のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

適当すぎるレビュー

何のために働くのか 何のために働くのか
北尾 吉孝 (2007/03)
致知出版社

この商品の詳細を見る


まだ研修中の身ですが(だからこそ?)、会長からこの本を頂きました。読みやすい本なので、あっという間に読めました。

内容的にはごもっともです。若干宗教チックな気もしましたが、自分なりの信念とか信条とかいうものは、そんな側面もあるのかなと思います。そういうのが確立されていない人間にとっては。

金とか地位とかいう外部の要因に左右されないような、自分の芯が確立されると楽だよね、っていう話です。楽をしろということではないのですが、無意味な辛さを味わうことはないでしょう、という。

あと、松下幸之助は凄い人だったんだな、と。
スポンサーサイト

お勉強 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<駄々大人 | ホーム | Somebody...>>

コメント

今の仕事が自分の天職だと思って、
楽しむことができればいいなぁ。
2007-04-06 Fri 20:37 | URL | たつか [ 編集 ]
人は回りまわったとしても、
結局たどりつくところは同じなんじゃないか、
っていう話もあるねー。

とりあえず頑張れ~v-238
また時間あるときには近況報告とか聞けるといいな。
2007-04-06 Fri 22:18 | URL | miki [ 編集 ]
波頭亮著『プロフェッショナル原論』(ちくま新書)とかが個人的には面白いと思いました。
2007-04-07 Sat 14:42 | URL | F岡Y一郎 [ 編集 ]
F岡くんはプロフェッショナルになりたいんだよね!
そうか、機会があったら読んでみますv-218
2007-04-07 Sat 17:41 | URL | miki [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。