のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

七転び八起き

今日の夜中、突然昔入っていたサークルの女の子からメールがきました。自分のことなんて多分忘れ去られてるんだろうなぁ、と思っていたのでとても驚きました。彼女とは割と電話したりメールしてたりしていたので、懐かしく思っていると2通目のメールがきて、電話してもいい?、と訊かれ、またまたビックリ。そのとき、テンションが低かったのでそれでもよければ、と返信すると、しばらくして本当に電話がかかってきました。本当に、って別に電話してこないんじゃないかとか疑ってたわけではないのですが。

で、真夜中パワポ作りの最中だったのにも関わらず、1時間ぐらい久々に長電話をしました。12月で執行部も終わっちゃうね~、という話をしながら、自分がもしサークルを続けていたなら、同じような感慨に浸れたのかなぁ、なんて。でも、多分それは第三者としての考えでしかなくて、実際続けていたらそれはそれでしがらみも面倒も色々あったんだろうな~、と。どうも傍観者の立場だと、いいとこしか見えてこなくて困ります。

辞めてから1年ぐらい経って、サークルの状況も随分変わったらしいです。特に変わった点と言えば、うちの学年の男子はほとんどが彼女持ちになったそうで。後輩には先輩ってカッコよく映るもののようですね。で、私と電話していたIちゃんが何かを言いたくてたまらなさそうだったので、促したところ、私と一時期何だか一悶着あった誰かも、1年生の女子大の子と付き合っているそうな。

それを聞いた私はものすごく安心し、とても開放的な気分になれました。変な表現ですかね??事情を知っている人には、わかってもらえるんじゃないでしょうか。きっと。知らない人は、流してね☆

話していると、何だかちょっと楽しくなってきていました。なぜかIちゃんの彼氏とも喋ったりとかね。何で夜中に一緒にいるんだ、なーんて野暮なツッコミはしません。大人ですから(恥)

一緒にやってたらもっと楽しかったのにね~、なんて言われて、変な気持ちでした。そんなに自分のポジションなんてなかったと思っていたし、雰囲気という観点から言うと、ぶっちゃけ私はいない方がやりやすいんじゃなかろうか、なんて思っていたので。まあ、電話をしている時点で十分不思議な気持ちだったんですけどね。

で、会話中、私はタフだとかいう話になり、「えー、ナイーブだよ~」と言ったら、「え、ナイーブだったっけ(笑)」と言われてしまいました。前のセミナーでも、「結構ズブいでしょ」と言われたり、今日も「長生きしそう、タフだし」「あんまり深く悩まなさそう」と攻撃されたり(笑)。ナイーブっていうのは虚偽にしても、そんなに精神面で強くもないんだけどなぁ。うーん、でも開き直りの速度は速いかもしれない。

この話のどこら辺が人生について語っているのか不審に思う方がいるかもしれません。私もその1人です。何だそれは。でも、人生カテの記事が増えなくてね。切実なのです。なんちゃって。
スポンサーサイト

人生 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<実験、実験、楽しいな | ホーム | Sakuraの俳句>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。