のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

美味なる多面体

昨日は久し振りに教習所内で教習でした。方向転換とか言って、バックしたり曲がったりしていました。インストラクターのおじさんは割とフレンドリーな感じでよさげな人でした。おじさんのお蔭で、運転技術を身につけた気になることが出来ました。有難う、おじさん☆

いや、実際何故だか昨日は上手くいってしまったのですが、調子に乗っていると次は出来なくなったり、本当にただのまぐれだったりする可能性も大いにあるので、謙虚な言い回しにしてみただけです。っていうか、やっぱりこの言い回しだと卑屈なだけですね(反省)

そのまま大学に直行すると時間が余ったので、昼ご飯も食べていなかったことだし、チョコでも買おうと生協に行きました。昼ご飯を買え、という話ですが、まぁその辺はご愛嬌ということで。チョコを手に持ってレジに向かうと、昔所属していたサークルの先輩に会いました。

私は色々と経緯があって、あまりサークルの人と関われなかったのですが、意外と向こうからは普通に声をかけてくれたりして、ちょっとビックリしたり嬉しかったりします。今回もそのパターンだったのですが、懐かしくて不思議な感じでした。

正直な話、サークルにいた頃は辞めるきっかけとなった決定打以外にも、様々なしがらみというか馴染みにくさがあったのですが、個人個人と会うときには全く問題なく付き合えるんですよね。今までこれは集団の雰囲気・スタンスみたいなものがあるからかと思っていたのですが、もしかして私はそれほどまでに協調性が無いのかと、段々不安になってきましたよ。

でもって、ゼミでは3年が元気でした。4年になったら少しは大人になれるかと思っていましたが、やはりそのためには大人になろうとしなければならないのだなと思いました。うん、何かこの段落は小学生の作文のようです。使用している語彙や書いている内容など。全部ぢゃないか。

私は細かいところまで完璧にするのが好きなのかと思っていましたが、大学に行くたびに感じるのが、意外と大雑把で飽きっぽい面です。

昨日の質疑応答のときも、質問内容が込み入って分からなくなると途中から聞いているふりだけをしていました。単に聞く気がない(やる気がない)とも言えますが…ダメですね(汗)。自分の考える内容もある事象の基本についてではなく、ある事象が現実にどのように応用されるかということに焦点が当たりがちです。

私が現象の根源を追求していくような科学者には向いてなかったという(自分でも思う)のは、このあたりに原因があるのかもしれません。

さあ、今日は早く寝よう。

あ、タイトルは某アーティストの某歌の歌詞の一部です。まあ、私なんかは不味い平面という表現がぴったりなのかもしれませんね…はっ、しまった、また自虐的に…
スポンサーサイト

お勉強 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夢の国からこんにちは | ホーム | 占いって当たる!?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。