のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

嫌われみきてぃの八時間

結論;人の足元を見るようなことをしてはいけません。

昨日に引き続き、今日も息抜きに行って参りました。今日は映画『嫌われ松子の一生』を観にいったのです。この調子で毎日を過ごしていると、寧ろ仕事とか勉強が息抜きになりそうです

映画に関して。最初は私の意見で『着信アリfinal』になりそうな気配だったのですが、何とか阻止されました。というのは、私は最近の映画を知らないからこのタイトルを挙げただけで、そこまで観たいという思いもなかったからです。『嫌われ~』は割と周囲で観た人の評判もよかったので、見てみるかという気になりました。

渋谷で12時開始の回を観ることになり、11時半待ち合わせ。ということで、路線検索で「この電車に乗れば丁度いいぐらいに着くなぁ」と思って出る用意をしていました。すると、外出間際になって、おばあちゃんが「あ、アンタ…」と話しかけてきて、何故か無駄に焦りだしてしまい、話もそこそこに脇目もふらずサンダルをひっかけて急いで駅に向かいました

とりあえず、乗る予定だった電車には間に合い、ホッとしてボーっとしていました。吊り革に掴まって立っていると、前に座っているお兄さんが私の足を見ていたので、「何だろうなぁ」と思いつつ、気にしないようにしていました。

待ち合わせ場所で無事落ち合った後、映画館の場所がよく分からなかったので、しばらくウロウロオロオロしていました。そのとき、私は

見てしまったのです!!!!!!!!

私は呆然としてしまいました。そんなことってあるのか、と。これはないだろう、と。

私が今取れる解決策は何だろうかと考えてみましたが、やはり一番恥をかかずにすむのは、このまま黙っていることかもしれない、と思い、一緒にいる人にも下手に打ち明けないようにすることにしました。まあ、ここで知られることは必至なのですが(笑)。

でも、動揺は隠せず、コミュニケーションがいつも以上に取れなくなっていました。「そうだよ、人は見た目で判断しちゃいけないんだよ!!」と必要以上にアピールする私が痛々しかったです

映画館は暗くなり、一緒にいた人がお手洗いに立ったので、私はその間にジーパンの裾を伸ばし、サンダルを一旦脱いで履き直そうと試みました。でも、更に驚愕の事実に気がつき、私は「これは私、本当に心が病んでいるのかもしれない…」とショックを受けました。

『嫌われ松子の一生』はなかなか観ていて面白かったです。私は『ALWAYS 三丁目の夕日』を激賞していたのですが、それに次ぐ面白さでした。面白いといっても爆笑するようなものではないのですが、上映時間の長さを感じさせない、というのでしょうか。ぐいぐい引き込まれて観てしまいました。私が印象的だったのは、松子の友人の女社長ですね。彼女の強さとか気概のようなものが、私には魅力的に思われます

あと、松子のファンレターが小説の原稿並みに分厚かったのも印象的でした。自分の紹介が長くなりすぎたらしいです。語るべき過去がそれだけある、ってことなんでしょうが。

映画の後は、フレッシュネスバーガーに行きました。一昨日の夕ご飯がハンバーガーだったのですが、ジャンクフード大好き人間なので、今日もホットドッグなんか食べてしまいました。そして、向かいに座っている人のハンバーガーにマスタードをかけたくって喜んでいました(笑)。

でも、本当はその間中もずっと気にかかっていました。なるべく動きたくない、人目につきたくない、とずっとトイレを我慢していたほどです。さすがに体に悪いですね。八時間ずっとは。

向かい合って座っていた人がドーナツをこぼしてしまって、テーブルの下を覗いたとき、私は膝蓋腱反射のように足を引っ込めました。自分でも挙動不審だなと思いながら。

いつもの如く、謎のテンションで話が盛り上がったり盛り下がったりした後、さて帰るか、となったのは7時半近くになった頃でした。なるべく相手の後ろに付きたいものだと思って立ち上がると、立ち上がって片付けようとしていたその人が、咄嗟にテーブルの下を覗き込みました。

げっ!!!!!!!!

と思いましたが、特に何も言われず、私も何事もなかったかのように振る舞うしかありませんでした。

「で、結局のところ、何があったのよ」という話ですが。

サンダルを右と左、逆にして履いていた

なんて生易しいものではなく、

サンダルが右と左で違っていた

という有り得ない間違いに加え、

履いているのが、どっちも左だった

という離れ業をやってのけてしまいました…。

こんなこと、別にブログのネタにしたくてやってるわけじゃありませんよ!?さすがに、そこまで女を捨ててはいません。いないはずです
スポンサーサイト

エトセトラ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<君に伝えたくて(BlogPet) | ホーム | 一生に一度のイベント(になるはず)>>

コメント

最後の瞬間に連れの人がソレに気づいたのかどうかがとても気になるところでした(笑)

…面白かった(^^)
そんなみきちゃんの連れになりたかった!!
2006-07-23 Sun 23:26 | URL | mina [ 編集 ]
ねぇ、どうなんでしょう…
私としては気づいていても気づいていなくても、
ここで反応してもらうとかなり恥ずかしいv-13

ありがとうございまするv-238
面白い、連れになりたい、というのは、
かなり私にとって嬉しい言葉ですっ!!
こんなのでよければ、デートしてくださいv-238
2006-07-24 Mon 00:12 | URL | miki [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。