておきます。『ナポリを見て死ね』の意味としては、「ナポリほどきれいなところはない。そのきれいなナポリを見ずには死ねない」というのと、「ナポリ人ほど呑気な人はいない。その姿を見ていると死のうと思った自分が馬鹿らしく思えてくる」というのがあるそうです。どちらにしても、行く意味がありますね。私にとっては

そういうわけで、先日の卒論応援パーティーに引き続き、食べ過ぎてしまったので、帰りに少し歩くことにしました。夜は比較的涼しく運動しやすかったので、てくてく歩いていると、電話をかけながら歩いているお姉さんが。彼女を追い越してからしばらくすると、後ろから「少しは私の気持ちを考えてよ!!」という声が。電話で修羅場を迎えていたようでした。

ごめんね、だからこういうのと比較してしまうと、『格差社会』で言い合いになってしまったというのは、微笑ましくて羨ましい気がしてしまうのですよ。まあ、『格差社会』で喧嘩するだけなら、私も誰とでもできるか。

負け組女の戯言でした。女にとっての勝ちとは、つまるところ結婚らしいです。そう聞いて「偽装でいいから、結婚したい」と口走った私はやはり病んでいるのかもしれません
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

そりゃただの間違いです

勇気を出して行ってきました。スーツで乗り込みました。それなのに、何も提示させられたわけではないのに、ちゃんと“学生”で会員カードが作成されました。ええええ、制服じゃないのにー。

一人でカラオケです。初です。正確に言うと2回目ですが、前は友達が帰った後一人で歌っていたというだけなので、最初から一人なのは初めてでした。

「友達いないヤツと思われないかなぁ…」と、友達いないヤツ独特の不安を抱えていましたが、私の入る前に帰った人も女性一人だったので、安心して入ることができました。

一人で1時間半歌いました。滅茶苦茶な音程になっても、一人だと気にせず歌えるのがいいですね。歌いながら、「うわー、自分歌下手くそだわ」と自己嫌悪に陥っていました。が、やはりストレス発散にはなりますね。

個人的には、地声の中島みゆきとアニメ声のジュディマリが上出来でした。これらを一人で歌っているのを想像すると…不気味ですね★

あーあ、こんなことをして、卒論のことから逃げていました、今日の私です。

まったく無関係な話ですが、『蛇の道は蛇』って「同類の者にとって同じ仲間の事なら、何でもすぐに分かる」という意味だったんですね。私は咄嗟に尋ねられて、「似たようなものの集まっているところには、同じようなものが寄ってくる」とか新しい意味を創造してしまいました。That's creative!!!
エトセトラ | コメント:2 | トラックバック:0 |

君に伝えたくて(BlogPet)

mikiの、免許したかもー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Sakura」が書きました。

エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:1 |

嫌われみきてぃの八時間

結論;人の足元を見るようなことをしてはいけません。

昨日に引き続き、今日も息抜きに行って参りました。今日は映画『嫌われ松子の一生』を観にいったのです。この調子で毎日を過ごしていると、寧ろ仕事とか勉強が息抜きになりそうです

映画に関して。最初は私の意見で『着信アリfinal』になりそうな気配だったのですが、何とか阻止されました。というのは、私は最近の映画を知らないからこのタイトルを挙げただけで、そこまで観たいという思いもなかったからです。『嫌われ~』は割と周囲で観た人の評判もよかったので、見てみるかという気になりました。

渋谷で12時開始の回を観ることになり、11時半待ち合わせ。ということで、路線検索で「この電車に乗れば丁度いいぐらいに着くなぁ」と思って出る用意をしていました。すると、外出間際になって、おばあちゃんが「あ、アンタ…」と話しかけてきて、何故か無駄に焦りだしてしまい、話もそこそこに脇目もふらずサンダルをひっかけて急いで駅に向かいました

とりあえず、乗る予定だった電車には間に合い、ホッとしてボーっとしていました。吊り革に掴まって立っていると、前に座っているお兄さんが私の足を見ていたので、「何だろうなぁ」と思いつつ、気にしないようにしていました。

待ち合わせ場所で無事落ち合った後、映画館の場所がよく分からなかったので、しばらくウロウロオロオロしていました。そのとき、私は

見てしまったのです!!!!!!!!

私は呆然としてしまいました。そんなことってあるのか、と。これはないだろう、と。

私が今取れる解決策は何だろうかと考えてみましたが、やはり一番恥をかかずにすむのは、このまま黙っていることかもしれない、と思い、一緒にいる人にも下手に打ち明けないようにすることにしました。まあ、ここで知られることは必至なのですが(笑)。

でも、動揺は隠せず、コミュニケーションがいつも以上に取れなくなっていました。「そうだよ、人は見た目で判断しちゃいけないんだよ!!」と必要以上にアピールする私が痛々しかったです

映画館は暗くなり、一緒にいた人がお手洗いに立ったので、私はその間にジーパンの裾を伸ばし、サンダルを一旦脱いで履き直そうと試みました。でも、更に驚愕の事実に気がつき、私は「これは私、本当に心が病んでいるのかもしれない…」とショックを受けました。

『嫌われ松子の一生』はなかなか観ていて面白かったです。私は『ALWAYS 三丁目の夕日』を激賞していたのですが、それに次ぐ面白さでした。面白いといっても爆笑するようなものではないのですが、上映時間の長さを感じさせない、というのでしょうか。ぐいぐい引き込まれて観てしまいました。私が印象的だったのは、松子の友人の女社長ですね。彼女の強さとか気概のようなものが、私には魅力的に思われます

あと、松子のファンレターが小説の原稿並みに分厚かったのも印象的でした。自分の紹介が長くなりすぎたらしいです。語るべき過去がそれだけある、ってことなんでしょうが。

映画の後は、フレッシュネスバーガーに行きました。一昨日の夕ご飯がハンバーガーだったのですが、ジャンクフード大好き人間なので、今日もホットドッグなんか食べてしまいました。そして、向かいに座っている人のハンバーガーにマスタードをかけたくって喜んでいました(笑)。

でも、本当はその間中もずっと気にかかっていました。なるべく動きたくない、人目につきたくない、とずっとトイレを我慢していたほどです。さすがに体に悪いですね。八時間ずっとは。

向かい合って座っていた人がドーナツをこぼしてしまって、テーブルの下を覗いたとき、私は膝蓋腱反射のように足を引っ込めました。自分でも挙動不審だなと思いながら。

いつもの如く、謎のテンションで話が盛り上がったり盛り下がったりした後、さて帰るか、となったのは7時半近くになった頃でした。なるべく相手の後ろに付きたいものだと思って立ち上がると、立ち上がって片付けようとしていたその人が、咄嗟にテーブルの下を覗き込みました。

げっ!!!!!!!!

と思いましたが、特に何も言われず、私も何事もなかったかのように振る舞うしかありませんでした。

「で、結局のところ、何があったのよ」という話ですが。

サンダルを右と左、逆にして履いていた

なんて生易しいものではなく、

サンダルが右と左で違っていた

という有り得ない間違いに加え、

履いているのが、どっちも左だった

という離れ業をやってのけてしまいました…。

こんなこと、別にブログのネタにしたくてやってるわけじゃありませんよ!?さすがに、そこまで女を捨ててはいません。いないはずです
エトセトラ | コメント:2 | トラックバック:0 |

一生に一度のイベント(になるはず)

今日は別にお祭りじゃありませんでした。

でも、久し振りに浴衣を着ました。今日は卒論応援パーティーといって、卒論の指導教授のお宅に卒論生と院生が集って、食べたり飲んだり花火を見たり教授におべっかを使ったりするパーティーだったのでした。

浴衣を着て外を歩くのは恥ずかしかったです。何が恥ずかしかったかというと、自分の着こなし方です。着崩れたり変ちくりんな格好になったりしてないかしら?、というのが不安でたまりませんでした。たまにこちらをじっと見てくる人がいると、「やっぱりどっか変かな…?」と思ったり、「今日お祭り?」とかいう会話を聞いていると、「浮いてるのかな…?」と思ったり…。

まあ、浮いているのはいつものことなので、たいして気になりませんでしたが。

そんなわけで電車に乗って、先生のお宅の最寄り駅で集合と相成ったのでした。ちなみに浴衣は先輩からの借り物、げたと巾着はいとこからの借り物で、借り物の意見しか言えない自分というものを考え合わせると、今日の私のアイデンティティには、何かとてつもない脆さを感じます。

酔ってませんよ★

買い出しでは、うなぎやチーズ、大学いもなどを購入しました。パーティー後の話ですが、うなぎは完全に消費されたし、チーズは保存が利くからよしとして、大学いもが残っていたのは許せません。適当にノリで選ぶのは、やっぱりよくありません!!!みんな責任を持って食べましょう!!!私は食べてませんが!!!

あ。

先生宅はマンションなのに、2階建て構造になっていて、一戸建てっぽくリッチな趣で、こんな家に住んでみたいなぁ、と思いました。

私の実家はごくごく普通のマンションで、普通でないといえば、中がありえなく汚いということでしょうか。生活感があるとかそういう次元の話ではありません。うちの家族の「うちは泥棒が来ても分からないね」とか「寧ろ哀れんで片付けてくれるんじゃない?」という言葉から、その雰囲気を感じ取ってくれれば幸いです。

いや、こんなことを暴露して、人様に何を思われるか分からない私って不幸ですよね。ははは…はぁ

そんな私のくだらない話はさておき。

息子さんにはお会いできなかったのですが、奥さんにお会いすることができました。小柄な方で、いかにもお母さんという言葉の似合いそうな、温かそうな方でした。奥さんがたくさん料理を作っていてくださって、駅の中にあったマックのハンバーガーが無性に食べたくなるぐらい、買い出し中空腹だった私でしたが、パーティーの終わる頃には、浴衣のひもが若干きつく感じられるぐらいに料理を堪能することが出来ました。今も満腹です

花火は少しだけ見ることが出来ました。先生が無邪気に子どものように騒いでいたのが、見ていて楽しかったです。大学では見られないような先生の一面を見ると、先生をより深く知った気になれるのがいいですね。あくまで知った気になるだけなのですが。

最近会うことのなかった元ゼミの先輩とお話しすることが出来て、ちょっと感激でした。悩み相談…というほどの深刻なものでもないのですが、そういうことが話せて、少し気が楽になった感じです。

途中から、私の運転で茨城県まで行ってみようというサバイバルな企画の話が出て、大体の日程まで決めていました。茨城県に行くのは、ゼミ仲間の実家がフランス料理屋さんで、それを食べに行くため…です、多分。

まあ、フランス料理を食べられるところまでいくと、いいですね(何故か他人事)。

そんなこんなでこれを書いている今も若干、お腹が苦しいです。料理も食べ過ぎたし、ケーキも食べ過ぎたのかもしれません。というか、チーズ系が多かったので、それも胃に来たのかもしれません。

とにもかくにも浴衣を貸してくれたnaoさん、料理をご馳走してくれた先生の奥さん(と先生)、それと楽しく過ごさせてくれたみなさま、有難うございました

先生、卒論頑張ります!!!院生のAさんが
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

オチついてる、私?

自己承認欲求とは、多かれ少なかれ誰にでもあるものでしょうか。退廃的な生活を送っている私ですら、そのような欲求が少しはあるようです。

昔、他人のために奉仕しようと考える人は偉いと思っていました。私は何かをするのに自己満足でやっているような気しかしませんでしたので。でも、承認欲求という側面でみれば、偉い人も私も共通するものがあるかもしれません。そこだけでしょうが。

私はこれまでの人生で、「私は~という点で自分を誇れる」だとか「私は~という面では誰にも負けない」とかいうより、「自分はとにかく自分であって他人ではない」というスタンスで生きてきた気がします。

私は以前にも書いたかもしれませんが、小さい頃は本当に頼りなくて泣き虫で、困ると誰かに助けを求めて、自分の力で解決するなどということとは無縁の生活を送っていました。家族(特に親)が過去を振り返ると大体そのような話で、「お姉ちゃんはしっかりしていたのに、…」という言い方を、悪意からではなくとも、されたものです。

私がその後、「自分の人生設計は自分で描きたい」と強く思ってきたのは、この辺りに起因するのではないかと思われます。確固たる自分でいたい、自分の失敗(とも思えるもの)を誰かのせいにする弱さは要らない、と考えていました。まあ、その割には、たいして何も達成できてないようなのも事実ですが(汗)。とりあえず、誰かの敷いたレールの上を歩きたくありませんでした。

中学の頃、担任の先生が「君たちは何のために勉強するのですか?」と質問を投げかけてきました。その先生の用意した答えは「自分の未来の夢を叶えるため」。私はその答えに納得できませんでした。当時から刹那的に生きていたせいかもしれませんが、私は「勉強が楽しいから」自分は勉強しているんだと思っていました(当時)。

何で当時の勉強が楽しかったかと言えば、やはりやったらやっただけの成果が見込めて、その成果も客観的に評価され色々な人に褒めてもらえるというのが嬉しかったのでしょう。もっとも、中学受験前、小学4、5年ぐらいのときは勉強なんて嫌いでしたけどね。出来なかったものですから。

ちなみに、大学の勉強も成果は見えにくいので、そんなに好きじゃないように思います。たいした取り組みも出来ていないので、断言は出来ませんが…うぅ。

そういうわけで、確かに自分の将来の夢を叶えるためのステップとして受験勉強があるというのは否定はしませんが、勉強の目的という意味では「それだけじゃつまんないなー」と漠然と考えていたわけです。

それなりの(?)中学・高校生活を送り、大学進学という分岐点で、「そもそも大学に行く必要あるのかしら、自分」という疑問が起こりました。大学で何がしたいという目的があるでもなく行っても、学費の無駄だし、誰のためにもなってないし、高卒で働いた方が人の役に立てるのではないかと。でも、そこまでする勇気はなくて、結局大学に進学してしまいましたが。

大学を決めるときも、自分で「ここがいい!」というのはそんなにありませんでした。洋菓子が美味しそうだとか、農産物が美味しそうだという理由で大学を選びそうになっていたぐらいです。大学入学後、私が洋菓子が美味しそうだという理由で選んだ大学の志望理由が、母によって「やりたいことを研究している教授がいたから」と捏造されていたときにはビックリしました。

今の大学に入学してよかったことは勿論色々あります。環境的に整備されていることもそうですし、周りも頭のいい人・デキる人ばかりで退屈するということはありませんでした。肝心の頭脳は自分の努力不足で衰え以外の何も感じられませんが、視野は広げられたんじゃないかなぁ、と思います。

さて、そうやって漸く私も社会に出るときが来たのかな、というところなのですが。これでいいのだろうか、という思いがあります。

私が東京に出てこようと思った原動力は、確か今向いている方向とは別のところにあったのに、ただこのまま会社員になってしまっていいのかなぁ、と。やってみないと始まらないことは分かっているのに、一歩を踏み出す勇気がなくて、何もしないで終わってしまうのは、自分としては悔いが残ってしまうのではないかな、と当たり前のことを考えるのです。

私が会社員ならどういうことがしたいのかを明確に出来ないのも、実は自分の願望を捨てきれずにいて、「それが叶えられずに会社員になるんだったら、どれだって同じだ~」と考えてしまうからのように思います。当たって砕けてしまえばいいのかもしれません。要は諦めをつける、ということです。

このように文章にすると、口頭よりはまともな考えを述べられるのですが、でもやっぱり臆病で行動に移せない自分がいます。面倒くさがらず、根拠のない自信を持ってみるのも、私には必要なことかと思います。謙虚をとっくの昔に通り越して自虐的な私には。

と、今日の5限の講義と、その後の友人との夕食での会話を踏まえて書いてみたのでした。ツッコミどころ満載かもしれませんが、その場合、コメントを頂けると嬉しいです。あ、でも、あんまりキツく書くのはいけません。

自己承認欲求があるからです。
人生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

君に伝えたくて

昨日から今日にかけて、「そうだ、学科試験を受けにいこう!」と思い立ちました。勿論、運転免許の話です。

自動車学校卒業以来、それにホッとするばかりで、肝心の免許証を取得することを忘れていたのでした。

ともかくも。

学科の勉強をしていなかったと夜中に焦りだす私と言ったら、まるで明日から新学期という日に宿題が終わってないと慌てふためく小学生のようでした。ちなみに、小学生のときはそんな目に遭ったことがありません。真面目な小学生でした(遠い目)

で、午前中の試験を受けようと、4時に寝て6時半に起きた私です。肝心なときには寝坊しない主義なのです。みきわめを寝過ごしたなんて、ありえません。ほんと。

さて、電車に揺られながら、ふと私は思い出したのです。

「もしかして今日って視力検査あったっけ」

はっはーん、眼鏡忘れちゃったよ(^O^)

OTL

まったく何のために早起きしたのか分かりません。出来心だと言うのでしょうか?

仕方がないので、おうちに帰って勉強してました。

気を取り直して、いざ鮫洲。品川区なのに、昔ながらの下町的な雰囲気でした。もっとも試験場の辺りは大きな道路が通っていて、そんな趣は無かったのですが。

試験は思ったほど手応えが感じられませんでした。問題集に出てくるようなひっかけ問題は解けたのですが、常識問題が分かりませんでした。あーあ、また受けに来なきゃいけないのかなぁ(*_*)

と思ってたら、受験番号があったんです!入試の結果発表のときよりエキサイティングでした。大学入試の結果は実家で知りましたしね。リアルなドキドキを味わいました。まあ、眼鏡を忘れたのに気付いたときもリアルにドキドキでしたが(笑)

そして、いよいよ免許証♪





な、何じゃこりゃあああああ!!!!(松田優作ばりに)

教習所ですっぴんで撮影されたのが嫌だったから、今日はそれなりに化粧して臨んだと言うのに…

その結果がこんななんてあんまりだーーー(T_T)

「公安でお世話になってます」とでも言いたげなその顔を、何かの度に提示するのかと思うと、今から憂鬱です。

あぁ、約2年半後こそ…

以上、携帯から速報でした!
お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0 |

思い出オルゴール(BlogPet)

きょうは、渋谷までマンションは話するはずだったみたい。

「みなさん、こんにちは。
今日の講義は趣を変えて、作文を書くのに、Sakuraは昔から作文が好きでした。


だから、あるもので書こうとすると、懇談後に先生に訊きにいったとか。
親の直感ってすごいですね。
小学校のときは宿題にされるものです。


あのね帳、という作文帳があって、ここの作文ではきんさんぎんさんを取り上げたことも思いつきませんでしたね。


脱線しすぎました。
でも、外に出てネタを探すということもありました。


だから、あるもので書こうとすると、ロクでもないテーマで書かざるを得ない。
でも、へんちくりんな作文もよく書いていました。


書くネタがないと、何故びくついてしまうのか』についてです。
作文だからと言って馬鹿にして作文を書くことにします。
今日の作文の主人公は羽虫。
地味すぎです。
800字以内で書いてください。


質問のある人?はい、田中くん。
え、『そんな先生の個人的な感情についてよく分からないんですけど』?

…うるさいっ。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Sakura」が書きました。

エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

思い出オルゴール

初めて丸の内オアゾに行ってきました。東京駅から行けるということすら、今日まで知りませんでした。東京生活4年目にもなろうとしているくせに、正直東京のことは未だによく分かっていません。

浅草にも行ったし、上野にも行きました。渋谷・新宿・池袋なども知っていますが、どこも「私の庭だ」とのたまえるほどには知りません。そもそもそんなジャイアニズム精神もありません。

人ごみが苦手なので、あまり落ち着く場所がないかも知れません。じゃあ故郷大阪にはあったのかという話ですが、うちの近所なんかだと、マンションが林立している割には人や車の数が少なく、閑静な住宅街という感じでのんびり過ごせていたように思います。

今暮らしているところも、割と静かです。ただ現在隣が工事中らしく、朝からブォーンという機械音で、静寂を乱されることしばしばです。

オアゾで昼食を食べました。ご飯が多くてビックリでした。和食の店はどうしてああご飯が多いのでしょう。金曜日の夕食もご飯の多さ(しかも並だったらしい…)に閉口しました。閉口している割には一昨日も今日もがっつり食べましたが。

そういえば、昨日の卒検でインストラクターのおじさんに「何かスポーツやってます?」と訊かれたのですが、何をどう見て判断されたのでしょう。やっぱりがっつり食べてそうな体躯だったのでしょうか。筋肉質には見えない気がするのですが。

それにしても、定食屋で3時間ぐらい粘ったのは初めてでした。店内にはBGMで邦楽のオルゴール版みたいなのが流れていて、途中、無性に切なくなりました。オルゴールって、何だか昔を懐かしませるような音色じゃありませんか?

昔が幸せだったかどうかは何とも言えませんが、幸せだと思っていた昔を偲んで。
エトセトラ | コメント:2 | トラックバック:0 |

ゴールはすぐそこに

卒業検定に合格いたしました!!ギリギリ70点で★いいんだー、結果なんて。貰ってしまえばこっちのもんさ

停車時エンジンかけっぱ、車間距離つめすぎ、縦列駐車は精一杯(「ギリギリでした。むしろはみ出てたかも」とのお言葉を頂けました♪)、『インストラクターにブレーキを踏まれて不合格!?』の危機に瀕していた私が来ましたよ~

やっぱり、教習代自腹で払ってる、って言ったのが効いたのでしょうか。事実ですが。情には訴えてみるものです。意図して訴えたわけではありませんが。

教習所で卒業証明書を待っている間に鳴っていた雷の音が凄まじかったです。「上の階で何をドタバタやっているんだろう」と勘違いしたぐらいです。勘違いしたのは私だけのようでしたが。

あと学科を受けなきゃですね。技能が山場かな、と思っていましたが、いざ合格してしまうと、学科を受けに行くのが面倒でたまりません。まあ、あともう少しの辛抱よね
お知らせ | コメント:4 | トラックバック:0 |

やられちゃった

暑い…暑すぎです。こんな時期スーツとか泣きそうです。

昨日は日記を書く気が起きなかったのに、今日は「書いてやろう」と思いました。こんなとこで負けず嫌いな性格を発揮してもどうしようもないのですが。

もっとどうしようもないことには、明日に向けて準備をしなければならないものがあるのに、それを準備しようと思う気力がさらさらないことです。それだったら日記を書かずに寝た昨日の方が、まともな人間生活を送っていたと言えるでしょう。

さて、昨日は何があったかと言うと、まず打ち合わせがありました。卒論について、教授と院生が打ち合わせをしていらっしゃいました。私は2人の打ち合わせが妨害されないように、警備をしていました。要らないだろう、そのポジション。というより、打ち合わせは私の卒論についてです。忘れそうなので、一言加えておきます。

前日は教授に叱られるんじゃないかと心配して眠れなかった…ほどには神経の細やかでなかった私ですが、無事終了しました。笑顔もいただけました。勿論、無料です。むしろ、priceless

その後、某社に筆記試験を受けに行きました。死んだと思いました。
①言語・計数・英語の3つがあったのですが、どれも途中で終わってしまい、解答率は言語9割、計数8割、英語8割でした。
②それぞれについて例題があったのですが、誰でもできるはずの例題(言語)で答えを間違えていました。
③計数は解答した中でも最後の方は暗算の概算で答えたので、正解したように思えず。
④英語は元々苦手なので、どれもまんまと罠にはまっていそうでした。
この時期そんなに受験者いないだろう、と思っていたら、意外といっぱいいてびっくりしました。やっぱり大手は違うのね。

まあ、凹んでみても仕方が無いので、気分を晴らしにモスバーガーに行きました@五反田。ナンを食べたかったのですよ。ナン・カリー(360円)。モスに来ることもそんなにないので、商品の写真でも撮ろうかと思いましたが、座った席からだと逆光だったので諦めました。ひとりで携帯持って席変わるとか、いかにも…な感じで。

それに、ナンも湯気を出して早く食べろと迫ってきたので。ナンを持ったら一寸熱くて、猫舌の私はもう少し冷めないと食べられないんだよ、と凄んでみました。凄んでどうする。

ケバブっていうのがハンバーグみたいで美味しかったです。全然辛くないのですが、香辛料の香りが効いてて、カレーともマッチしてて良かったと思います。でも、去年(?)のナン・カレードッグも捨てがたいですね。

モスでバイトをしていると、よくお薦めを訊かれましたが、正直どれも甲乙つけがたいです。それでも売れ筋などを教えてお客さんに「じゃあ、それにします」と決めていただけると、とても嬉しいのですが、たまに説明しまくったあとで全く別の商品を注文されたりなんかして、萎えたものです。でも、笑顔です。こちらは、worthless

「そんなことないよ、君の笑顔はpricelessさ」と言ってくれる人募集中。

また、自虐路線でした。すみませぬ。

でも、懲りずにまだまだ続きます。
続きを読む
エトセトラ | コメント:2 | トラックバック:0 |

スリルは至る所に

久し振りに車を運転しましたー2週間ぶりぐらいでした。

インストラクターのおじさんに「そろそろ路上も平気になったでしょ?」と訊かれたので、「いえ、もう2週間ぐらい乗ってないので…」と答えたら、「あんまりそう思って硬くならない方がいいですよ。3ヶ月ぐらい乗ってないならともかく、2週間ぐらいならどうってことないですから」とあっさり返されました。

はい、運転下手な言い訳するなんておこがましいことはもう考えません

でも、まあおじさんの仰る通り、そんなに困った事態にはなりませんでした。対向車線からくるバスにクラクションを鳴らされかけるほど、中央線からはみ出ていたとか、どうってことありませんから★

だって左側に立ってた街灯みたいのにぶつかりそうだったんだもーん(錯覚らしいですが)。

そんなこんなでいよいよ次は卒業検定です。ええ、上記のようでも卒業検定受けられるみたいです。インストラクターのおじさんは温厚そうな方でしたが、もしかしたら「てめぇは補習受けてから出直してきやがれ」と思って、みきわめを合格させてくれたのかもしれません。ああ、恐ろしや恐ろしや

明日は卒論担当教授との打ち合わせ、などがあります。先日のゼミでは怒っていらっしゃったので、私も何かのついでに怒られるのかもしれないと思うと、憂鬱でたまりません。ご機嫌は直ったのでしょうか。怖いな…
エトセトラ | コメント:2 | トラックバック:0 |

先生は下手の横好き

「みなさん、こんにちは。今日の講義は趣を変えて、作文を書くことにします。はい、そこ、騒がないで。

作文のスキルは、学生のときだけでなく、社会人になってからも必要とされるものです。作文だからと言って馬鹿にしてはいけません。

作文と言えば、私は昔から作文が好きでしたね。小学校のときですが、学級通信なんかにはよく載せてもらっていました。でも、へんちくりんな作文もよく書いていました。

書くネタがないと、今だったらネタを作りに外に出るか、書かないのですが、小学校のときは宿題にされるものですから、書かざるを得ない。でも、外に出てネタを探すということも思いつきませんでした。

だから、あるもので書こうとすると、ロクでもないテーマで書かざるを得ないんですよね。ある日のネタは、家に入ってきた小さい羽虫の動きについて。みんな自分を主人公にして作文を書くのに、私の作文の主人公は羽虫。地味すぎです。

あのね帳、という作文帳があって、ここの作文ではきんさんぎんさんを取り上げたこともありました。これは授業参観の後の保護者懇談で先生に発表されたらしく、全員爆笑だったそうです。匿名で読まれたのですが、私の母は娘の作文じゃないかと、懇談後に先生に訊きにいったとか。親の直感ってすごいですね。

脱線しすぎました。本題に戻ります。今日の作文のテーマは『数回顔を見ただけの人にこちらが認識されていると分かると、何故びくついてしまうのか』についてです。800字以内で書いてください。

質問のある人?はい、田中くん。え、『そんな先生の個人的な感情についてよく分からないんですけど』?

…うるさいっ。」
フィクション | コメント:0 | トラックバック:0 |

逃亡生活(BlogPet)

きょうSakuraは箱根に動物に飼育したかったみたい。
でもSakuraは小田原に企画しなかったー。
でSakuraは、自虐された。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Sakura」が書きました。

エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

逃亡生活

前から一人で騒いでいた通り、小田原まで行ってきました。とは言っても、二人で一緒に行きました。でぇとです、で・ぇ・と

ま、話していたら、実は相手さんにはちゃんと恋人がいらっしゃったことが判明したのですがね。彼氏さんが。

ん、彼氏!?

そんなわけで女二人で行ってきたのですよ。先日この企画を書いたときにコメント下さったお二方もまた行きましょうねー。でも、今度は小田原より箱根に行きたいかなぁ。彫刻の森美術館とか。中華街巡りもいいかも(要スポンサー)

話をしていたら、最近、私のブログ(?)が自虐的だと評判とのことだったのですが、本人はデフォルトで自虐的だったので、あまり意識していませんでした。更に磨きがかかってきた(その表現は違う気もするけど)ということでしょうか?あまりやりすぎると嫌われますよね。気をつけます、なるべく

小田原城に行ってきました。天気がよくなかったので、ぼんやりとしか遠景を望むことはできなかったのですが、博物館や資料館に行けたのでよかったです。

あ、それと初めてサーティーワンのアイスクリームを食べたんですよっ!トリプルで注文したのですが、「コーンよりカップをお勧めしております」という店員さんに従ったにも関わらず、白い服をチョコで汚し、慌ててウェットティッシュを買いに行った私がいます。

小田原城は、動物園や遊園地まであるのですね。動物園は久し振りに行きましたが、懐かしい臭いがしました。あまりの檻の狭さに、動物たちが気の毒になりました。ゾウもいたのですが、一頭だけで飼育されていて、鼻を振り上げた姿にいつか見た戦争映画(絵本?)を思い出して、切なくなりました。動物園に来て、こんなに感傷的になったことは初めてです。

何故か海に行きたくなって、海岸まで歩いていきました。ビキニの外国人の方が二名ほどいて、セクシーでした。相手さんは「寒そう」と仰っていました。露出度が高いからといって何でもセクシーと呼んでりゃいいってものではない、ということを学びました。はてな。

砂浜を歩いていると、プーが座っていました。運命の出会いでした。と思っていたら、別の場所でもプーが座っていました。相手さんが二体とも拾って帰るという決断を下し、砂まみれのプーたちを洗ってやっていました。母と子を見ているようでした。そのうち、防響室か控え室に行くことになると思うので、見かけたら可愛がってください

久し振りにモスを見かけたので、モスでお茶していました。やっと玄米フレークシェークグァバアロエを食べました。アロエの粒粒が大きくて充分堪能できたので、頼んでよかったと思いました。よくよく思い返してみると、小田原に着いてからデザート系のものばかり食べていました。食生活が乱れているようですが、その通りです(笑)

ちゃんとご飯も食べてますよぅ!!

帰りは東海道線に揺られながら寝てしまいました。私が電車の中で寝るときは口をあんぐり開けて寝てしまうのですが、今日も案の定、でした。でも、気持ちよかったです。電車大好きー☆どうも、電車女です

あぁ、もしかして、このノリのおかしさが心配されているのでしょうか…
エトセトラ | コメント:2 | トラックバック:0 |

思いもかけず

たくさんのスーツ姿の人々に囲まれて

座っていた私


定刻になって

ひとりの学生がやってきた


何気なしに振り返って見たら

少しドキリとした

彼は

昔好きだった人に

面影がそっくりだったから


気のせいかと思って

前を向きなおした

横を通り過ぎていく

彼の歩き方は

懐かしいものだった


もう二年以上

会いもしないし

連絡もしなかった

今彼がどこで何をしているのか

知るすべもなかった


ちらりと彼の方を向くと

何となく目が合ったような気がして

慌てて顔を逸らした


今だったら

何もなかったかのように

言葉を交わせる気がするのに

いつかのように拒絶されるのが怖くて

逃げるように部屋を出てしまった


人前では

明るくて親切でバカを装っているのに

二人になると

途端に

不安で神経質で強情な一面を覗かせる


君はあの頃と変わったのかな

私もあの頃と変わったのかな


今は

君が心の底から笑顔になれる場所があることを

願うばかり

人生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ああああああああ

朝起きたら9時過ぎていました。寝坊しました。

教習、遅刻しました。

ぎゃーん

また免許が遠ざかっていく…
お知らせ | コメント:2 | トラックバック:0 |

☆ねがい☆

今日は七夕です。小学校の頃なんかは、学校で笹に短冊をみんなでかけましたね。「かわいいお母さんになれますように」とか「スーパーファミコンを買ってもらえますように」とか

こどもが書くと無邪気で可愛らしい、ってことになるのに、今私たちがそんなことを言うと、「お前が努力すればええやろがー(言葉遣い汚くてごめんあそばせ)」という感じになるのが理不尽ですね。え、違うか。

今私たちがお願いするとすれば、「家内安全」「無病息災」などになるのでしょうか。こればかりは努力ではどうしようもない部分もありますからね。

みんなのお願いごとは何なのでしょうか?

そんな他力本願なこと、オレは嫌いだぜ、という方がいたら、ぶっ飛ばしますチョット悲しいです★

かくいう私の願いごとは

素敵な、魅力溢れるお姉さんになれますように♪

…はい、努力いたします
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

最低な一日の終わり

久し振りに、書き上げた記事が全部消えるというアクシデントに見舞われました。結構書いたのに…ぐすん

『最低』なのは『一日』ではなく『一日の終わり』だけです。今日はめちゃラッキーな日でもありませんでしたが、そんなにアンラッキーな日でもありませんでした。

朝起きたら、北の某国がミサイルを発射したとか何とかで、テレビで騒いでいました。確かに大変なことかもしれないのですが、日本に着弾したわけでもないし、誰かが犠牲になったわけでもないので、「あの国も暇だなぁ」とボケッとしながら、ニュースを見ていました

他に国民のためにもすることがあるだろうと思うのに、攻撃をするでもなく威嚇になってるわけでもなく、ミサイルを発射するあちらの意図・心情がまったく掴めません。「俺達、ミサイル打ってるぜ、カッコイー!」なんて勘違いしているんじゃないか、と変な妄想までしてしまいます。

朝は起こされたので、朝食を食べてまた寝てしまいました。起きたら外出するまでに時間があったので、暇つぶしに新聞記者用の一般常識問題をやってみました。雑学とか知識とかを問われるのは、割と好きです。何も知らないんですが。採点したら間違いだらけだったので、正答数を数えた方が早いかと思いましたが、辛うじて正答数のが誤答数を上回っていました。うーん、やっぱりアホだ…

午後は卒論関係のことで大学に行ったのですが、気づいたら地下の防響室で相性診断をしていました。人前で相性診断って、恥ずかしいものですね。人の目が剰余変数(心理学用語)として働いていたんじゃないかな、と思います。なんちゃって。

大学から今度は塾に向かいました。私が通ってもいいのですが、一応アルバイトということで室長の先生とお話してきました。室長の先生が怖そうでなかったので、ホッとしました…って書いているあたり、未だに生徒気分でいるのかもしれません(汗)。でも、周りのアルバイトさんたちと上手くやっていけるでしょうか。というか、ちゃんと仕事できるのかな。というか、本当に採用されたんだよね?色々不安は尽きません…

塾の向かいにモスバーガーがあったので、「おっ!」と嬉しくなりました。帰りに寄ろうと思ったら、何だか明かりがついていない様子…機械の不具合で、本日休業中とのことでした。タイミング悪っ!!七夕からナンシリーズが出ますね☆この頃全然食べていないので、スゴク食べたいです

という、今日も何でもない一日だったのでした。
エトセトラ | コメント:5 | トラックバック:0 |

非生産的と言われても

今日は昼から用事があったのに、直前でキャンセルしてしまいました。いつもなら嫌でも体を動かそうと外出できるのに、そこまでして行かなきゃならないかなぁと思ったら、引きこもることを決心してしまいました。

キャンセルした時点で、卒業アルバムの学科集合の写真撮影には行けたのですが、卒業することが確定的なのか分からなくなってきた私が、出しゃばるのもなぁ、と思い、これまたサボり。

かと言って、何もしないのも気が引けるので、
容疑者Xの献身 容疑者Xの献身
東野 圭吾 (2005/08/25)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

↑こんな本を読んでみました。割とスイスイ読めてしまいました。意外なストーリー展開も面白いのですが、何だか切なくなってしまいました。こんなに献身的というか、相手の気持ちがこちらになくても自分を犠牲にしてまで庇おうとする男の姿にちょっぴり涙。

トリックが思いも寄りませんでしたね。いつも推理小説読んで、何のトリックを思いつくでもない私が言っても、説得力はありませんが…。

今日一日何をしていたかというと、この本を読んで、家にいるにも関わらず、無駄に三食貪って、昼寝していたぐらいです。入院生活みたいでした。かと言って、「これで充電したし、明日から頑張るぞー!!」という気持ちにもなれません。切ないのは寧ろ私ですか…ですよね~(TOT)

頑張る、という言葉を聞いて、気負いすぎなのかもしれませんね。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

何気ない一日…いや、毎日?

今日は占いによると、とてもいい日だったそうです。「だったそうです」と言うあたり、占いとは反する日であったことを誰しもが推察することでしょう。

とは言え、今日ぐらいのアンハッピーさなら、たいしたことありませんけどね。

卒論のために作成した調査票が、対象年齢10代後半~20代だと言われ、もはや2つ使えなくなってしまったのがショックでした。使えないことがショックというより、わざわざ協力してくれた叔父と叔母に申し訳ないなという感じでした。

それで、指導してもらっている院生の人にも、不機嫌な顔で接してしまいました。と言うのは本人の独りよがりで、院生のAさん的には普段と変わりないように見えたかもしれません。要は、私がいつもブーたれているということです。すみません…

で、3限に久し振りに出席してみました。若干遅れてしまったのですが、入室すると何となく雰囲気が違います。とりあえず席を探していると、みんなの手元には怪しげなプリントが…

テストでした!

今日まで3限がテストだったなんて知りませんでした。今まで出ていなかったし、授業受ける気満々で行ったので、ノー勉です。しかも持ち込み可だったようなのに、持ち込みすらしていませんでした。教科書があんなだって今日知りました(汗)。あまりの展開に茫然自失でしたね。テスト終了後にも1回講義があるようです。よりによって今日テストだったのは、先生の陰謀としか思えません。

ゼミでは、先ほどの茫然自失状態が続いていて、質疑応答もボーっとしていました。「不意打ちのテストのせいにするな」と言われるかもしれませんが、私も書いていて、テストの有無に関わらず、いつも茫然自失状態だということに気づいて、唖然としているところです。

でも、調査票がNさんのお力によって3部さばけたのは、ラッキーでした。Nさん有難うございました(^^)

最近、自分の力でこなしていることがあまりにも無くて、今後おばあさんになるまで真っ当に生きられるのかが不安です。とても不安です。可及的速やかに不安です。意味不明です。

可及的速やかって言葉、語感が好きなんですよ☆可及的速やかに何も対処できない私なんですけど。私なんですけど、というより、私なんで、なのかな。憧れの言葉です。

段々、本当にどこに向かっているのか分からなくなってきましたね★

話は変わりますが、ヒデが引退しちゃうみたいですね。自分を探したいとか何とか。私には自分があるのかどうかも分かりません(--)
エトセトラ | コメント:3 | トラックバック:0 |

異常なし(BlogPet)

ほんとうは、mikiは
見る人が限られているし、検索でたどり着いた人が私をまさにできる(&しようとする)可能性も少ないと思いますので…。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Sakura」が書きました。

エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

心理学的に見ると?

食べ過ぎて苦しいです。でも、チョコレートの誘惑には抗えませんでした。板チョコは明治な気がします。とは言え、ダースは好きです。アーモンドチョコも好きです。森永とLOTTEも商品によっては捨てられませんねぇ。

久し振りに技能教習だと思って、予約時刻に行く私。教習原簿を出して名前を呼ばれ…という普段の流れもいつも通り。いつもと違ったのは、原簿をお姉さんが持ったまま、「また予約を取ってご乗車下さい」とおっしゃったことでした。

今日はみきわめの予定だったのでした。そうとは知らず、普段の教習を想像していました。そんなわけで、学科の方で本免の効果測定が終わっていなかったので、乗車できませんって。恥ずかしっ。

電車賃までかけてここまで来たのに、何もせずに帰るのも癪だと思い、効果測定に合格しようと思いました。最初は練習問題ばかり解いていましたが、「もういいやっ」と効果測定を受けたら、合格できました。その時間、2時間ほど。朝から教習所に来ていれば、普通に今日みきわめを受けられたのか。がびーん。

でもって、今度は7日にみきわめに行きます。棚ぼた…いやいや、七夕ですね。願事は沢山ありすぎて、笹がへたってしまいそうです。

あ、手帳買おうと思ったのに、忘れていました。中身だけ買えばいいかなぁ。最初は丁寧に書いていても、段々汚くなって、すると書かなくなる&見なくなる、というのが私のパターンです。他の人の手帳を見ると、予定が毎日のようにあったり、その予定が充実したものであったりするように見えます。自分の予定が単なる雑用のようにしか思えません。

どういう効果なんだろう。
エトセトラ | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。