のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

献血で貧血

初めて献血というものをしました。大学に献血車が来ていたので、前々からしたいと思っていたし、やってみようと。お昼時だったので、12時前に行った私が一番乗りでした。

朝ご飯が早く、昼ご飯も食べていないと言ったら、チョコドーナツを食べさせられました。と言っても、好きなので苦ではないですが。実験が後に控えていたので、「さっさと食べ終えねば」とばかりに詰め込んだら、お腹に空気が溜まったのか、後でお腹の具合が変になりました。

昼食がまだで、献血も初体験だからということで、本人は400ml提供する気満々だったのですが、200mlしか採血されませんでした。採血の間、看護師のお姉さんとずっと話していたのですが、割と今時な感じのお姉さんが司馬遼太郎が好きということで、意外に感じました。司馬に興味を抱けず作品も全く読んでいない私が、文学部だと自分の所属を明らかにするのは、少し恥ずかしかったです…。

お姉さんは週刊文春の愛読者で、土屋教授のコーナーが面白いということで、意見が一致しました。初対面の人と共通の盛り上がれる話題が見つかると、何だか嬉しいものですね。それにしても、看護師という職業も大変だなぁ、と思いました。ある程度の医療技術を習得しなければならない上に、人とのコミュニケーションも大切にしなければならないんだと。お姉さんを見ていて、そう感じました。

世の中は自分と付き合いやすい人ばかりではないですからね~。

卒論に関して。実験ですが、今日は2人の被験者さんに協力してもらえました。ゼミの後輩ですが。後輩だと思って馴れ馴れしくタメ口で喋っていたら、年齢的には相手が年上だということを知って、急に丁寧語口調になったり。こちらが頼んで被験者になってもらっているのに、何でだか被験者さんの方が礼儀正しく挙動不審になってしまったり。先輩って何ぞや。

そうそう。今日は卒業式の衣装のレンタルの予約もしに行きました。衣装は家でおばあちゃんが決めていたので、展示予約会ではあったものの、あまり試着の意味もなくあっさり決まってしまいました。

予約金が5000円と書いてあって、「今日5000円もあったかなぁ」と不安に思っていたのですが、受付のおばちゃんが「1000円でも結構です」と仰ったので、少し安心。財布の中を覗いてみたら案の定3000円しか入っておらず、「これは全額出すべきか否か」で躊躇していたら、おばちゃんが再び「1000円でも大丈夫ですよ」と仰るので、1000円出して事なきを得ました(笑)。

卒論だとか卒業式だとか…何だろう、この目まぐるしさは。
スポンサーサイト

エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<寒い夜だから | ホーム | 再来年結婚します>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。