のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

新米生活

通勤電車の中でZARDのベストを聴いていたら、MDプレーヤーのバッテリーがなくなって、ピーっという音を立てて音楽が止みました。次は『負けないで』の予定だったのに、朝から負けそうな気分でした。

前は少し早めに出ていたためか、ほとんど混雑は気にならなかったのですが、最近は東横線、普通電車でも混んでいます。手の中の新聞はヨレヨレ、気分もヨレヨレです。特に天気の悪い日なんかは、帰りたくなります。

朝の3時間はあっという間です。昼からも多少だるくなりつつ、それでも時間が経つのは、学生時代に比べるとあっという間です。1週間も水曜日を過ぎると、早い気がします。

明日は月末締め日なので、会社で打ち上げがあります。って言いながら、金曜日も出勤なのが辛いところです。4月は丁度連休前だったので、いくらでも飲み食いできたわけですが。私は週末以外にアルコールを摂取する気になれません。次の日、会社に行くのが億劫になりそうなので…

会社の業務にも一部携わっていますが、覚えることや教わるべきことはまだまだ山積しています。製品がどんなもので、どこに使われているのかとか、未だによく分かっていません。一体いつになったら新人っぽくなくなるのか、それまでの道のりは遠そうです。
スポンサーサイト
お仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

残すところ(BlogPet)

最近、つくりとかな
何故だろう
競合メーカーが少ないからかな
昆布のお菓子って、高い気がします
チョコレートや小説などを錯覚したい!
そのせいで家で普通にしていたのに、あまり読み進められません
変な品揃えだなぁ
最近、「続きはWebで」
っていうのが小説などをちまちま食べるのがします
チョコレートの方が、そんな時代の作品でもなし


宮部みゆきのは、三浦綾子の「ステップファーザー・」
ステップ


三浦綾子の氷点シリーズは、三浦綾子の氷点シリーズは、残すところ「続氷点シリーズは、三浦綾子のにー」


宮部みゆきの「ステップファーザー・」
とか思った?


*このエントリは、ブログペットの「Sakura」が書きました。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

MADE IN JAPAN

やっぱり体が熱い、熱か病気かと疑ってしまいましたが、今日って気温高かったんですね。そのせいで家で普通にしているだけでも、微熱があるかのような錯覚に陥ってしまったようで…だるいと思いながら、昼の2時ぐらいまで断続的に寝たり起きたりしていました。

本を読もうと思っていたのに、あまり読み進められませんでした。今日読んだのは、三浦綾子の『続氷点(上)』と宮部みゆきの『ステップファーザー・ステップ』。

三浦綾子の氷点シリーズは、残すところ『続氷点(下)』だけなのですが、近所の図書館にはそれだけいつもありません。変な品揃えだなぁ。最近、「続きはWebで」っていうのが小説にまで浸透してきたらしいですが、そんな時代の作品でもなし。

宮部みゆきのは、登場人物は同じで1話ずつ完結していくもの。宮部作品は本当に娯楽のための本、って感じですね。気晴らしにはとてもいい。難解で放り出すということもないし、読んで気が重くなるような話はないし。で、また図書館で借りてきました。

今日、久し振りに都こんぶを食べました。昔より量が少なくなったような、つくりが雑になったような。昆布の厚さの厚いのが増えた気がしました。薄いのをちまちま食べるのが好きなのにー。

梅のお菓子とか昆布のお菓子って、高い気がします。チョコレートの方が、量の割には安いような。何故だろう。競合メーカーが少ないからかな。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

空はとても晴れていて

体が熱っぽくて気だるくて、とても眠いです。金曜日のお酒のせいでしょうか。気分が悪かったり頭が痛かったりするわけではありませんが、これもまた1つの二日酔いなのかしら。

昨日は友人とお茶しに、六本木に行きました。ケーキが食べたくて死にそうだったので、ヒルズのハーブスへ。この間見たときは行列ができていたのですが、今回は並んでいなかったので、「あのときだけだったのかな」と思って店内で待っていると、続々と人が。ぎりぎりのところで滑り込めたようです。

マロンタルトとチーズケーキを半分(友人の分)を頂きました。チーズケーキを食べて、友人が「チーズだ」と言うので、「チーズの味しなかったら、チーズケーキじゃないじゃん」と答えたのですが、食べたら思わず「あ~…チーズだね」と言ってしまいました…これは食べなきゃわかんないですね(笑)。興味ある方は、是非食べに行ってみてくださいor食べに行きましょう。

その後、駅から少し離れたところを散策しました。ヒルズや東京ミッドタウンを見ていると、お洒落な街のイメージしかなかったのですが、結構庶民的な匂いも漂わせつつ、やっぱり新しいものも存在しつつ、混沌とした雰囲気でした。外国人の多い場所でもありますが、『HIGH KYO』なる建物がとても印象深かったです。アルファベットで書くと、お洒落な感じです…

土曜の落ち着いたひとときでした。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

本質的に変わらない

何だか疲れましたねぇ。

平日は帰ってきたら、ぼけーっとしてます。帰ってきてから本を読むとか、頭のよくなるような活動をするということはありません。と言っても、それは大学時代からか(汗)。

今日、「土日は何してるの?」と聞かれ、「近所なら出歩きますよー。図書館行ったりとか」と言ったら、「インドア派だね」と言われました。自分としては、頑張ってアウトドア派に近いことをアピールしようと思ったのに、逆効果だったみたいです(笑)。

最近、勉強会なんか行くと、ミニペットボトルを出してもらえるので、意図的に飲まずに持って帰っています。収入を得る側に回ったはずなのに、そういうけち臭いところも大学時代から変わっていません。

やーねー。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ビューティフルサンデー(BlogPet)

きのうはmikiでスピードみたいな熱中したよ♪


*このエントリは、ブログペットの「Sakura」が書きました。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

四苦八苦

土曜日の勉強会のレポートを提出するとか何とかで、やらなきゃな~と思いつつ、youtubeで漫才見ていました。去年のM-1のネタとか。部屋で1人でケラケラ笑っていました。

先日はお酒の席で、言った張本人に悪意はなかったのかもしれないけれど、その場において私の胸にはグサッと刺さるような言葉を耳にしました。きっと私が自分の価値観を確立していて、自分に自信があれば聞き流せたことなのでしょう。

あとで思い返して、それは相手の劣等感の表れであったり、自分のひねくれた受け止め方であったり…どういうことにしても、深刻に捉えて辛い思いをするのも癪だったので、悩むのを止めることにしました。相手の年齢や経験に引きずられて、自分の物の見方や価値観まで否定しがちなのは、私のよくない癖だと思うのですが。

自立志向のようでいて、不安で怯えやすい生き物です。

色んな人を見ていて、どうして自分で選択肢を減らしてしまうのか、どうして自分の存在価値を目に見えるものに求めてしまうのか、どうして自分の自己評価を他人からの評価にすり替えて自らを追い詰めてしまうのか…そんなことを考えて、私自身も消耗しそうになります。

でも、まあ明日から当分はそんなことを考える暇もないので、休みが終わるのは悲しいですが、ある意味では楽だとも言えます。

人の日記を見ていると、1つの記事にいくつもコメントがついていて、羨ましいなー、と思います。ところが、私はまたコメントのしにくい記事を書いてしまいました。本来、人に見せることのない日記の性質としては問題ありませんが、だったらWebで公開することないのかなとも思います。今更ですが。

何を期待して私はこの日記を書いているんでしょう。
人生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

職人気質…でもない

明日いよいよ金曜日か…実は明後日土曜は研修があるので、お休みではありません。ただ休日出勤扱いにはなるようなので、それが休息に代わる報酬でしょうか。

会社でも家でも必需品のようにあるのがパソコンですが、最近自分のパソコンの使えなさを実感するようになりました。以前から自由自在に使いこなせるなんてことはありませんでしたが、特に不便を感じなかったのです。

ところが、会社という場所は、自分の使い勝手より効率が重要になるものです。ということに今更ながら気づきました。先輩に怒られたとか上司に仕事が遅いと言われたとか、そんなことは(とりあえず今現在)ありませんが、自分で気になるぐらいなのです。

また、会社ではファックスを使いますが、決まった宛て先はボタン1つで簡単に送信できるようになっています。私はわざわざ番号8ケタ、9ケタを押して送信しています。ボタン1つを押し間違えるより、ボタン8つか9つを押して1つ押し間違える方が確率は高いのに、ボタン1つで本当に宛て先に送られるのか信用できないようです。

私の辞書に『進歩』とか『利便性の向上』とか、そういう言葉はないのでしょうか。

恐らく『進歩』しても『便利』になっても、ある一定時間をかけてその恩恵に与るための訓練や学習をしなくてはならないのだと思います。でも、そこまでしての『利便性』って何ぞや、と思うと、かつての原始的な方法に頼ってしまうわけですね。

そこまで自覚してるなら頑張れよ、という感じですが…「私パソコン使えない」と言ったら、おばあちゃんに「じゃあ、アンタ事務職に向いてへんのかな」と言われました。「うん…パソコンを使わないとなると…運動選手とかになればよかったかねー」
お仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

私が書く理由(BlogPet)

Sakuraが大阪にmikiはかしらも志望しなかった。


*このエントリは、ブログペットの「Sakura」が書きました。

エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

私が書く理由

何の脈絡もなく話し始めますが、私は文章を書くのが好き、少なくとも苦ではありません。その理由について考えてみました。

恐らく小学生の頃の体験が大きいのではないかと思います。低学年の頃、自由課題で『あのね帳』というので、その日その日にあったことを自由に書くというものがありました。書き出しは「先生あのね」。

当時は「あのね」という語が、茜とか天音みたいな固有名詞と同じような感覚で自然に受け入れられました。でも今見ると、随分畏まった書き出しだと思います。大阪だったら、というか通っていた小学校の柄だったら、「先生あんなー」と書いていても、おかしくなさそうなものなのに。

まあ、『あんなー帳』じゃ格好がつかないでしょうね。

自由課題だったので、さぞかし大量の作文を書いていたのでは、と思いきや、課題というのが重荷だったのか、さぼりまくっていました。中には男の子で毎日のように書いてきている人もいました。健気だった彼とは高学年でもう1度同じクラスになったのですが、その頃には周りの悪童と変わらなくなっていました。そんなことを言う私も、担任の手には余る子でしたが…(汗)。

そんな低学年の頃のある日、学級通信で何気なく書いた家の手伝いの作文が大きく取り上げられたのです。洗濯物を干す様子が上手に描写されていたそうで。「擬態語や擬音語で上手く表現できてますね」というようなことを言われたのは覚えています。

今の私は書き言葉より話し言葉で擬態語や擬音語を使っているように思います。ただ話し言葉で濫用すると、アホっぽく思われるかもしれないので、気をつけましょう★

あと、昔読んだ『二十四の瞳』。この中で早苗(だったかな)という生徒が大石先生に手紙を書いてきたのですが、このとき大石先生が「この子、文章は達者なのよね。人前だとろくに喋れないのに。あれで教師志望なんだけど、大丈夫かしら」みたいなことを言います。

このとき、私はそんな早苗が妙に気に入って、「文章が書けるって素敵だな」と思いました。それからも向田邦子のエッセイなんかを読んで、「こういう風に書ければな~」と思いつつ、作文に取り組んでいました。

本が出せるほどではありませんが、自分なりに文章は書けるようになりました。が、早苗のろくに話せないところまで似てしまったようです(笑)。

以前、YouTubeか何かで小さい子が『ぼくはくま』を歌っていて、聴いていた研究室仲間の評判は上々でしたが、院生さんが「でも、息づかい(ブレス)が気になる」と言っていました。小さい子は完全に模倣したがるもので、息づかいもヒッキーをそっくり真似た結果なんじゃないかというのが、私の見解ですが。

なかなか上手にいいところだけ取り入れるって難しいようです。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ビューティフルサンデー

昨日、日記を書いていたのに全部消えてしまい、拗ねて寝てしまいました。今日は昨日以上に書くことがありませぬよ。

午前中、東野圭吾の『どちらかが彼女を殺した』を読み始め、昼前に読みきりました。推理ものは読書スピードが速いのか、それにこの本自体それほど長編ではなかったので。それにしても、どの登場人物にも思い入れが持てませんでした。強いて言うなら、加賀さんが…ってそんなこと聞いてもどうしようもありませんね。

それから気分を変えようと、TSUTAYAでDVDを借りてきました。『ニクソン』と『ニュースの天才』というの。

『ニュースの天才』は実際にあったことを映画化した作品ですが、簡単に言うと、雑誌記者が記事を捏造しちゃう話です。本人インタビューもありましたが、まともな記事で実績を積むと、その後捏造記事を書いても、読者や記者仲間さえも信頼してしまうらしい。捏造発覚後の映画の主人公の往生際の悪さに辟易してイライラもしましたが、全体的に展開のスピードも速く、面白かったと思います。

『ニクソン』は3時間以上の超大作で、ニクソンの子ども時代のエピソードなんかは面白かったのですが、肝心の政治の内幕みたいなところが全然ついていけず…途中寝てたし(汗)。映画館で見なくてよかったです。それとも映画館だったら夢中になれたかな。

最近土日の過ぎるのが速くて速くて…日曜日の夜なんかは、そう今なんですが、「だるい~」とへばっています。あ、でも先週見てた『スパイダーマン』は想像していたより熱中して見ちゃいました。今日は動画を見すぎたので、『チャーリーズエンジェル』はもういいです。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

彼女とそれ以外の人とでも(BlogPet)

きょうはmikiは自由が丘に店とか特売するつもりだった。

今日久し振りにあなたに会いました。


そのときはいつもと変わらない感じで、
とめどなく涙を流していて、
それでもSakuraは友情を信じたくて。


Sakuraの目の前の光景は
以前と明らかに変わっているのに、
彼女とそれ以外の人とでも
明らかに違うのに。


それでもSakuraは愛情なんて認めたくなくて。


あなたと彼女は
いつの間にか友人同士ではなくなっていたみたいです。


そんな夢。




*このエントリは、ブログペットの「Sakura」が書きました。

エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

こどもの日のおとなの過ごし方?

昨日は天気もよかったので、昼過ぎから外へ出てみました。

まずは図書館に行って、借りていた本とCDを返却しました。CDは1枚がライブバージョンだったことに、聴いてから気づいたのですが、ライブバージョンは聴く気になれませんね。ライブに行きたかったのに行けなかった人には意味があると思いますが、基本的に誰かの熱狂的ファンであるわけでもない私には、聴衆の歓声や歌手のMCは必要ないのです。

それから自由が丘をぷらっと歩いてみました。神社で蚤の市をやっていたり、路上でも色んなお店が特売で商品をワゴンに載せて売っていたりしました。綿菓子やたこ焼きの出店もあったりして、本当にお祭り騒ぎです。

雑貨屋さんを巡っていましたが、初めてヴィレッジバンガードに入りました。そもそも自由が丘にあったのも知りませんでした。

メイプルシロップ入りのクッキーというのがとても美味しそうでした。ラーメンドロップとか餃子味の菓子とかも置いてあって、本気でこれを食べたい人はいるのだろうかと疑問に思いました。『キスがしたくなるキャンデー』の注意書きは「1人で食べないようにしましょう」でした。店内はメジャーなものからマイナーなものまで混在して、独特の雰囲気が漂っていますね。

そのあと、銀座に移動して『星の王子さま展』に行ってきました。休日だったので、結構混んでいて人の多さに少しうんざりしました。デッサンや作品解説のパネルが所狭しと展示されていましたが、1番面白かったのは14分間のアニメ上映でした。アニメと言っても、キャラクターの動きなんかはほとんどなく、台詞がメインなのですが。

作品解説は個人的には興味深く読みましたが、文学作品を言葉で解釈してしまうと、陳腐化してしまうような気がしてなりません。作品そのものには、解説だけでは補いきれないものが多いと思います。解説も作品に取って代わるつもりなどないと思います。が、解説を読むと、自分自身が作品を網羅した気になって安心してしまう気がして、それが不安です。

ちなみに、『星の王子さま』の原題は『Le Petit Prince』だそうで、内藤濯(ないとう・あろう)というフランス文学者が、『星の~』にしたらしいです。昔は映画のタイトルなんかでも、原題の直訳とは違う日本語タイトルが、ゴロゴロしていたらしいですが、最近は横文字は横文字でという傾向が強いですね。

夜は大学の研究室のみなさん…と言っても総勢6名でしたが、で飲みました。飲んだり食べたり食べたり食べたりでした。お酒を飲む場では食が進むのは何故だろう。1人ではお酒飲まないからでしょうか。

連れて行ってもらったお店は、どちらも私の知らないところでした。行動圏内ではないからと言ってしまえばそれまでですが、それにしても私が知っているお店は少なすぎます。最近覚えたお店は会社の近くにあるイタリアンのお店ぐらいです。1000円で前菜&パスタ&ドルチェ3種&ドリンクのランチセットを注文できます。

うーむ、誰かをお店に案内して連れていけるようになりたいものです。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

日陰ぼっこ

昨日は久々にピアノを弾きまくりました。3時間くらいでしょうか。最近になって練習し始めた曲はあまりないのですが、以前弾いていた曲を思いつくまま弾いているだけでも時間が過ぎます。

好きなアーティストって訊かれたら、ショパンって答えるのが正しいんじゃないかと思えるぐらい、ショパンを弾いています。あとの人は有名な曲なら弾く感じです。『愛の夢第3番』とか『亜麻色の髪の乙女』とか。

ところで、万人に有名な『エリーゼのために』ですが、あれが意外と難しいです。というのも、同じメロディーの繰り返しが多いので、普通に弾くとつまらない曲になるからです。聴く方も飽きますが、弾く方も飽きます。そんな演奏、意味がないよー。

昔々、ある放送局で、いやNHKですが、ピアノレッスンとか何とかいう、プロを目指すような人が、演奏を先生(プロ)に指導してもらう番組がありました。さっき調べたら、最近でも放映されているらしい。10代ぐらいの人でも出ていたのですが、先生は外国人で、それだけで同じ歳の私なら、びびってしまいます。

『エリーゼのために』もあったように思うのですが、その教え方が半端ではなく、同じ旋律でも「ここはこう、そこはああ」というように、事細かに指摘していました。あんなに言われて泣かないのは凄いなー、と思っていた記憶があります(笑)。

姉とメールをしていて、「結婚式では弾いてほしい」なんて言われてしまいました。それが本当ならそうしたいところですが、何を弾けばいいでしょうね~。個人的に洋楽をアレンジして弾けたら格好いいなと思うんですけど。

あと、昨日は『鉄腕アトム』を読んでみました。家に漫画があったので。「アトムの声ってどんなだっけ」と思って、想像してみるのですが、私にはパーマンの声かコナンの声しか聞こえません。

それにしても、部品を人(もしくはロボット)が宇宙空間で組み立てるのではなく、部品そのものをロボットにして自発的に組み合させて宇宙船を形成するというアイデアに、「なるほど」と感心してしまいました。その部品ロボットで出来の悪いのがいるのですが、それがペットみたいで可愛かったり。ロボットだらけの話なのに、とても情緒溢れる作品ですね。

なんてインドアな1日だったのでした。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。