のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

目がうるるん滞在記2

何か日本に帰ってこないと落ち着かないので、後半も書くことにします。

3日目はようやく本来の目的である工場視察をしました。パスポートって空港でしか見せないものだと思っていましたが、陸続きのところでも税関で見せるのですね。シンガポール-マレーシアはバスで行き来できると、当日に知った私です。どんだけ場当たり的なんだ!!

工場視察の前に説明会が催され、その際現地の工場の人に向けて、1分間英語で自己紹介をしました。実質1分もしてない気が…うちの会社は「何とかなるよねー」と何も準備していかなかったのですが、会社によっては原稿を作っているところもあって、偉いなぁと…場当たり的なのは社風なのかな(違)。

説明会は日本語で行われ、納期管理について質疑が飛び交っていました。世の中、納期と価格の話ばっかりです。

その後、バイキング形式での昼食。私には料理の匂いがダメで、デザートだけ食べようとケーキの沢山置かれているテーブルへ。ふとケーキの入ったトレーの下を茶色い物体が…ん?覗くと同じようなのがあともう1匹ぐらい。うん、見なかったことにしよう。

工場視察は1時間ぐらいでした。機械やらをいじる工場なので、女の人がそんなにいないイメージだったのですが、むしろ女性ばかりでした。昔、バイトしたチョコレート工場もほとんど女性だったし、女工哀史の時代だけじゃなくて、今でも女性で工員として働いている方は多いんだなぁと。

この日の夜はシーフード料理ということで、ミル貝の刺身やロブスターなんかが出てきました。ここで意外にはまったのが揚げパンで、海鮮料理を横目に揚げパンばかり食べていました。シンガポールの豪華な料理より小学校の給食のがお似合いってことかしら。

4日目は自由行動だったのですが、同じ会社のNさんが体調不良でダウン。3人でチャイナタウンに行くことになりました。

タクシーの中でメールを打っていたら、気分が悪くなり、気温が30℃くらいはあったことも手伝って、フラフラでした。他の2人は買い物もしたようなのですが、私はその間ぼけーっとしていました。

ヒンズー教の寺院もあって、入るときは門から素足にならないといけませんでした。日本の寺院とは随分趣が違っていて、メルヘンチックなような、神秘的なような、異国だなと感じるに十分な雰囲気が漂っていました。ちなみに、カメラ撮影にはお金がかかるようでした。しちゃいけないって言われると、厳格さを感じるのですが…やっぱり世の中(以下自粛)

チャイナタウンは博物館があって、そこにも入りました。展示物が手で触れられるように置かれていたり、長屋での生活が部屋丸ごと再現されたりしていました。悲しいことに慣れない英語と知らない言語(マレー語?)での説明しかなかったので、あまり理解は深められていないのかも…とりあえずシンガポールについては、2年後にカジノと世界一の観覧車が完成することを知っていればいいと思います。

その後、ケンタッキーに行きました。日本にもありますけどね。セットを頼もうと思い、私はアイスレモンティーを指しました。コーヒーかウーロン茶があれば迷わずそちらにしたのですが、なかなか見つからず、目につく中で1番あっさりしていそうなものを、と。そうしたら、英語で何やら言われ、わけもわからず頷いていたら、ミロが出てきました!ファーストフードにミロはきついよ><

海外行くなら英語を勉強しよう、と当たり前のことに思い至った私なのでした。

そして、免税店へ。私はいわゆるブランド品の相場をまったく知らなかったのですが、身をエルメスでかためるぐらいなら、家1軒買うなと思いました。「何かシャネルです、とか主張しているようなものはあんまり好きじゃないんだよね~」と言いつつ、ヴィトンの売り場で「いや、さっきあんなこと言ったけど、あれ(モノグラム・マルチカラーのデザイン)可愛いと思う」と持論を簡単に変更したりもしていました。

免税店でゴディバのチョコを買おうかと思いましたが、止めました。ゴディバしか食べられないならまとめ買いもありですが、明治でもグリコでもチロルチョコでも何でも美味しく食べられる私に、わざわざ高い金を払う必要がないと思ったからです…あ、でもロイズの生チョコは食べたい!!

結局、ディオールの化粧品を買いました。高いです。海外の通貨だと実感が湧かないので、お金を使いすぎる傾向があるように思います。いや、まあ旅行なんだから多少の出費はしてもいいと思いますけどね。楽してイメチェンできるのないかなー、と都合のよいことを言っていたら、アイシャドウとかマスカラとかグロスがセットになったものがいいんじゃない、ということで。でも、あとで空港でもっと安く販売されていたことを知り、軽くショックを受けましたが(笑)。

夜は、ナイトサファリツアーということで、車に乗りながら食事をしつつ動物を見る、という画期的なことをしました。食事はまあまあ美味しかったです。サファリを見学しつつ、ステーキを食べるなんて、人間って恐ろしい生き物ですよ…ライオンの小さなぬいぐるみをプレゼントで貰いました。車で移動していたし、時間も押し迫っていたので、あまり動物をじっくりと見られなかったのは残念でしたが、みんなと喋っていて面白かったのでよし、です。

そんなこんなで、夜11時過ぎの便に乗って帰ってきたのでした。社会人になってから痛切に思います。どこか遠くへ行きたい、と。
スポンサーサイト
旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

目がうるるん滞在記

6日~10日までシンガポール・マレーシアに行ってきました。ほとんどはシンガポールでの滞在でしたが。8日に工場見学に行った以外は、仕事らしい仕事もなく、日本での連休が潰れるとは言え、ほとんど観光旅行で楽しんだので文句なしです。

hotel


ホテルに3泊しました。THE REGENT SINGAPOREというホテルですが、ツインに2人泊まるのではなく、ダブルに1人で泊まるという形だったので、まだ22歳の分際で超リッチな気分が味わえました。こんなことができるのも、仕入先のメーカーさんが繁盛しているおかげでしょうか☆

6日は夕方に到着し、夕食にチキンライスを食べに行きました。マンダリンホテルという、チキンライスでは老舗で美味しいところだとのこと。なかなか美味しかったですが、ボリュームがあったので、半分ぐらい食べたところでギブアップしました。

でも、デザートのココナッツアイスは別腹だったようで、しっかり最後まで食べました。盛り付けも凝っていましたが、このアイスと砕いたクルミを一緒に口に入れると、何とも濃厚な味が広がりました。チキンライスより、私はこっちの方が実は好きです。

icecream


7日は自由行動だったので、朝はぶらりと近所を散策し、昼から『お姫様ツアー』なるものに出かけました。ツアーはいくつか候補があったのですが、私の「王子は迎えに来てくれなくても、自分だけでも姫になりたい」願望のために、うちの会社の私を含めた4人はみんなこれに参加することになったのでした。

前日の夕食中、ガイドさんがツアーについて確認していて、何故か『お姫様ツアー』だけ、「こちらの参加者は4人いらっしゃいますね」と人数をおっしゃっていました。4人…私たちだけか。

何が魅力的って、ケーキバイキングです。色々書いてありましたが、私はそこしか読んでいませんでした。日本でだって行けるのですが、なかなか自分で計画したり予約したりして行くことってないものです。ケーキはとても美味しかったです。

バイキング中、突然スコールが降り出しました。おまけに雷まで。「今の落ちたよね」という言葉を聞いて、「雷が落ちるというけれど、落ちなかった雷はどうなるのだろう。途中で消滅するのかしら」ということを思いつき、言ってみたら「そういえば、そんなこと考えたこともなかった」と反応が。たまに、そういう変な閃きがあります。

マーライオンはやっぱりマーライオンでした。シンガポールは何かと言うとマーライオンみたいで、お菓子の形だけではなく、動物のキーホルダーにも、中に水と超小型のマーライオンの入っているものがありました。日本でそういうものって見かけませんよね?イルカの中にお稲荷さんのキツネが浮いてるキーホルダーとか。

あと、初めてマニキュアを塗りました。自分でやるのは面倒ですが、人にやってもらうのはとても気持ちいいです。爪を紙やすりみたいなので擦ったり削ったりしていたのですが、爪の削りくずがいっぱい出ていました。途中で手のつぼ押し&マッサージがあって、とても気持ちよかったです。美容院でも肩や頭をマッサージしてくれますが、1度マッサージだけのところに行ってみたいです。でも、癖になりそうでそれが怖い…。

気が向いたら、後半も書こうかしら。
旅行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。