のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

酒飲みアリス

図書館にて。論文は一通り読めましたが、まだよく理解できていません。これから理解できるのかと言えば、それも自信はありません。とりあえず、休憩です。

そういえば、姉が来たときのことを書こうとずっと思っていたのに、忙しかったのか面倒だったのか、書いていませんでした。

姉が上京してきた翌日は、雨でした。心なしか風もきつかったように思います。この日は六本木ヒルズに行きました。私は定期券で六本木に降りられるくせに、1、2度しか立ち寄ったことがありませんでした。しかも食べ物屋でウィンドウショッピング。そんな女子大生いるんだろうか。ひもじい子みたいだ。

六本木ヒルズは意外と見るものがなく、展望台と美術館に行きました。あと、福山雅治展みたいなのもありました。2人とも福山雅治の芸術には特に興味がなかったので、そちらには行きませんでした。というか、美術館だけの入館チケットがなくて、展望台も利用できるというチケットしか販売されていませんでした。「そんなに美術館つまんないのかなぁ」と少々不安になりました。

美術館では、大きなスクリーンを使って動画を映す、前衛的な芸術作品のオンパレードでした。モチーフは人なので、見て何が描かれている(映っている)のか分からない、ということはなかったのですが、何が言いたいのかは全然分かりませんでした。部屋の前に解説があったのですが、読んでも頭が整理されず、混乱する一方でした。

テーマが暗く重く、天気と同じようにどんよりした気分にさせられました。1番分からなかったのが、1分の映像を81分に引き延ばすというような、一瞬の映像をスローで長時間にわたって上映するという手法。最初はコンセプトがよく分からなかったので、じーっと眺めていたのですが、そのうち辛抱できなくなってきて、最後の方はつまみ食いのように鑑賞していました。

各作品を最後まで見れば、1日つぶせる気はしますが、そんなに見ている人っているのでしょうか。とりあえず、自分には前衛芸術が理解できないということだけ、痛いほど分かりました。だからといって、歌舞伎や浮世絵が分かるっていうこともありませんが。

で、展望台に行ったのですが、雨と風のせいで外は白く霞んでいて、何も見えませんでした。辛うじて見えたのは、展望台の外壁ぐらいです。見晴らしのよいときの写真パネルが壁に飾ってあったので、姉が「この前で写真撮ろっか」と言っていました。

この日、夕食に叔父といとことイタリア料理を食べにいくことになっていたので、昼食は遅くなったし軽食で済ませよう、という雰囲気が2人の間に漂っていました。が、カフェは混雑していて座れそうになかったので、ファミレスのように和洋中の料理が揃っていて、ケーキもあった食べ物屋に入りました。

ところが、ランチタイムだったせいか、ランチセットしかメニューにないのです。ケーキも店の外にあったメニューには何種類か載っていたのに、抹茶のシフォンケーキしかありませんでした。いや、嫌いじゃないけどさ。結局、迷いに迷って抹茶のシフォンケーキにしたかもしれないけどさ。もうちょっと選ぶ余地が欲しかったよ。しかも、ランチセットのデザートとしてしか頼めないし。

で、チャーハンを食べました。姉は酢豚を食べていましたが、ご飯の盛り方が学生食堂で男の子用に盛られたかのような勢いでした。私はチャーハン完食。姉はあまり食欲がなかったらしく、残していました。このあたりから、体重増量につながっていったのかもしれません。でも、滅多に食べられない美味しいものは、食べられるときに食べておかなきゃ!!…やっぱりひもじい子みたいだ。

その後、テレビ朝日に行ってグッズを見ていました。ドラえもん型の容器に入ったシャンプーを見て、幼き日の私を思い出しました。私のはにこにこぷんのキャラクターの容器だった気がしますが。確かリンゴの匂いとかついてたんじゃないかなぁ。姉がハート形の目をしたドラえもんのマスコットを見て、「めっちゃ可愛い」とはしゃいでいました。若いなぁ。27歳。

服に関して言えば、ブランド格差が激しく大きかったです。高級ブランドはセール中でも手が出ないような値段をつけているのに、一方で安価な量販店があったり。ちなみに、六本木でも繁盛していたのは後者でした。ちなみにこの日、革製のコートが高いということを学びました。寒さは防げるかもしれないけど、重いです。着るだけで肩が凝りそうな。でも、普通の可愛いコートと比べて、1ケタ値段が違ったり。私は普通の可愛いコートでいいです。

夕暮れになると雨が止んで、東京タワーが綺麗にライトアップされていました。2007という数字が強調されたライトアップで、姉が最近購入したというデジカメで撮影を試みていました。その間も風はまだきつめに吹いていて、マフラーが外れそうになるので、私は風に「もうっ」と怒っていました。

帰ってしばらくしてから、叔父たちと家の近くにあるイタリア料理屋さんに入ったのですが、前菜から濃厚な感じで、とても美味しかったです。パンもお替わりしたし、デザートはアイスケーキを選んで「アイスケーキ初めて食べたー」とひっそり感激していました。私は無感動なのではなく、密やかに感動する人間なのです…と、誰にでもなく言い訳。

珍しく白ワインを飲みまくって、帰宅したら姉に「アルコール臭い」と言われました。自分でも臭いと思いました。そして、遠慮するでもなく姉の膝を枕にして、絡んでいたのでした。妹が酒飲みだと、あんまり心温まるシチュエーションでもないですねぇ。
スポンサーサイト

エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<きょうSakuraは(BlogPet) | ホーム | いつの間にか隣にF…>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。