のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スローテンポにスローライフ

今日、夕飯でおでんを食べていたら、牛蒡巻きを噛んだときに滲み出ただし汁が熱くて、舌を火傷しました。ちなみに、私の好きなおでんの具はたまごとじゃがいもです。あと、餅巾着も好きです。割とお腹に溜まるものが好きみたいで…って貧しい家庭で育った子みたいですね。全面的に否定することはしませんが。

何かを趣味で続けることって、実は大変なことなんでしょうかね。私はピアノも歌うことも好きでしたが、大学入学以来ほとんど取り組まなくなったため、本当に好きと公言していていいものか、考えるようになりました。昔は考えなくてよかったのに。

ピアノも歌も一見華やかで楽しそうに見えて、裏では制約が結構あって見た目ほど自由に表現しているということがありません。なので、ドラマやらのイメージだけで始めてすぐ止めちゃう、というのはここのギャップによるものなのかもしれません。

かく言う私も、ピアノのレッスンでは椅子から頑として動かず、1時間ぐらい泣き続けて先生を困らせたり、弾けないと楽譜を破ったりしていました。メンタル的に問題のありそうな行動ですね(汗)。合唱をするようになったのは中3からで、友達などの人目もあるし、滅多なことはしませんでしたが、先生に指導されて泣き出したことはありましたね。

いっぺん言われて出来なかったから泣く、ということは皆無に等しいのですが、何度も言われて出来ないと、「何でこんなに出来ないのかな。他の人はみんな出来てる(ように見える)のに」と涙がじわっと溢れてくるのです。泣いたからといって、「甘えてんじゃないよっ!!」と怒られたことはないのですが、人によってはイライラするかもしれません。

どちらもそれなりに思い入れがあるので、出来ないと自分が『何も出来ないヤツ』と烙印を押されたようで、悲しくなってしまうのではないかと思います。それもこれも自分を他人と比較してること前提ですが。

自分でも昔から勉強の理解が遅いとか、要領はどう考えてもよくないとか、何かをするのに人より時間のかかることが多い(人より速いのは簡単な計算ぐらい)とか、色々な自覚はあります。が、何でもささっとスマートにこなしてしまう人を見ていると、好きなことすら伸び悩んでいつまで経っても出来ない自分って何なのかと感じます。

そんなこんなで21にもなって泣くとは思いませんでした。成長って何ぞや、です。電車の中でまで涙目だったので、文庫本を持って「本読んで感動してる」という風を装ってみようとしました。でも、帯に「“ブス殺しの汚名”は晴れるだろうか」と書いてあったので、誤魔化すには不適切な本でした(笑)。

作文も基礎からみっちり仕込まれて、例えばこのブログの文章が添削されるとかいうことになったら、私は文章を書きながら泣いている気がします。その状況を想像すると…滑稽ですね。まあ、ブログの文章を書くために作文の基礎からみっちりやろうとも思いませんが。

あ、そういえばレポートがあったなぁ。どうしよう、考えることの倫理についてのレポート。文学部の人はみんな大作を書いてきそうです。やっぱり文章、基礎から学ぼうかしら。
スポンサーサイト

エトセトラ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<日曜日の夕方は | ホーム | 今日から新学期!!の時代もあったよね>>

コメント

そういえば、最近テニスやってないなぁ。
でも、他にないから、特技はテニスですとしか言えないのです。
残念!
2006-09-03 Sun 01:08 | URL | たつか [ 編集 ]
特技テニスです、って言えちゃうのいいなぁ。
ってか、教えるレベルにまで到達してたんでしょ~??
私はピアノを教えてって頼まれてもロクなアドバイスできないし…(TOT)
その上今やってないんじゃ詐称のように思えるのです…無念!w
2006-09-03 Sun 15:40 | URL | miki [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。