のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

セミナー一日目

自己啓発セミナーに行ってきました。

って言うと、すごく怪しい宗教団体みたいですね。本当はエンジャパンが主催の就職セミナーに行ってきたのです。内容を見ていて、ビジネスの仕組みがわかるとか、プレゼンをやるとか書いてあったので。ビジネスの仕組みも知らないし、プレゼンもほとんどやったことがないので、何かしら得るものがあるかしら、と。

本当は、知らない人だらけの環境って私は苦手なんですが、慣れっていうのもあるのかなぁ、なんて自分に鞭打って(それは大袈裟)参加しました。ちなみに、このセミナーは2日かけてやるプログラムでした。

新宿であったのですが、私は方向音痴なので、まず開催会場に到着できるかも不安でした。この間、インターンの面接に行ったときも、地図を見ながら一生懸命探したのに見つからず、結局どっかのビルの警備員さんに聞いてたどり着きましたから。でも、あれは地図が悪いと心の中では思っている私です。今回は遠回りもしてしまったようですが、無事にたどり着くことができました。

セミナーが始まると、まず自己紹介的なものをしました。60人ぐらいいてまず2つのグループに分かれ、グループごとにまず「思い出に残っている旅行地」と、次に「出身都道府県」について南北順で1列に並びなさいという指令が出ました。思い出に残っている旅行地に私は沖縄を挙げておきました。まあ、思い出に残っているのは、一番記憶に新しい出来事だからというのもあるでしょう。沖縄で海に入っていないと言ったら、他の人のリアクションが微妙だったので、これからは秘密にしておこうと思います、とここで堂々と書いています。どないやねん、私。出身都道府県は、広島県と大阪府で悩みました。普段、東西で並べると、広島は大阪より西だとはっきりわかるのですが、南北で並ぶとなるとねぇ…確かに広島の方が大阪より北っぽいですが、北海道、東北、関東、中部ときて、広島、大阪と続くのは、違和感がありません??結局、広島、大阪で並びましたが。

それが終わると、ビジネス理解講座になりました。先ほどのグループから更に4つのグループに分かれ、特産品をそれぞれのグループ同士で物々交換し、利益を最大限に上げようというゲームで、私はまったくどうすればいいのか理解できませんでした。でも、ああいうの理解の早い人はどんどん交渉に行ってしまって、私はほとんど交渉には参加できませんでした。最後にふりかえりという時間があったのですが、自分で書いて終わりだと思っていたら、グループ内で発表しあわなければいけなくてビビりました。何でって、この講座の満足度も参加度も5段階中の2にしていましたので。案の定、ほとんどの人は4とか5とかで評価していて、すごくやりづらかったです。でも、偽ったり誤魔化したりの出来ない性格なので、そのまんま言いましたけどね。

次は、6つのグループに分かれて、自分のイメージ画を描いたり人生の充実度をグラフにしたりしました。私は自分のイメージ画を真ん中で2色に別れたネコの絵を描きました。のんびり気まぐれ猫ブログですからね。ネコとは切っても切り離せないでしょう。2色なのは、私の陰と陽との面を表しています。グラフに関しては、私は人生の充実度を努力と調和という2語に集約しました。努力しているときはすごく充実しているように感じるし、でもやっぱり人間関係がボロボロだと充実度は減ってしまっていたかな、というコンセプトです。

イメージ画について出た質問。
・何で体を描かなかったんですか?
・ヒゲは2本派ですか?
んなこと言われても(笑)。

みんな、人生の充実度についてどっかで100%を超えているときがあったのですが、私は最高で100%にしました。何かね、安易に120%とか150%とか言う気にならないのですよ。しかも、私の場合、充実度=努力になると、100%を超えて努力してたなぁなんてときがないんです。精一杯の努力だとしても、精一杯=100%だろうと私は思うのです。意気込みとしては、100%を超えるような気持ちで取り組むことは必要だと思いますが、実際精一杯もやってなかったし…成果も地味に上げてたぐらいですし。ダメですかね、そういうのは。変なところでひねくれ屋の私です。

そんな感じで1日目終了。5時間ぐらいあったので、とても疲れました。
スポンサーサイト

お勉強 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<セミナー二日目 | ホーム | 初ブログ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。