のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Thank you for your cooperation

金曜日も夕方になってそろそろ夕飯の準備でもするかしら、と水を鍋で沸かしていたところ、チャイムが鳴りました。こんな時間になって何だろうとインターホンのカメラで確認してみると、宅配業者のようにも見えるような風貌の男の人が。午前中に荷物が届いたこともあって、今日は色々届くなぁと思って出たところ、生協の勧誘だったのでした。

新聞の勧誘やら宗教の勧誘は「お断りします」を貫いていますが、食べ物となると何となく気になってしまう主婦の性。もしかしたら、近所のスーパーよりも安く買えるものがあるかもしれないし、近所のスーパーには置いてないものがあるかもしれない。イオンは確かに広いし品物もたくさんありますが、長いこと通っているともう飽きてしまうのです。

新聞の勧誘は断ると強気で書いてみましたが、実際は私は押しに弱い人間です。まあ、このブログを見渡すだけでもわかりそうなもんですね。先日は読売新聞の販売店の人が来たのですが、インターホン越しに断りたいところ、「~ですが、ご挨拶に参りました」とだけ言われると、とりあえず出てしまう気の弱さ。出るなり「発泡酒とお米、どちらがいいですか?」と訊かれると、新聞を取る気もないのに「あ、発泡酒…」と答えてしまう脊髄反射。第一声で「帰れ~」と塩を撒けるぐらいの狂気を演じられるようになりたいものです。結局、日本語の新聞は読まないんでと言ったら、特に押し切られもせずその後も音沙汰はありません。ただ、隣の隣の家には毎朝夕、新聞が郵便受けに突っ込まれるようになっていました。彼女は犠牲になったのだ…ろうか。

そんな新聞勧誘に比べれば、生協のお兄さんは断ろうと思ったら余裕で断れそうだったのですが、カタログの中身が気になって仕方がない。しかも4週間は配達料無料って言ってるし…(~_~;)色々と悩んだのですが、とりあえず試してみることに。キャンペーン中とかいうので、ドレッシングとリンゴジャムを貰いました。「このジャムは、ほんっと美味しいです(^^)」とお兄さんが教えてくれましたが、私が何と返したのか思い出せません。多分、結婚以来初めての1人での契約行為に頭がボーっとなっていたのでしょう。鍋の水はもうすっかり沸いていました。まだしばらく時間がかかりそうだったので、火を止めて書類に記入する私。

お兄さんが玄関先で私が記入した書類に何やら書いていたときに、脇に置いてあったミネラルウォーターの箱に気付いて、
「水って結構買われるんですか?」
「いや、これは…たまたまです」
「あ、そうなんですか…お米はどこで買われてるんですか?」
「お米は夫の実家が送ってくれるので…」
「ああ、それはいいですねぇ(^^)」
「ええ(^^)」
売り込みポイントを一蹴してしまったのでした。

さらに、新規加入者には牛乳や卵などを通常価格より割安に買える特典がありました。私は(安ければ買うけどね)と聞き流そうとしていたのですが、お兄さんが「よかったらどうですか?」「1つでもいいので」と繰り返します。来週注文しても届くのは同じ日なのに、どうして今注文を取ろうとするのかしらと思って、「(よかったら、と仰るけど)頼まなくてもいいんですか?」「(1つでも、と仰るけど)1つは何か頼んだ方がいいんですか?」と尋ねたら、無理にとは言わないけれどお兄さんにも色々事情があるようだったので、1つ注文しておきました。ここまでしといて何も注文せずに4週間で脱退されたら、持ち出し損になっちゃうからかな、と解釈していますが。

「何か今日生協の勧誘があって入っちゃった(^o^)」と、帰宅したakiさんに報告したら、笑ってOKしてくれたのでよかったです。しばらくは色々と試すのが楽しそうです。
スポンサーサイト
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。