のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

背に腹は代えられぬ

23日に「もしかしたら資料に目を通せないかもしれません。明日の朝には返事できるかもしれないけど、できなかったらごめんなさい」とメールが来たので、「24日は朝から外出してしまうんですが、7時半までには無理そうですか?」と返し、結局24日の午前3時頃に返事させてしまいました。悪女みきてぃです。

でも、悪女って美女でもあるようなイメージがあるのは私だけ…?

ちなみに、この外出の目的がアルバイトだったなんて、口が裂けてもその方には言えませんし、言いません。家族のためならまだしも、自分の利益追求のために、忙しい人を急かすなんて…ごめんなさい(>_<)

今日のバイトは東京ビッグサイトでのイベントのブース設営でした。中学高校時代のキャンプでのテントの設営ですらままならなかった私が、何をとち狂ったかそんなバイトをすることになりました。

待ち合わせ場所がなかなかわからず、代表の人に電話をしてもなかなかつながらず、ようやくつながって集合場所に着いたら、そこは男・男・男の群れでした。女の子も皆無ではなかったのですが、2割もいませんでした。さながら大学における工学部みたいな感じでしたよ。そこからチームごとに揃えば、現場に移動するという形をとっていました。

女の子には力仕事をさせない、という方針だったらしいのですが、正直他の女の子より勝っているのが力しかない(それすらない?)私に、その扱いは寧ろ酷でした。できる仕事がそんなにないんですもの。

仕事を始める前に「弁当ない人~?」と聞かれ、数人が手を挙げました。私も弁当はなかったのですが、そんなに昼にお腹が空きそうにもないし、ここで500円ぐらい使ってしまったら、今日バイトに来た意味がなくなる、と思って手を挙げずにいました。

すると、「君もないでしょ?」と訊かれました。私が「え…」とそわそわしていたら、「メット。ヘ・ル・メッ・ト」と説明されました。そこで漸く、最初訊いていたのが「メットない人~?」だったことに気づいた、超鈍い私です。

資材を運んでくると最初に、物見やぐらのようなものを作り出しました。「ブースにこんなものも置いちゃうのかぁ」と感心して、どんなブースができるのか想像までしてしまいました。後で気づいたことには、それはただの足場でした。

チームのリーダー、サブリーダー的な人たちはこういう作業に非常に慣れているらしく、てきぱきと作業をこなしていました。ほぼ初心者が私を含めて4名いたのですが、資材を渡したり足場を移動させたり、簡単な雑用ばかりやっていました。

どうでもいいですが、私の呼び名は「女の子」でした。チームに女の子は1人しかいないので、「女の子」で全員に通じてしまうのです。サブリーダーに「君は田中さんに付いて」と言われたので、田中さんのところへ行ったら、「俺に丸投げかよ」と田中さんがサブリーダーに言っていました(涙)。件のサブリーダーはそんな苦情は聞いていないようでした。

勤務時間が8時間となっていたので、結構しんどいのかと思っていましたが、私にできることが少なかったのと、多分チームの人数も多めだったので、実質作業時間は5時間もありませんでした。ただ、お昼の休憩が1時間近くあったり、資材を搬出するトラックがなかなか来なかったりしたので、結局予定より1時間前に終わったに過ぎないのですが。

それで日給9000円(交通費、安全保証費は含みますが)は保証されているようなので、早めに終わらせることができれば、おいしいバイトかもしれません。ただ、初めて来た人には要領は分からないし、特に不器用な私のような人間はやれる仕事が少なすぎるので、心苦しいというか居た堪れないと思うことはあるかもしれません…。

私はリールを受け渡ししたり、パネルを拭いたり、掃除機でちょこっとゴミを掃除したぐらいしかしていないのですが、本当に給料出るのかしら?「そんなんじゃ給料出せません」とか断られたらどうしよう。誰も私の働き具合について報告なんてしない気はしますが。

何はともあれ、東京ビッグサイトへの交通費がもっと安くなればいいのに、と思いました。昔、就職イベントのときもそう思ったなぁ。10分ぐらいしか乗車していないのに片道320円って、ぼったくりにしか思えないのですが。まったくー。
スポンサーサイト

お仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夢の海 | ホーム | 小沢健二に似てるって言われた…>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。