のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

私の頭の中のめでたさ

今日は大学時代の友人がファンである某バンドのライブに行ってきました。まあ、隠さなくてもいっか。スムルースっていう男性4人組のバンドです。

何故行くことになったのかというと、昨年忘年会を兼ねて行われた同窓会にて、私の脱ひきこもり計画の一環として打ち出された企画だったのです…いや、そんな話は初めて聞いたって言われるかなwそしたら、何と外は雪ではないか!!This is my trial.

正直そんなに期待値は高くありませんでした。だってあんまりよく知らないし、メンバーもイケイケな人たちばかりだったら共感できないだろうし、場所は日曜夜の渋谷だし。しかも、もう1人一緒に来た友人が「この間は全然ついていけなくってさ。周りは踊ってるし」…踊ってる!?いや、無理でしょ、初めてだし!!

でもね。これが意外とよかったんです。

踊るのが1番のネックだったわけですが(笑)、周りに合わせて腕動かしたり体をリズムに合わせて揺らしたりしていれば、何でもありませんでした。前回行ったB'zのライブとさほど変わらなかった感じ(あれ以来行ってなかったのかと突っ込まれそうですね)。

メンバーの人たちは素朴な感じでよかったです。これが意外でした。何でも京都の大学で結成されたそうで、ボーカルのMCの言葉とノリが関西人だったのが、非常によかったです。勿論、生演奏も素晴らしかったのですが、MCも笑いがあったりしんみりしたりで、エキサイティングでした。

開演前、半袖Tシャツを着ている友人を見て、「どんだけ熱くなるつもりなんだろう!?」と思っていましたが、いやぁ、本当に暑くなりました。来るときは凍えそうだったのに。

その彼が「俺が支えてやらないと、ホントいつバンドが無くなるかわからないから」と言っているのを聞いて、私にも「俺が支えてやらないと」と言ってくれる人が現れないかしら、とこっそり思ったのでした。めでたしめでたし。
それにしてもまだ、耳に膜が張られたような微妙な聞こえ具合の違和感があります。明日、電話で話を聞き返しすぎて怒られたらどうしよう(汗)
スポンサーサイト
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<溢れちゃう…BE IN JOB | ホーム | 紹介(BlogPet)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。