のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

秋の日の2010 その2

今更ですが、9月末の週末のことでも書こうと思います。

久々に縮毛矯正に美容院に行ってきました。およそ1年近くぶりだったでしょうか。案外縮毛矯正なんてかけなくても大丈夫なのではないかと思っていたのですが、もう既に髪の膨らみ方は半端でなくなっており、耐えきれなくなっていたのです。それにお金がかかるので、行かないで済むなら行かない方がいいと思い、結婚後は何と夫に髪を切らせていました!髪の量が多いように思ったので、梳ばさみを買ってスイスイ切ってもらったら、「1人分の髪が減ったよ!」と言うので、下に落ちた毛を見ながら、だいぶすっきりしたなぁと思って鏡を見たら…何だか髪がばらっばらな気がするーーー!

それ以来、髪がばらっばらなのが気になり、「何かばらっばらじゃない?」と言い続けていたら、akiさんもムッとしだすし(当たり前ですが)、「じゃあもう美容院行くしかないよ」と言われ、「でも、こんなんじゃ美容院にも行けないもん」とブーブー文句を垂れるという、どうしようもない循環。とりあえず結婚式が秋にあるから、それまでに髪をのばして増やして整えてもらうことにしたのでした。

その日は雨が降っていたので湿度が高く、美容院に着いた頃には髪が葉加瀬太郎のようになっておりました。ということに、鏡の前に座らされてから気付いたのですが、もう視線をどこへ向けていいのやら…とても鏡の中の偽葉加瀬を見ていられなかったものですから。美容師の方は男性だったのですが、要望だけとりまとめて淡々と作業をこなしていらっしゃいました。何故これで吹き出さずに済むのだろうと、感嘆したものです。あとでakiさんにそう報告したら、「そりゃそうでしょう」と言っていましたが、バイト中のバイト同士の会話を引きずって、(全く非のない)お客さんの前で爆笑してしまった過去を持つ私としては、目の前に対象があるのに笑わずに済むとは、何というプロ根性と思ったのでありました。

担当の美容師の方とは、大して話す必要がなかったので、思ったより楽に過ごせました。一瞬、苗字のことが話題になって「珍しい苗字ですよね?日本の方ですか?」と訊かれました。漢字の表記を見ても日本人とは思いがたいほどの苗字であろうかと思いつつ、「はい、日本人です」と外国語の教科書に出てきそうな答え方をする私。なかなか聞き取ってもらえないんですよね、というお決まりの話のあと、「でも、病院とかでは迷わなくて済むんで」と言うと、“山田”さんは確かにそうだと同意しておられました。

無事に縮毛矯正が終わり、カットはほとんど長さを変えない方針だったので、ささっと切って終わりでした。「もうこれ以上髪を減らすと、すっかすかになっちゃうんで」と、美容師さんは『すっかすか』という単語を3回ぐらい使っていたような気がします。気にしてたのに…でも、あんまりあっけらかんと言うので、ちょっと笑いそうになりました。

その他、結婚式の二次会の打ち合わせがありました。賞品を決めるのに、自分だったら何が欲しいかを基に意見を出すことになり、マッサージ器と商品券という主婦臭いものを提案する私。マッサージ器はウケがよかったのですが、「具体的にどういうもの?」と訊かれ、「いや…別に」と言ってしまったので、「適当かい」というノリになって終了してしまいました。本当に欲しいのは、マッサージチェアなんですけどね。そんなに羽振りのいい二次会ではないのです。

そういえば、最後に全員に配るミニギフトみたいなのを買うことになったのですが、まだ候補が絞れていません。個人的には、美味しいお菓子なら何でも嬉しいなぁ、と思ってはいますが。

茶色の薄い毛布を頭から被って寝ている夫を見て、チョコレートを連想する朝。
スポンサーサイト

エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<HUMAN WOMAN | ホーム | 秋の日の2010(BlogPet)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。