のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

むしろ愛がx

昨日は映画『容疑者Xの献身』を観てきました。原作は以前読んだことがあったのですが、オチは最後の方でようやく思い出すことができました。前に映画の宣伝CM?を見て、「何であんなに面白かった作品を、勝手に福山雅治のガリレオシリーズとコラボさせるんだ!」と納得いかなかったのですが、まったく問題ありませんでした。だって、あれガリレオシリーズだものね…

松雪泰子って綺麗だったんですねー。うちの母なんかは昔そう言ってたんですが、当時の私はあんまりピンときませんでした。私も歳をとったせいでしょうか。あんなお母さんだったら、きっと自慢しまくると思います。そして、相変わらず堤真一は素敵でした。堤真一の顔したダンカンだったら、言うことなかったのになぁ(詳しくは映画を)。柴崎コウは気の強い女性の役以外は演じないのでしょうか。

感動のラストなんですが、詳しくは言えませんけど、「泰子優しいよねー。私だったら、『ありがと!』って言って、普通に暮らすと思う」と言ったら、笑われました。きっとそんな厚かましい登場人物じゃ物語として成り立たないでしょうけどね~。

今日は雨なので、室内で過ごしていました。何とはなしに、手作りお弁当のコミュニティを見ていたのですが、みんな気合が入っているなと思いまして。まあ、あんまり適当に作ったものを晒せないとは思うのですが、そのトピックが彼氏(or旦那さん)に作ってあげたものということもあったのか、豪華弁当が目白押しでした。たまに「今日は手抜きで(汗)」みたいなことも書いてあるのですが、私だったらきっと一生懸命作ってそんなものかも、って思うような。

“みんなの手抜きが、私の一生懸命”

こう書くと、何だか素敵なキャッチフレーズのようにも見えてきます…このコミュでモチベーションが高まる、というコメントもあったのですが、私なんかは見れば見るほど萎えてきまして。いやはや。

ところで、何が意外って、キャラ弁が多く見受けられたことです。リラックマ、アンパンマンが結構多かったですね。あと、珍しいので、コロ助、ピングーとか。私も福笑い弁当なら作れそうなんだけどな。食べる方は笑えないと思いますけどね。あと、冷凍食品はわざわざ冷凍と申告しているのが真面目だなぁと思いました。私がちゃんと書いたら、ニチレイかコープの回し者だと思われてしまうでしょう…ともかく、毎朝お弁当作ってる主婦は偉いとつくづく思います。

あと、トピックがトピックなので、ハート型のおかずが入ってるとか、海苔で「ダイスキ」とか「LOVE」とか書いてあるものも散見されたのですが、世の中のカップルってそんなにアツアツなんですかねぇ。中には「カレーライス」って書いてあるものがありましたけど(メッセージに意味はないらしい)…私も赤飯にごま塩で「セキハン」ぐらいなら書けるかな…ん?見ればわかるって?
スポンサーサイト
エトセトラ | コメント:2 | トラックバック:0 |

千歳空港(BlogPet)

きのうは千歳空港へ運転しないです。

*このエントリは、ブログペットの「Sakura」が書きました。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

11月3日 晩秋 帯広の森

4日目。折角個室に露天風呂があるのですから、入らないのは勿体ないということで、朝の海を見ながら入浴。天気が不安定そうで、というか入浴中は雨が小降りの状態でした。そんな風景もオツですけれど…路面電車の駅まで、少し遠いので、交通手段どうしよっかという話をしていました。

最終日の朝食バイキングも張り切って食べました。いももちっていう食べ物が珍しかったのと、ここもパンがなかなかに美味しくて、かぼちゃのチーズフォンデュとかいうのは、2つも食べてしまいました。っていうのは、1つだけ取ろうと思ったのですが、何故か2つくっついたのしかなくて。朝から鳥の唐揚げを3つも食べてしまいました。毎日バイキングしてたら、すごい体型になれそうですね。

そんな間に雨は上がってしまって、結局路面電車で外出することになりました。函館駅のコインロッカーに荷物を置いて、五稜郭へ行こうと。

電車に乗って次の駅ぐらいで、身なりと荷物の多さがホームレスっぽい風貌の男性が乗車してきました。彼は向かいの席に座ったのですが、連れの方が運転席へフリーパスのチケットを買いに行ったとき、何故か競馬新聞?のようなものを読め読めと渡してきました。1人でどう対応していいかわからず受け取ったら、何故か爆笑されました。若干泣きそうになって体が熱くなってきた頃、連れの方が戻ってきてくれました。男性は所持品の腕時計も渡そうとしてきたのですが、それはうまく交わしてもらい、新聞も適当に返してもらいました。対応が上手だなーと思うと同時に、「そうか断ればよかったんだ」と遅まきながら気づいたのでした…

気を取り直して五稜郭タワー。展望台というのは、景色を見るためのものでしかないと思っていたのですが、意外と中の展示物も面白かったです。特に、五稜郭の歴史をミニチュアの人形を使って再現しているのが。土方歳三が悲しそうな表情をしているとか、結構作りが細かいなと思ったり。

その後、五稜郭の方へ。大概何もないと言われていたのですが、この日は特別に、五稜郭跡の奉行所復元工事を見学することができました(参考)。あんな地道な作業を積み重ねて、強固な建造物ができあがるんだと思うと、不思議な気持ちです。私があの作業に加わったら、へろへろな建物になってしまいそうですが。

昼食をすっ飛ばして六花亭のカフェへ。タイトル名にもなっている、11月限定のケーキを食べました。やっぱりチーズケーキなんですけど、その上にモンブランのマロンクリームを乗せてあって、すごくコクがあって美味しかったです。ぜんざいにも結構惹かれたんですけどね。この時期、すごく食べたくなるのです。お連れさんはソフトクリームのパフェ。でも、ソフトクリーム単品があったことを知り、衝撃を受けていました。

ここで、板チョコを1枚購入。やっぱり本当に美味しいところは、こういうシンプルなものも美味しいのよねってなことで。いつもの金銭感覚はどこへやら。この後、ちょっとだけ赤レンガ倉庫のある方へ。

函館空港へはバスで。昨晩から今朝にかけて泊まったホテルを横目に通り過ぎ。雨もまた降り出してきていました。これで終わりなんだなーと思うと、すごく寂しかったです。まあ、来ようと思って来られない場所ではないんですけど。これにて初めての北海道旅行は終了となったわけです。

やっと書き終わった…写真1枚もアップしてないですけど、ご想像にお任せしますということで。
旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

11月2日

3日目。朝食はまたもやバイキングです。昨日の夕食でまだそんなにお腹が空いていないので、今日は節制しようと、ミートソーススパゲッティを断念…でも、何かしらじゃがいもの入った料理をぱくついていた気がします。この日のパンはバターロールとかで、そんなにパンに気合が入っていなかったので、ちょっとだけ助かりました。朝食の後、部屋に戻って昨日購入のチーズケーキ(何とかフロマージュ?)を食べました。濃厚で美味しくて幸せ…それから部屋に元々置いてあった温泉饅頭も。カボチャ餡でこれも美味なり。

ホテルの前のお土産屋さんをちょっと覗いて、バス停へ。1本遅くても間に合うのでは、という意見もあったのですが、電車の切符を予約してしまっていたので、万が一間に合わなかったとき困るという私の意見により、朝は結構バタバタしてしまったのですが、余裕を持っての出発です。こういうとき、私ってあんまり「何とかなるさ」タイプの人間ではないんだなと、しみじみ思います。バスは順調に走り、無事札幌駅に到着しました。

札幌から函館までは電車で3時間ぐらいかかるとのことで、10時半過ぎの列車に乗って駅弁を食べようという計画。牡蠣飯弁当が温かいお弁当として販売されていて、最初私は「今温かくてもそのうち冷めるのでは」と思っていたのですが、連れの方により食べたいときに加熱できる仕組みのお弁当であることが判明。肉肉しいのが食べたいと思っていた私でしたが、駅弁的にはあまり惹かれるものがなかったのと、結構牡蠣が食べたいことに気づいてこれに決定しました。連れの方は3種の蟹飯弁当。名称は異なるかもしれません。ご了承ください。

列車に乗り込み、朝の疲れが出たのかどっと眠気が押し寄せてきました。隣にいる連れの方に「寝ててもいいよ」と言いながら、口を開けて爆睡していたのは私です。きっと朝気合を入れすぎたのでしょう。朝は眠そうにしている連れの方を引きずり出すようにして連れてきた私ですが、連れの方は隣で爆睡している私をそっとしておいてくれました。私は自分が起きてると、ついつい寝てる人でも起こしちゃうんですよね…って子どもか。お弁当タイム以外は完全に睡眠…でも、牡蠣飯は美味美味。

函館到着。ロッカーに荷物を預け、一日フリー乗車券を購入し、路面電車に乗りました。向かった先は十字街方面。旧函館区公会堂、旧イギリス領事館、他色々な教会を巡りました。イギリス領事館には喫茶室みたいなところがあって、ガイドブックに載っていたアフタヌーンティーセットみたいなのが美味しそうと思っていたのですが、連れの方はさっさと出て行ってしまい、後ろ髪を引かれる思いで建物を後にしたのでした。函館区公会堂の方には、貴婦人が数名いらっしゃいました。また、メイクルームみたいなところで、何人も貴婦人になるべく待機していたのですが、その辺はあっさり通り過ぎました。嗚呼、色気より食い気。

一通り巡り終わって、カール・レイモンのお店を発見しました。函館では有名なハムやソーセージのブランドだということを、このときに知りました。カール・レイモンに関する展示などが2Fにあり、1Fでソーセージなどを実際に食べられるという…結構大きいソーセージで、この日の夕飯もボリュームのあることが予想されていたので、2人で1本食べました。北海道は美味しいものばかりだ。

その後、函館山をロープウェイで登りました。並んでいる人が結構多くて待ち時間が長いのかと思っていましたが、ロープウェイは意外に大きく、休みなく往復しているために、見た目ほど混雑を感じませんでした。夜景はもちろん綺麗でした。でも、やっぱり北海道は寒かったです。

それからまた路面電車に乗って、函館駅へ。荷物を持って、今度は湯の川温泉街にあるホテルへ。着いたらウェルカムドリンクを勧められ、温かい紅茶を飲みました。うう、温まる。部屋に案内されて、ちょっと休憩。元々は海側でなかったのが、サービスで海側の部屋になり、個室で露天風呂に入り海を眺められるという贅沢…を満喫する前に食事です。

夕飯は魚介類メインで、というか寧ろ私が普段好きだと連呼している肉が全然入っていませんでした。あ、釜飯にはちょっと入っていたかも。蟹すきに、茹で蟹、刺身、鮑を焼いたの、ほっけ…それ以外にバイキング形式で出されているほうも是非と言われたので、そちらも。食べ過ぎでございます。

満腹になった後は、のんびり入浴。外はかなり寒いんですが、お風呂の湯が温くてぽっかぽか。寧ろ浸かりすぎて上がった後も、しばらくは体が火照っていたとかいないとか。明日は帰らなきゃいけないなんて信じられませんでした。というか信じたくありませんでした。
旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

11月1日

2日目。ホテルの朝食はもちろんバイキングです。ホテルのパンが自家製で、クロワッサンのパリパリした皮の感じと中のしっとり感、バターの香りが…幸せでした。クロワッサン以外も何種類かパクパク食べてしまい、パンだけで1食分のカロリーオーバーしてるんじゃないかと思いました。まあ、今回は食道楽の旅なので、そんなこと気にしちゃいかんのですが。

いいホテルだったので、チェックアウトするのも名残惜しかったのですが、そうも言ってられないので、とりあえずチェックアウト。近くに北大のキャンパスがあるとのことだったので、行ってみました。東大のキャンパスも広かったのですが、北大のキャンパスはもっと開放的というか、自然を感じるというか、敷地余ってるんじゃない!?というぐらい、広く感じました。こういうところで育つと、小さなことでは動じなくなりそうな気がしました。そういうことを考えるのも、きっと私の気が小さいせいだな。胸から上だけのクラーク氏と写真を撮りました。

その後、テレビ塔へ。展望台から景色を一望した後、お土産を見てみました。生キャラメルと『じゃがポックル』は入手困難とのことで、購入。1000円以上の買い上げで、テレビ父さんの缶バッジが貰えるということで、おまけで貰いました。連れの方がテレビ父さんのグッズを買いそうになるのを堪えていたとのことで、その缶バッジを進呈しました。ちなみに、このテレビ父さん、テレビ塔の非公式キャラクターだそうです。非公式キャラクターって初めて聞きました。

そして、また連れの方の友人たちと小樽までドライブ。途中で北海道にしかないというコンビニ、セイコーマートに立ち寄りました。もうお昼も2時ぐらいにはなっていたので、みんなお腹が空いたらしく…そこで連れの方が買ったガラナエールというものを味見しました。小さいとき風邪をひいて飲んだシロップみたいなお味。何でだかちょっと酔ってしまって、フラフラになりましたが、そこでお昼ごはん。鶏料理でした。『ざんぎ』という唐揚げ的なものと、半身?の丸々フライドチキンみたいなのを5人で食べました。初めは気持ち悪かったのに、現金なもので、段々お腹が空いてきてぱくついていました。

それからまた車で移動して、色々なお店が並んでいる通りに行きました。ガラス細工のお店とか、オルゴールのお店とか。ガラス細工のお店でアクセサリーを買ってもらいました。アクセサリーの値段はそんなに思わなかったのですが、グラスとか置物は高値でした。なかなかこういうものにはお金を出せない私です。こだわりがあんまりないのは、いいことなのか悪いことなのか…。

車の中は賑やかでした。運転していたDさんのノリというかボケというかが面白く、TさんやHさんも明るい方々だったので。私は慣れないとなかなか話し出せないので、若干気後れしていたのですが、よかったのかな??当初はバスで行く予定だったのですが、そのまま小樽から定山渓まで送ってもらい、そこでお別れ。いい人たちすぎる…(涙)

ホテルについて、早速夕飯。コース料理で、刺身あり、天ぷらあり、肉ありの盛り沢山なメニュー。ホテルの食事って、何であんなに量があるんでしょうね。リッチな人々っていうのは、毎日のようにあんな量を食べるんだろうか。ご飯を少なめにして、おかずは全部一口ずつは食べるようにしました。と言っても、私は9割以上は食べていましたけど…このときのお酒は梅ワイン。デザートに、と思って小樽のルタオのケーキを買ったのですが、それは明日の朝にしようということになりました。チーズケーキだったし。重たいもの。

それからお風呂は貸切湯で。広いお風呂で木の匂いや感触が心地よかったです。ゆったり。後でホテルの人にお湯加減がよかったかどうか訊かれたのですが、その前のお客さんまでは「ちょっと熱い」って言われていたみたいです。調整が大変だったみたいで、いやはや、そんなホテルの人たちの頑張りがあって、気持ちよく過ごさせてもらってるんだと思うと、感謝感謝ですね。
旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

10月31日

連休明けに会社でお土産を配っていたら、「何、新婚旅行行ってきたの?」と訊かれました。職場では名字を変えていないのですが、実は先日結婚式を挙げました。

とかだったら、びっくりですよね。ちなみに、新婚旅行だったら海外に行きたいです。イタリアとかギリシャとかヨーロッパへ。美味しい食事と綺麗な景色が見られれば、どこでもいいです。その意味では、今回の旅行は新婚旅行と言って差し支えないかもしれません。というのは、論理的におかしいですね。

10月末に有休を取って、4連休で北海道へ行ってきました。

1日目。羽田空港から新千歳空港へ。エアドゥの飛行機は機体の調子がいまいちだったか何だかで急遽調整することになり、離陸が遅れました。アナウンスで「安全な状態」で飛行可能であると言っていたのですが、逆に安全を強調されると不安になりました。北海道行きの便では、サービスドリンクのオニオンスープが美味しいと聞いたので、早速オニオンスープを飲んでみました。ふむ。体の芯からほこほこする感じですな。隣にいた連れの方は、機内販売されていた『ベアドゥ』というクマのぬいぐるみを買うんだと言っていました。そう言って、帰りの飛行機で買ったんですけどね。

新千歳空港から札幌はすぐなんだと勝手に思っていたのですが、電車で1時間ぐらい?かかりました。札幌駅に着いたら、ホテルにチェックイン。フロントのお姉さんも案内係のお姉さんも非常に感じのよい方々で、さすが評判の高いホテルだけあるなという感じでした。ここに来て目を引いたのは、エレベーターの造りでした。階数が移動するにつれて、針が動いていくというアナログな感じが素敵。部屋の中もエレガントで、「ここで暮らしたい」という気持ちが募りました。叶わぬ想いですが。

お昼ごはんはスープカレーを。昔、スープカレーに目がないと元・同期の人が言っていて、「たまに食べる分には、カレーもいいけど…」ぐらいにしか思っていなかった私ですが、池袋でスープカレーを食べて以来、スープカレーなら毎日食べてもいいと考えが変わりました。鮭とチーズと野菜がたっぷり入ったスープカレーは、自分でスパイスの量も調節できるので、丁度いい具合になったのをじっくり味わうことができました。

それから、連れの方の実家を訪問しました。お母さんがケーキを用意してくれていて、私はチーズケーキをいただきました。コーヒーがアメリカンみたいになってしまった、さっき淹れたときはうまくいったのにと、2回もコーヒーを淹れてくれるなんて、可愛らしいお母さんだと思いました。うちの実家なら、そもそも父がコーヒーを淹れてくると思います。

関係ありませんが、会社行く前に娘の弁当を毎日作っていた父って、改めてすごいなと思いました。「冷凍食品ばっかり」と不満を言ったこともありますが、それすら今できてませんもん、私。

それから、連れの方の友人の車に乗せてもらって、某高校へ。私以外の3人にとっては、母校なのです。まあ、そうじゃなきゃただの侵入者ですね。生徒がみんな私服というのは、かなり斬新でした。いえ、大阪でもそういう学校はあったんですけど、私の母校は三つ折りソックス、ベレー帽というオプション付きの制服でしたので。しかも、学校の造りも開放的で、こんな学校通ってみたかったなぁ、なんて思ったり。1Fの進路指導質の前には、センター試験用とかの数学のプリントが置いてあって、どこの学校でも数学担当の先生は熱心なのかな、と思ってみたり。

連れの方の高3のときの担任の先生にも会いました。先生っていうのは、やっぱり生徒の大学進学実績が自分の実績に思えるんでしょうかね。何というか、生徒の功績が嬉しいのかなぁって。そういうところは、私の母校の先生方とも共通しているかもしれない…。

それから夕飯を食べました。味噌ラーメンでしたが、久々に食べるラーメンはとても美味でした。店の外観は町のどこにでもありそうな、こぢんまりとした目立たない感じでしたが、店の広さの割には混雑していました。テレビではドラえもんをやっていました。何でだか十六茶は16種類入っていないという話が出てきて、「え、あの、はと麦、玄米、月見草♪ってやつ!?」と言ってしまいました。そう、それが爽健美茶なんです。

コーヒーを飲んだ山の麓のお店は、雰囲気があって、のんびり静かに過ごしたい夜なんかには、最適なんじゃないかと思いました。途中から、ピアノの演奏があったり。ああいうお店でピアノを弾くお仕事なんかもいいなぁ、と思いました。ショパンの『革命』を弾いてみるとか。みんな血気盛んになりそうです。
旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

問い合わせ(BlogPet)

きょうは、mikiは問い合わせっぽい説明したかも。

*このエントリは、ブログペットの「Sakura」が書きました。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。