のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

テレビっこ

また見てしまいました、女王の教室。というか、昨日見たら今日見たくなりますよね。そんな私は実は本編そのものは最終回しか見ていません。なので、マヤの鬼っぷりをよく知りません

でも、あの冷徹な表情の奥に熱い信念があって好きです、阿久津先生。私の6年のときの担任が阿久津先生だったら、もう少し真っ当な人生を送っていたかも…ってそんなに私は道を踏み外してるんかい、っちゅー話ですわ

だけど、今日はそんなに涙腺は刺激されませんでした。どうでもいいですが、あれを見ていると、泉谷しげるがめちゃイイおじさんに見えてきて、惚れ…はしませんでした、はい。

いじめっ子がマヤに呼び出されたときに、「先生、前から訊きたいことがあったんですけど…」と言うので、私が想像したその先の質問内容。

「どうして、呼び出すときはいつも体育館の倉庫なんですか

そんなわけありませんでした、実際。こいつも一応空気は読めてるんだなぁ、と感心しました。むしろ、私空気嫁ってヤツですか(爆)

だけど、人間って変わろうと思えばあんなに変われるものですかね??私もあんな風にカッコよく生きてみたいです。いや、ドラマならカッコいいですが、実際はどちらかというとカッコ悪く見えるでしょうね。世間体とか評判を気にすると、あんな生き方はできないんだろうな~

無様でも自分の信条を貫いて生きよ、と。そうすることで後悔しない人生を送れ、と。そういうことを教えてくれた気がします。私には。「そんなメッセージ伝えていないかもしれませんが…」と書きそうになりましたが、よく考えたら受け手の問題ですよね。

ところで、私が阿久津先生になる手始め(←どういう目的なのか)に出来ることを考えてみました。「いい加減、目覚めなさい」という台詞なら言えるかもしれません。でも、まずその前に、自分が日中寝ぼけた顔しているのを止めなきゃいけませんね

それにしても、今日のいじめっ子の母親の過保護っぷりは、正直鬱陶しいと思いました。最近多いらしいですけどね、自分の子どもを過信する親が。その信頼をうちの親に分けていただきたいものです(笑)
スポンサーサイト

人生 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<誰か代わりに決めて下さい… | ホーム | 私の腹は黒…くないと思う>>

コメント

本編の前半は見たけど、かなりイタイシーンが多かった…
うちは小1,2の頃の担任の往復ビンタが最高でキツイ先生はいなかったな~
あ、でも、セクハラ教師とかはいたけどね!ストレッチとか教えてた!あの頃は体をやらかくすることしか考えてなかったけど、今考えるとヤらしいね!!w
2006-03-18 Sat 23:48 | URL | kane [ 編集 ]
小学校で往復ビンタする先生がいたんだ~!!
低学年だと結構恐怖じゃなかった??
私は中学校のときに回し手紙をしていたら、
担任のげんこつを食らいました、まだ若かったなぁ(笑)

ストレッチってやらしいの??
そういう教育を経て、現在のkaneさんがいるわけですか…
なんちって★
2006-03-19 Sun 02:10 | URL | miki [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。