のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ニート考

ここのところ、何も書くことがなくて…。

最近、「○○したい」と思えることがめっきり減ってしまった気がします。「○○しなきゃ」と思ってから、漸く行動に移ることの出来る場合があります。大抵の場合は思うだけです。行動にすら移せない…。

例外的に、「食べたい!!」っていう欲求はいつでもあります。今日もチョコとか最中とかどら焼きにぱくついていました。お菓子ばっかりですね。ちゃんとご飯も食べましたよ。お菓子に関しては、「食べたい」→「買いに行こう」ということで、行動意欲が湧くのですが。

昨日、ふと「何になりたいの?」と訊かれて、はたと困ってしまいました。お母さんとかお嫁さんっていう答えじゃダメだろうか。私の能力・資質の生かせるものがあれば、そういう仕事をするべきなのかもしれませんが、そんな能力も資質も自分に見出せません。

テレビ番組を見ていたら、ニートを特集していて、ニートは働く意義が見出せず、でも仕事をしなければという焦りもある人はあるようで、ゲストの誰かが「ニートは(ある意味では)繊細なんです」とか何とか発言していました。

職業に貴賎はないと言いながら、「あんな割の合わない仕事はさせたくない」とか「あんな汚い仕事は可哀相」とかと言う大人の価値観を素直に受け入れてしまった結果、「こんなことはしたくない」「自分にはもっとできることがあるはず」と言って、結局何もしなくなってしまうのでしょう。

ちなみに、日本はニートで滅びる最初の国なんじゃないか、ということがある社会学者によって唱えられているそうです。

昔は「お国のために」という方向性があった分、ある意味では楽だったのでしょうかね。今は個人主義の風潮が強いので、「自己実現」だとか「キャリア形成」だとか自分のことを考えるようになった結果、思うようにならない人が増える→ニート大量発生みたいなことになってるのではないかと。

「日の丸が…」「君が代が…」というので論争がありますが、愛国心を育てるのは大切だと思います。「日本が大好きだ」「日本を大切にしたい」と思えるようになれたら、多分自分の『夢』とか『キャリアプラン』とかで悩んで働かなくなるという現象は減るような気がします。人は何かを守ろうと思うと、多少のことは犠牲にできそうな気がするので。

日本大好き、というと、ちょっとナショナリスティックな臭いがするかもしれませんが、そこまでいかなくても両親でも恋人でも子どもでも、身近な人を守りたいと思うようになれば、ニートにはならないんじゃないでしょうかね。ニートと言っても、勤労意欲のある人はいるので、一括りにして論ずるのはよくないかもしれませんが。

もっと言うと、何か自分の大切にしたいものをひとつでも見つければ、人生はそれでいいんじゃないかと思います。極端すぎですかね。趣味でも家族でも。それが仕事で犠牲になるとすれば、仕事が楽しくないとやってられない、というのはあるかもしれませんが。

そうか、なるほど。今の日本のシステムでは、仕事のために生活が犠牲になることが多いってことか。それだと、「エリートになるのよっ!!」とお母さんが子どもの尻を引っぱたくのも(そんな光景は今はないのかしら…)分かる気がします。

でも、「日本のシステムが悪い」っていうのは簡単なんですよね。最近よく言われているのが、『勝ち組』『負け組』が生まれても敗者復活が可能な世の中になればいい、という議論ですね。日本ではそうではない、と。アメリカとは違って。

経済についても社会制度についても、日本はどうして外国をすぐ引き合いに出すのでしょうね。終身雇用、年功序列の制度が崩壊しつつあるのも、元々は成果主義というどこかの国の制度を見習った結果でしょう?今度また、それを補うために敗者復活のできる世の中にするというのでしょうか。それじゃ最初からアメリカの植民地になっておけばよかったんじゃないのか、という話です。

…いや、もうこれ日記じゃないですね。夕方ぐらいからクシャミが止まらなかったし、風邪でも引いたのかも。支離滅裂ですが、許してくださいませませ。
スポンサーサイト

エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アイアムア…えーっと…ジャパニーズ | ホーム | 日曜日の夕方は(BlogPet)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。