のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

得意な料理はスクランブルエッグだし…

起床時刻7時過ぎ。日曜ぐらい寝かせてください…と言っても、私が勝手に起きてしまったのですが。

今日は待ちに待っていた簿記の試験があったのです…冗談です。もっと本当は時間が欲しかった…じゃあ2月に受けろという話なのですが、「きっと2月は卒業旅行などで忙しいに違いない(友達がいれば)」と思ったので、11月に受けることにしたのでした。

私はテスト当日に勉強するのが嫌いなので、今日は見直しをするぐらいだと考えていたのですが、それでも早起きしてしまいました。

久し振りに井の頭線を使って明大前に行きました。「帰りの切符は今のうちにお求め下さい」と駅員さんたちが声高にアナウンスしていたので、「今日は何のイベントがあるのかしら」と思っていました。後で知るのですが、簿記の試験って人が殺到するものなんですね。午後は2級だけだったのにも関わらず。

後ろを歩く大学4年生と思しき男子2人が喋っていたのですが、1人は「1週間で勉強しようと思ったら無理だった」と言っていました。そうすると相手の方が「2週間あれば必死でやれば何とかなるけどさ~」と答えていて、私は「喋り方はアホっぽくてもみんな凄いんだなー」と思いました。ちなみに、私は始めたのが2ヶ月ぐらい前でした。それでも足りないと思ったのですが、そんなの私ぐらいなのかな。

試験は電卓持ち込み可なのですが、いつも使用している関数電卓ではない、加減乗除ぐらいしか出来ないような小さい電卓を持っていきました。すると、加減乗除も出来ませんでした。何故かというと、9が入力出来なかったからです。

電卓も縁起の悪い数字は嫌いなんでしょうかね(笑)

…なんて言っている場合でもなく、仕方が無いので自分で計算していました。最後の方で「9,000=10,000-1,000」のようにして計算すればいいことに気づき、辛うじて10個、20個の数字の足し算からは逃れることが出来たのでした。それにしても、一瞬焦りましたよ。

試験終了後、門のところで解答速報をWセミナーが配っていました。が、受け取りませんでした。だって、今終わって安心しているところに、わざわざ「あ、違う…」っていうショックを受けたくなくて。見ようが見まいが、私の誤答が直るわけでもないのですがね。そんな風景を見ていると、大学入試のときを思い出しました。あのときも、解答速報は悉く受け取らなかったなぁ。

合格していれば嬉しいですが、この間頭のいいと思っていた人が漢検2級を計3回受けた話をしていたので、不合格でもめげずにいようと思います。人には得意分野があるのさ!

私にはないのさ!(救いようがないぢゃないか)
スポンサーサイト

お勉強 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<毎日充電期間 | ホーム | 寒い夜だから>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。