のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

人生とは膨大なネタ帳である

近頃、ボケ(⇔ツッコミ)だと言われることの多い私ですが、高校時代まではそんなことをあまり言われた記憶がありません。現にこの間会った私の旦那さまも「ボケもツッコミもどっちもやってた気が…」みたいなことを言っていたので、多分どっちもできるんだと思います。では、何故この歳になってボケと言われるようになってしまったのでしょうか。

このことに関して今日気づいた事実。それはあくまで私の傾向としてなのですが、

いいボケにはツッコむしかない
微妙なボケにはボケるしかない

ということです。いいボケはそれ以上にボケようがないのです。ゆえにツッコまざるを得ません。ところが、ボケ具合が微妙だと、自分がツッコむと妙な空気になってしまう可能性があります。妙な空気にするよりは、それ以上にボケてみんなにうまくツッコんでもらった方がいいのです、多分。いいボケに対するいいツッコミ。これこそが笑いの理想形態だと言えます。

とまあ、偉そうに書いてみたものの、よくよく考えればいかなるボケに対してもツッコめるわけではない私は、ツッコミとしてはいい相方でないことは確かです。すると、ボケに回らざるを得ないですね。

結局のところ、私はボケみたいでした。おしまい。
スポンサーサイト

人生 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<スマイルは大事 | ホーム | 他山の石>>

コメント

もっとボケを磨いて出直してきますm(_ _)m
関係ないけど微妙なツッコミってあるんかな。あったとしたら微妙なボケに対してと同じことが言えるかも。ツッコミ返すしかないみたいな。
2006-01-07 Sat 11:24 | URL | ふく [ 編集 ]
あれ、もう十分磨いたんだとばかり思ってたよ。
磨きすぎてなくならないようにね(←微妙なボケ)!
微妙なツッコミねー。あるかも(>_<)
ツッコミって実は難しいって誰かが言ってたし。
ってかこの記事でコメントもらえると思ってなかった、ありがとー(笑)
2006-01-08 Sun 00:13 | URL | miki [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。