のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

炬燵必須

今日は12時からモスってました。土曜ですが、意外と昼が楽でした☆人が割といたからかもしれません。朝は9時過ぎに起きて、多めにご飯を食べました。朝食メニューは、ご飯、漬け物、焼き海苔、ハムとレタス、クラッカー8枚(チーズを添えて)、くるみ蒸しパン1つです。多めっていうか多いですね。昼食べないし~、と考えるといつの間にかバクバク食べています。体重はうなぎのぼり…ではありませんが、おばさんになってもこんな生活していたら、きっと目もあてられない姿になっている気がします。

一緒に12時からインした人と休憩がかぶったのですが、彼は休憩時間中小枝を一箱(4本×12袋)空けていました。私も少し分けてもらったんですがね。男の子でも最近は甘いもの好きであることを隠しませんね。昔の男の子が隠していたのか知りませんけど。ちなみに、小枝好きのバイトくんは19歳で、見た目がちょっとおじさんぽいです。でありながら、静電気で遊んでいる無邪気な少年でもあります。

パートさんに「来週の日曜日入れない?」と訊かれました。「いやー、ショートなら、4時間(休憩なし)までなら入ってもいいですけど」「5時間(30分休憩あり)じゃダメなの?」「あー、そうですね。5時間でもいいかもしれません」「じゃあ6時間(45分休憩あり)でもいいよね」「いやいや、それは無理です」
そして、明日までに連絡する旨を伝えた後。
「入るとしたら、何時まで入ればいいですか??」「おっ、気にしてくれてるのね」「えっ、いやっ、そういうわけでもないんですけど…」
パートさんが帰る間際。
「いいお返事待ってま~す♪」

はまりやすい自分を呪いたくなるかもしれない今日この頃。店長には、「頼りにされてるんだよー」みたいなことを言われたのですが、飲食店っていうのは忙しいと、まさに『ネコの手も借りたい』状態ですからね。ネコの手なら貸して差し上げますよ

店長にフロントは私に任せておけば大丈夫だよね、というお言葉を頂いたのですが、何となく物足りません。「私なんてただのお飾りですよ~、お飾りにもなってませんけど(笑)」と言うと、笑顔の出る人は貴重なんだよとのこと。と聞くと、「いーじゃん、そういう評価があって」となるかもしれません。まあ、実際その評価も甘めなんじゃないかな、と密かに思っていたりするわけですが、何て言うか、こう、

厨房やれてないとお給料変わらないんですよね~

時給上がっても当分10円増なので、そんなに変わらないと言えば変わらないのですが、…うーむ、別にいいのだろうか。時給アップ云々を別にしても、厨房やるの嫌いじゃないんですよね。誰も興味ないと思いますが(笑)、私は色々なところでサポートしているっていうのが楽しいです。あんまり何かの役割について、自分メインで集中的にやるのは向いていない気がします。厨房ばっかりやってると、フロントに出たくなるし、フロントでも楽しくやれてる気がします。逆にフロントばっかりやってると、厨房がやりたくて、厨房に入っていって仕事を求めています。

何だかんだ言って、店長という人は、バイトの適性なんて見抜いてるのかもしれないんですけどねー。だけど、私は自分の適性が接客にあるようには未だに思えません。厨房で余程使えないヤツなんじゃないか、とかちょっぴり疑心暗鬼(爆)。

で、自分なりに整理してみた結果、
厨房⇒技術さん、裏方
フロント⇒営業さん、店の顔
ってな感じになりました。でも、フロントで営業っぽいことの欠片もしてませんけどね、私は。ひとりでニヤニヤして、ボケツッコミして、たまに申し訳なさそうに謝ってるぐらいなもんです。店の顔はネコでもいいらしいです、モスは。いい店です。ありがとうにゃん

そういえば、今日ついにおばあちゃんに「ネコみたいやなぁ」と認めてもらえました(!?)。暖まってきたので動きたくないよぉ、と言っていたからです。ネコは今、布団にくるまりながらこの記事を書いています
スポンサーサイト

お仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Sakuraの俳句 | ホーム | ウケ狙いバトン>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。