のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

昨夜は豚肉が美味しかった

昨日は『おくりびと』という映画を観てきました。納棺師になった主人公を軸に物語が展開されていくのですが、死というテーマだけを投げかけて深刻さを強調するのではなく、その合間に笑いの起こるような場面も散りばめられており、その点でリアリティがあって共感できる映画になっていました。そういう傾向って最近の邦画にはあるんですかね。前に見た映画もそういう感じでした。それとも、昔の私が笑いのセンスを理解できてなかっただけなのかしら…

納棺師の仕事を行っている会社の社長が、『クライマーズ・ハイ』で新聞社のワンマン(かつセクハラ)社長をやっていた人(山努)と知って、興奮してしまいました。名前を見たら、結構よく見る人なんですが、なかなか顔と名前が一致しなくて、あんまり有名じゃない俳優なんだと思っていました。エンドロールを見るまで。『クライマーズ・ハイ』で反省して『おくりびと』で改心している、と自分の中でストーリーがつながっているように考えたら、ちょっとおかしな感じでした。実際はまったく関係ない映画同士ですけど。

その山努が映画の中で「困ったことに」と言っていたのですが、その言葉が気に入ってしまいました。映画を観ると、このフレーズが意外に印象的に思える(と思った)のですが、まあ、ネタバレしない程度に、ここらへんで止めておきましょうか。とりあえず、今後は「美味しいですか?」と訊かれたら、「困ったことに」と答えてやろうかと思います。

あと、話を聞いていて、サケが川を上っていこうとしているシーンがあったのですが、最初そのサケがタコに見えました。映画の最初の方でタコを川に放流するシーンがあり、あのタコがまだ岩に引っかかっているのかと思っていたら、新たに上流から魚の死骸が流れてくるではありませんか!!この川は人間が不要になった魚介類を捨てる場所なのかと、解釈しそうになりました。そんなわけないんですけど。あ、私の言っていることがよくわからなくて、だけど気になる人は、ぜひぜひ映画館でその謎を解決してくださいな。

いやはや、もっとまともなことをレビューに書けよって話ですが、自分の考えたことを書くと映画の楽しみが減ってしまうような気がしまして。また今度、見た方と話をしてみたいですね。
スポンサーサイト
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

落涙大サービス

今日はうまく連絡が取り合えなくて、ちょっとすれ違いが起こってしまいました。まあ、予期せぬ事態ではあったし、仕方がないといえばそうなんですが、待っていた人が来なかった気持ちを考えたら、すごく悲しくなって涙が出そうでした。

そうなってしまうのは、自分にそんな経験があったからかなぁと思って、思い出そうとしたのですが、なかなか思い出せず…。ようやく思い出したのが、かれこれ5年ぐらい前のエピソードでした。

当時好きだった(片思いだった)1つ年上の人と、大学の授業が終わって渋谷にお昼ご飯を食べにいったのですが、そのときに「またこうやって食べに来ようね」みたいなことを言われました。もうすでにそのときには、雲行きが怪しい(精神的な意味で)感じで、正直何かが終わってしまいそうな予感はあったのですが、その言葉を聞いてちょっと救われたような気がしたのです。まだ見込みはあるのかしら…

それで来週同じ曜日に渋谷に出てきたのですが、連絡は来ず…こちらから連絡したら、「今日は行けないんだ」とのこと。仕方がないので、そのときは自由が丘まで出てスパゲッティを食べました。渋谷じゃなかったのは、1人だと自由が丘の方が断然落ち着いていいからだったんですけどね。でも、そのときの「やっぱりだめだったんだ…」っていう気持ちは、忘れたようでいて、実は奥の方に残っていたようです。

シチュエーションは全然違うのですが、また私の暴走が止まらなくなったのか…

暴走といえば、私は論理的に考えているようで、若干偏りがあるようです。

これは2年ぐらい前の話。ってもうそんなになるんですね。誕生日に私が幹事の飲み会を開くことになって、そのときにメンバーが全員遅刻しちゃったのです。誕生日に幹事やるっていうのは、そのときの風習みたいなもので、それ自体は特別なことでも何もなかったのですが、何だか私にはその事態がショックで、涙が止まらなくなって怒って帰ってしまいました。そんな自分が子どもだなぁってことも感じてはいたのですが…

何かそのときも私は色々言ってたとは思うんですが、実は自分でも感情的になった根本的な理由はよくわかっていなくて、それが最近になって急に閃いたのです。閃いたっていうほど、嬉しいことでもないんですけど…

それより以前に、遅刻について話していて、メンバーの1人が「遅刻って言っても、その前に楽しい用事が入ってたら、そっちを優先しちゃうよね」みたいな発言をしていて、全員ではなかったと思うんですが、それに同意するメンバーもあり。この発言内容については、あくまで私の感覚で捉えているので、ニュアンスが違ったかもしれません。でも、私は「約束した以上、時間は守るべき」というタイプの人間なので、そういう話をしていて違和感がありました。

私は言葉のネガティブな側面を捉えてしまいがちで、その言葉も自分が楽しいと言ってもらえる方だと考えればよかったのかもしれませんが。それが根底にあって、きっと遅刻の事実がショックだったんだと思います。あとから考えれば、色々準備とかもあっただろうし、単に遅刻ってわけでもなかったんですけどね…
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

眠れない夜を抱いて

布団に入って寝つこうとしたのですが、色々想像してしまったら、涙が止まらなくなりました。ことの発端は私で、相手には言葉を尽くしてみたものの、伝わるニュアンスが違うかもしれないし、それで相手を追い込むことになってしまったらどうしよう、って。もしそうなったら、本人だけじゃなくて、その家族も友人もきっと悲しむことになるんだろうし、そうしたら、もう取り返しのつかないことだなぁ、って。変なことを想像するなって言われるかもしれないですが、何故だか止まらなくなったのです。

ネガティブな想像が止まらなくなったら、ふと「ネガティブなこと言わなーい」って言葉を思い出しました。そのときは何気ない会話の中でそんな言葉が出てきたのですが、そう明るく言っていたその人も、いっぱい悩んで苦しんでいたのに、私はそのことをちっとも理解できずに、折角誘ってくれたのを断ったこともあったなぁ、なんて思い出して、また涙。

いつも失ってから気づくのは、学習能力の欠如のせいですかね…
人生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

限定(BlogPet)

Sakuraは、サンは期間限定が冷凍するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「Sakura」が書きました。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

標準のリチャード

ついにマッシュルームチーズバーガーを食べました!!いえい!!

と思っていたのですが、今日モスバーガーのサイトを見たら、もうすぐ期間限定で発売するということでした。がーーん。先走って興奮した日記を書いてしまったのに、恥ずかしいったらありゃしない。会社の近くの店舗限定かと思っていたので、「損した気分」と言ったら、「いや、損はしてないでしょ」というもっともなご指摘をいただきまして、ありがとうございました…ぐすん。

ちなみに、私は関西で発売されるという『たこカツさん』が非常に気になっています。関東は関西のバーガーの第1弾がそのまま第2弾になっただけなのに、西日本は第2弾としてまったく新しい2品が発売されるようです。「関西で人気なくて売れ残った分が関東に来たんじゃないの?」と疑ってみましたが、「西日本で売れたからこっちに来たんじゃない?」と非常に前向きな意見。いやぁ、そういう純粋な考え方を持たねば、ですね。

ところで、本日は会社にスタン○ードチャ○タード銀行というところから、うちの会社の公表事項について問い合わせがありました。何かどっかで聞いたことあるような名前だと思いつつ、問い合わせの詳細についてはわからないまま、経理部の部長に取り次ぎました。すると、部長はうちと関係のある証券会社にその内容を振ったようなのですが、そのときに「○タ○ダードリチャード銀行っていうところから…」と言っていました。ちゃんと発音したつもりなんだけどな…

昨日は株主と名乗る女性から、「株の出来高がよくないし売ろうにもこれでは売れないので、会社がどうなっているのかと思って」と問い合わせの電話がきました。私が「これでも全員一丸となって頑張っております。長い目で見てやってください」と言っても白々しいし、逆に言われ続けたら泣きそうになるかもしれないと思い、内部監査室長(元総務部部長)に振りました。その電話が終わった後、室長が微笑んでいましたが、理由は謎です。

しかし、規模も小さいし、株主数もそれほど多くなく、株取引用の掲示板の書き込みにいたっては去年のが最新(しかも1つ!)というようなうちの会社でも、気にかけている人はいるんだなーということがわかりました。というか、規模の大きな会社では株価の大暴落なんて起こったら、ネットにしろリアルにしろ何を言われるかわからないし、そういう意味では大変なんだなとも思いました。

そんな(イマイチ説明になってませんけど)、うちの会社ですが、最後の意地で年末に自社ビルに移転します。今までは1フロアに色んな部署がひしめいていたのが、フロアが分かれます。それでメンバーを決めて打ち合わせをしているのですが、そこには関わっていない私も、意見を求められると出すようにしています。

この間は、「最上階のみ昼食スペースとし、部署のフロアでは食事禁止」なのはいかがなものか(昼食時にかかってきた電話がとれない!)、という意見が出ており、私は「昼食時間ぐらいのんびりすればいいのに」という観点から、だったら昼食時間をメンバーで分けるか、急ぎなら携帯にかけてもらえば、と意見を出したら、次の議事録で「打ち合わせスペースでも食事をとれるようにするべき」と書かれていました。別に私の声を意識したわけでもないかもしれませんが、何となくムカッとしました。意見の内容はともかく、「べき」っていう言葉を人に向けるのは、私は何となく嫌いです。

色々考えることがあったんですが、何となく今日はまとめる体力と根気がないので、そろそろ寝ようと思います。
お仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

私も期間限定ものですけど

今日はモスバーガーに行こうとしておりました。うちの会社の近くには、少し歩くと色んな店があります。「少し歩く」というのがポイントで、横断歩道を渡るか、渡らないで道なりにしばらく歩かないと、なかなかお昼ご飯にありつけないのです。いえ、うちのビルの1Fはジョナサンだとか、その隣のビルの下の階も昼食屋だとかなんですけど、毎日それは無理ですよ。って言いながら、ジョナサンには1回も行ったことありませんけどね。

会社近くのモスバーガーではダブルバーガー、ダブルチーズバーガーが期間限定(1週間くらい?)で出るということで、それを買いに行ったのです。そしたら、どうでしょう。店の外まで列をなしているではありませんか。店頭には、『期間限定』『マッシュルームバーガー』の文字。何、これは西日本限定のバーガーのはずでは…!?

とりあえず並んでいるといつになるかわからなかったので、断念しました。まあ、注文から10分以内には出たかもしれませんが、外で待つというのが耐えられなかったんです。外ってホントに大通りなので。それに、意外にダブルバーガーが高くて(確か580円)、だったら自由が丘の佐世保バーガー食べるだろうなー、と思ったのもあります。そうそう、知らない間に自由が丘に佐世保バーガーのお店ができていました。

明日は空いてないかなー。そしたら、迷わずマッシュルームを食べます。期間限定ものに弱いんですよね。

ちなみに、今日の昼ご飯は、カップ麺(そば)とおにぎり(鮭)になりました。落差が激しい??
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

花嫁修業…のための修行中?

今日はカレーを作りました。カレーってこだわれば違うんだろうけど、普通に作る分には簡単だということがわかりました(簡単に作れることと美味しく作れることは微妙に違います)。なので、今日は玉葱をあららみじん切り(※粗みじん切りと呼べるほど刻めていないのです)にしてしばらくバターで炒め、豚肉と茄子を加えて炒め、最後にジャガイモを入れました。ジャガイモは綺麗に皮を剥くために、先に少し茹でておきます。そうすると、かなり時間を有効に使えますし…というか、ジャガイモの処理速度の遅さは半端ないのですよ、私。

それから時間に余裕があったので、ブロッコリーも茹でて入れておきました。結構それなりのものに見えたので、嬉しかったです。カレーはあのルーの濃さで色んなものが隠せるのがいいと思いました。切り方バラバラでもわからない、とか…(この日記を読めばばれますけどね)。きっとクリームシチューも然り…まだ作ったことありませんが。あとビーフシチューとか…隠せる料理から作っていければと思います。

そういえば、この間、牡蠣の土手鍋を食べたのですが、それに入っていた太い葱が美味しくて、もりもり食べちゃいました。まあ、赤味噌の風味がかなり強かったので、そのおかげだと思いますが。葱が好きになったというより、葱を美味しく食べられる方法をまたひとつ見つけたという感じです。水炊きではやっぱり美味しくは思えないと思う…

最近、朝までぐっすり眠れてしまって、朝ごはんが適当になっています。前まではチャーハンぐらいなら厭わず作っていたのですが。この頃は冷凍食品をチンするとか、頑張ってフライパンで卵とか炒めたりするぐらいです。前日、用意しておけばいいんですけどね。でも、今日はカレー作ったから、明日の朝はそれが食べられます。中学のキャンプに行くまで知らなかったんですが、カレーにとろけるチーズ入れると美味しいですよね。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

つまらないものですが…

この頃、日記を書こうとするエネルギーが、負であるような気がします。そんなに毎日毎日文章化できるほど楽しい出来事ばかりでないのはわかっていますが、それでも言わずにはいられないような。捌け口が他にないなんて、寂しい人みたい。

文章にしてしまった時点で、きっと取るに足らない事象なんだと思います。人が見れば、それは思い過ごしと判断されるかもしれないし、そんなことでうじうじ考え込むぐらいなら、止めてしまえばいいって言われるかもしれません。それともそういう事態を想像するのは、普段私がいかに思いやりを持っていないかということの証左なのかもしれない。

優しくありたいと思うのは、優しくないからなのでしょうか。どういう行動をすれば、人が喜ぶかということに思い至ることはできても、それが自分にとって自然な行為とは言い切れないとき、特にそれが身近な人の場合はどういう風に自分を捉えればいいのでしょう。

ぷつんと糸が切れてしまって、「私はこんなにやっているのに」と思ってしまったら、それは取り返しのつかない過ちのような気がします。相手が求めていなかったことまでやっているとすれば、そういう気持ちは自分の傲慢さでしかないように思います。かと言って、自分の意のままに何もしなければ、そういう自分の人間性を疑いかねません。どちらにしても、非は自分になってしまいます。

「それはないんじゃないの??」って人にも対立意見を述べられるような、自分なりの基準が明確になっていないせいでしょうか。物事は正しいか間違っているかでしかない、というわけはないように、自分の基準も客観的に正しいか間違っているかということでは、分けられない。けれど、私は分けようとして挫折して、そのこと自体に自分の誤りを感じているのかもしれません。

物事は疑い出したらきりがないことの実例を示してみました。
人生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

鬱々(BlogPet)

mikiの「鬱々」のまねしてかいてみるね

ついうっかりこすってないですが、私のとはした事象だから、ものもらいの瞼。

*このエントリは、ブログペットの「Sakura」が書きました。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。