のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

みきてぃの日記

6日は研究室の教授の誕生日でした。うちの研究室では、毎年教授の誕生パーティーを行っているのですが、今年もケーキなどを購入してお祝いしたようです。「…ようです」というのは、私は参加できなかったからなのですが。

この日は卒論の打ち合わせでもありました。当初は4日で打診していたのですが、これに対して教授が「6日の方が卒論生も都合がいいでしょうから…」といった内容の返信をなさっていたので、「何で6日の方が卒論生の都合がいいんだろう」と純粋に疑問を抱いていました。後から考えてみたら、6日は教授の誕生日などの色々な事情が絡んでいたからなのでしょう…教授の誕生日である以外の事情が思いつきませんけど。

前日に購入したプレゼントを手に4階に上ると、タルトが私を待っていました☆院生の方が私のために用意してくれていたものです。その院生の方は、「そんなに大きくないんだけど…」と、若干恐縮気味に差し出しました。ベリーの沢山載ったタルトで、ホールケーキほどのボリュームはなかったものの、ベリーの甘酸っぱさが程よい感じで満足でした♪

打ち合わせは質問にもしどろもどろな答えをしてしまい、教授を不機嫌にしてしまわないか不安でしたが、教授の笑顔で締めくくることが出来たので、きっと大丈夫だったのでしょう。というより、それぐらい誕生日というものは誰でも上機嫌にしてしまう、強い力があるのかもしれません。

で、教授の誕生パーティーを待たずに、バイト先へ。久し振りのバイトで受け持つ生徒も初めての子が2人いたので、「どんな感じの子かなぁ」と少しワクワクするような憂鬱のような。その中でも中1の男の子については、前もって雑談が多いと聞いていたのですが、噂に違わず後半は室長の先生とずっと喋っていました。

彼は今まで見てきたシャイな男の子達とは違って人見知りしないタイプのようで、初めての私とも気安く喋っていました。「ねえねえ、先生幸せ?」には驚きましたが。「幸せじゃなさそうに見える?」「ううん、そうじゃないけど。幸せ?」「まあまあ、それなりにね」「そっかぁ。やっぱり。(室長の)先生は幸せじゃないって言ってたから」「あぁ、(室長の)先生も色々苦労があるんだろうねぇ…」何ちゅう会話だ。

普段は集中力が切れてしまうと、ただやる気がないというかだるそうになる子が多いのですが、彼は室長の先生と喋る元気だけは尽きないらしく、あまりの発言のお節介っぷりと無責任っぷりに、笑わずにはいられませんでした。そのくせ、「(室長の)先生と話すのは疲れるから」と、自分が喋ってあげてると言わんばかりだったりして、発言ひとつひとつが聞いていて面白かったです。

「ここは普通はこう書くんだよね~」「あ、いや、でもこれでいいんだよ」「え、そうなの?」「うん。だってエジソンの日記に書いてあったもん」「そうなんだ。エジソンの日記って他にどんなこと書いてあんの?」「えっとね、リンゴの絵ばっかり描いてたんだって」「へ~、他には?」「うーん…ベートーヴェンに会ったとか」「へぇ、ベートーヴェンねえ…ね、エジソンの日記って嘘でしょ?」「…うん」

昨日は3時間連続だったので、結構疲れました。生徒の誰かがグアムに行ったとかで、お土産にマカダミアナッツの入ったチョコを塾に持ってきてくれたらしく、2粒頂きました。お蔭でチョット生き返ったようでした。
スポンサーサイト

エトセトラ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<日曜日の夕方は(BlogPet) | ホーム | 久し振りのおつかい>>

コメント

きょうSakuraは質問したかった。
ただきょうSakuraは、mikiはグアムへ誕生した。
ただきのうmikiで、教授へ苦労したの?
2006-09-07 Thu 14:15 | URL | BlogPetのSakura [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。