のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

あなたのjobは大丈夫?

最近は本ばかり読んでおりました。と言っても読みやすい本ばかりなので、私の知り合いの方々に推薦できるものもないのですが(みんな読書家なんですもの)。


グロテスクグロテスク
(2003/06/27)
桐野 夏生

商品詳細を見る

「何か面白そうだと思って」
「それ面白いよ」
「私、桐野夏生って東電OLをモデルにした小説しか読んだことなくて」
「それ、そうじゃないの?」
「え、そうなの!?」
というわけで、1回読んだことありました。1回目は、登場人物の感情・思考面で三島由紀夫の『金閣寺』並に理解できないと思っていました。今回は、小説の展開に沿って各登場人物のように感じたり思ったりすることはないとは思いますが、部分的にこういう悪意を持つ人はいなくはないことや、自分自身も同じような対応しかねないかもというところで、まったく理解できない、というところからは脱したように思います。いいか悪いかわかりませんが。


OUT 上  講談社文庫 き 32-3OUT 上 講談社文庫 き 32-3
(2002/06/14)
桐野 夏生

商品詳細を見る


OUT 下  講談社文庫 き 32-4OUT 下 講談社文庫 き 32-4
(2002/06/14)
桐野 夏生

商品詳細を見る

一時期話題になっていたように思ったのと、あらすじが面白そうだったので。ごく平凡な幸せな家庭というものはまったく描かれておらず、寧ろ「ごく平凡な幸せな家庭」は非凡だと思われます。随所に「早く逃げてー」「その人にそんなこと言っちゃダメ~」とハラハラする場面が。でも、主人公?というのか、主婦グループの中の仕切っている人物は一貫してしっかりしていて、カッコよく見えます。途中で登場する元殺人犯の快楽への感覚が気違いじみてて、これだけは理解不能。


魔球 (講談社文庫)魔球 (講談社文庫)
(1991/06/04)
東野 圭吾

商品詳細を見る

不覚にも読み終えて泣きそうになってしまいました。絶対そんな展開ないわーーと思うのですが、何故か感情移入させる東野作品。何かの本のあとがきで、大学での専攻は理系だったが、自分は似非理系だった、というようなことを書いていて、その気持ちは自分にもわかると思っていましたが、私にはこんな小説書けません。残念。


霧が晴れた時 (角川ホラー文庫―自選恐怖小説集)霧が晴れた時 (角川ホラー文庫―自選恐怖小説集)
(1993/07)
小松 左京

商品詳細を見る

星新一作品は中学時代にはまって本を買いあさって飽きるほど読んでいました。エッセイも読みやすかったので、繰り返し読んだものですが、彼の友人の小松左京の本はまったく読んだことがありませんでした。夏も近いし、怖い話読みたいなと思って、目に入ったので借りました。作品の中で登場人物に「SF小説なんてくだらないものを読んでいるから…」みたいなことを言わせていて、なかなか面白い人のように思いました。全体的には、世にも奇妙な物語を高尚にした感じの仕上がり(?)。心霊話というようなのとは、また違います。個人的には、『すぐそこ』『影が重なる時』『逃ける』が気に入りました。


そうだったのか! 中国 (集英社文庫)そうだったのか! 中国 (集英社文庫)
(2010/03/19)
池上 彰

商品詳細を見る


そうだったのか! 日本現代史 (集英社文庫)そうだったのか! 日本現代史 (集英社文庫)
(2008/12/16)
池上 彰

商品詳細を見る


そうだったのか! アメリカ (集英社文庫)そうだったのか! アメリカ (集英社文庫)
(2009/06/26)
池上 彰

商品詳細を見る

噂の『そうだったのか!~』シリーズ。面白いのですが、つくづく私はカタカナ人名・地名に弱いんだなと思わされました。いや、そもそも誰が味方で誰が敵だったのかとかも把握しきれなくて、中国人の漢字人名・地名も苦しかったです。人物相関図とかあった方がわかりやすいかも。

今日は用があったので船橋まで行ってきましたが、帰りに見知らぬおばちゃんに声を掛けられました。よく街頭でやっている怪しいアンケートかと思ったのですが、どうやら違ったようで。
「お仕事中ですか?」
と訊かれ、Tシャツにサンダルで自分の心すら誤摩化せるような格好ではなかったので、
「いえ」
と答えたら、更に
「おいくつなんですか?」
と訊かれ、もう若くないからという理由ではないのですが、怪しく思ってしまったのでとりあえず笑って答えないでおいたら、
「お若いですもんねー」
と。何も言うてへんやん。
「一緒にお仕事ができたらと思いまして」
と言われ、おばちゃんであることとわざわざ勧誘という形をとっている(とらざるを得ない?)ことから、何となく保険の営業かなと思ったのですが、どちらにしても話を聞く気がなかったので、
「大丈夫です(ニコ」
と答えたら、それ以上は追われませんでした。まあ、大丈夫ではないんですけど。
スポンサーサイト

エトセトラ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<代表(BlogPet) | ホーム | 会話視聴したいです(BlogPet)>>

コメント

アルカイックな微笑み、という言葉を思い出しました。
2010-07-06 Tue 22:25 | URL | aki [ 編集 ]
NIGHT OF FIREを思い出します。小力も踊ってたけど。
http://www.youtube.com/watch?v=gW1GWH1XVFo&feature=related
2010-07-07 Wed 22:09 | URL | miki [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。