のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ひとりメッセ

君が何とかしてこの記事を読んでくれると嬉しいんだけど。

今日久し振りに君に会いに行った。
スーツを着たのも久し振りだった。
こういうイベントでの要領がよくわからなくて、
おばあちゃんに色々手伝ってもらいながら用意したよ。
黒い鞄はあっても大きすぎたり小さすぎたり。
ハンカチタオルは沢山あっても、いわゆるハンカチはなかったり。
何も準備できてなかった。



君に会う前に読み返していた。
君とのメールや君とのメッセ記録。
他愛もないやりとりに思わず笑っちゃったり。
あんなことも言ってたな、って思い出したり。
今になって思い返すと、
君にやってあげたことなんてほんの少ししかなくて、
君にやってもらったことがありすぎる気がする。

先月誕生日だったからメール送ったよね。
「4年になって会うこともめっきり減っちゃったけど、
楽しい時間をいっぱい過ごせました」
「これからも仲良くしてね」
そう書いたら、君は返事をくれた。
「最近あまり会わないのは2人が違ってきたからじゃないかな」
「巣立ちってやつですね」
その後に冗談めかして「さらば~」なんて書いてあったけど。

卒業とか就職とかそういう理由じゃなくて、
君ともうずっと会えない気がして不安になった。
だけど、「また会うこともあるでしょう」ってあったから、
きっとその不安は余計なものなんだって思い込んだ。



横浜へは何度か遊びに行ったことがあるよ。
だけど、こんなに泣きたい気持ちで横浜の方に向かうのは初めて。
もう花粉が飛んでる季節だから、
そのせいで目が潤んでると思われていればいいんだけど。
本当は花粉症じゃないんだけどね。



君のいる会場は思ったより小さくて、
みんなと同じように遺影も棺も見えない場所に立っていた。
だけど、同じ場所にいると思うからなのかな。
家ではどうしようもなくボロボロ涙が出たり。
外に出てもひとりだと目がウルウルしたり。
そんなだったのに。
会場では泣きたくても泣けなかった。

儀式ってやっぱり形式的なものなんだね。
色々気持ちをこめようと思っても、
形式に則るので精一杯だった。
終わってホッとして鞄を置きっぱなしにしていきそうになったよ。
相変わらず間が抜けてるでしょ。

もしかしたら無理かな、って思ってたけど、
君の顔を見られてよかったよ。
綺麗で穏やかで心持ち微笑んでいるようだった。
きっと君には心残り無かったんだよね。
この結末に私は心から納得することは出来ないけど、
君の顔を見て少し安心したよ。



君とはそんなに長い時間を過ごしていないはずなのに、
私にとって君はとても印象的な存在だった。
君は私と似たもの同士なんて言ってたけど、そのせいかな。
私は君ほど優しかったり神経細やかだったりしないと思うけど。



君ともっと話したかった。
君ともっと話せばよかった。
ごめんね。



今までありがとう。
スポンサーサイト

エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<きのうSakuraが(BlogPet) | ホーム | 3月のはじめに>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。