のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Liar! Liar!

昨日、映画『クライマーズ・ハイ』を観に行きました。主人公役の堤真一は素敵でした。実は昔、演技しているところを見て、男前だなーと惚れ惚れしたことがあります。でも、広告か何かで見たときにイマイチに見えて、それ以降関心はなかったのですが、今回やっぱり格好いいなーと思いました。動いている堤真一が好き…なのかもしれないです。(何故ぼかしたのだろう)

この映画を見る前に、「これ原作1回読んだと思うんだけど、全然思い出せないんだよねー」と(何故か)得意げに語っていた私ですが、最後まで見終わって「やっぱり読んでないのかも」と思いました。どのシーンにも心当たりがなかったのです。東野圭吾の作品を途中まで読んで、「これ読んだことあった!」と気づくことはありましたが、ここまで来ると重症のような気がします。

映画ですが、観客は思ったより少なく、前の方はがら空きでした。内容は躍動感がある…というと違うかもしれませんが、単調な感じではなく、飽きさせない映画だったと思います。個人的にタンクトップを着ているおじさんの飄々とした感じがすごく気に入りました。ストーリーにあんまり影響及ぼしてない役ですけど。でも、そのおじさんと主人公がやりとりしている場面で、思いっきり涙が流れてしまった私です。

あと堺雅人が内村光良に見えて仕方がなかったです。

『クライマーズ・ハイ』は御巣鷹山の話ですが、山崎豊子も御巣鷹山の事故を絡めて日本航空を舞台にした話を書いていて、それは全部読んだのですが、タイトルを『大地の子』と誤って記憶していました。本当は『沈まぬ太陽』でした。『大地の子』のモデルは確かに新日鉄でした。お詫びして訂正いたします。…ってここで曝す必要ないのだけどね。
スポンサーサイト

エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<訂正(BlogPet) | ホーム | ご飯と鮭フレーク(BlogPet)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。