のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

夏休みの工作は嫌いだった

村上春樹の『1Q84』。この間、上巻を読み終えてそのまま中断していたのですが、日曜日の午後から下巻を読み始めました。あと3分の1ぐらい残っていますが、ストーリーの絡み方はある程度予想されたものだったと思います。

とりあえず、今のところ上巻の方が面白かったように思えてなりません。いや、面白さは変わらないかもしれないのですが、下巻においても抽象的な真相は明らかになるが、劇的に何かが解明されるわけでもなく、っていうのは読者の理解能力のせいかもしれませんが、個人的に「ふーん」で終わってしまいそう…おこちゃまだから、童話ぐらいはっきりした話でないと難しいのか。

唯一「そうか、なるほど」って思ったのは、作品中の言葉なのですが、説明されないとわからないものは、どれだけ説明されてもわからない、という意味の台詞。まさに、それが私のこの作品への感想かも。まさか、村上春樹はこの言葉で逃げたのか!?…なんてことはないでしょうけど。

最近、ニコニコ動画で1日1回はマイケルジャクソンの歌を聴いている気がします。PV見ようと思えるのは、この人ぐらいですね。メジャーな人のメジャーな曲しか知らないせいかもしれませんが、PVに見入ることってなかったのです。ちなみに、大昔、私の姉はマイケルを生で見たことがあるということです。でも、そのときは特にすごいとも何とも思わなかったんだとか。私もマイケルジャクソンは有名なマイケルのうちの1人ぐらいしか思ってませんでしたからね、亡くなるまで。現金なものだ。

土曜は経堂まで髪を切りに行ってきましたが、ちょうどお祭りの日で、出店がいっぱい出ていたり、神輿?太鼓?の行列が通って行ったりと、かなり賑やかでした。夏ですねぇ。
スポンサーサイト

エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<部門(BlogPet) | ホーム | はじめてのおなやみ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。