のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

主観的東西南北

金曜日はMちゃんとMちゃんとakiさんと私の4人で飲み会でした。akiさんと私は八丁堀駅で待ち合わせたのですが、この駅は名前の地味さの割には出口が多くて方向音痴の私にはちょっと複雑です。前日にどこで待ち合わせるかという話になり、akiさんは「北と南に改札があるから」と説明を始めました。北口と南口があるのかと思ったら、そういう名称があるわけでもないらしい。「北とか南とか言われてもわかんない(ー_ー)」と反抗したら、「銀座方向と茅場町方向でいうと」と言われたので、「それもわかんないもん(ー_ー)」と反射的に口ごたえ。でも、よく考えたらわかりやすい説明でした。方向や方角という言葉にはアレルギーがある私なのです。

土曜日もakiさんと運動がてらモスバーガーまで。意識的にでも体を動かさないと健康によくないと思い、お散歩コースを教えてもらいました。途中何箇所かで割と大きいクモの巣(“大きい”は“クモ”にも“巣”にもかかっています)を見かけたのですが、去年まではあまり見かけなかったのに今年は至るところで見かけます。千葉県だけでしょうか。ムクドリの大量飛来は去年と変わりません。

帰りは行きとは別のルートを通ったのですが、途中で「今、東から西へ進んでいる」とakiさん。一方、私は「え、そうなの!?何か全然東西方向に移動している感じがしない」と主張。「私が進んでいる方向は常に南北方向のような気がする」と言ってから、はたと気づいたのです。私にとって、北は自分の正面であり、南は自分の背面であり、東方向・西方向とは自分から見た右方向・左方向であるということに。それまで正面を見て歩いていた私は90°体の向きを変えてカニ歩きを始めると、まさにEureka!「…これだと東から西に歩いてる感じがする!」傍から見ると、きっと変な夫婦だったでしょう。いえ、変な女だったでしょう。夫を巻き込むのはよくない。

ここまでの文章からは読み取れませんが、物理的にも精神的にも方位磁石として私から期待されるakiさん(ただし、クモは苦手)です。
スポンサーサイト

エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<善良な人たちに囲まれて幸せな私の話 | ホーム | 悲喜交交>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。