のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

気づけばトンネルの中

私は冬生まれで根っからの冬支持者でした。夏生まれの夏支持者、Tちゃんとはよく対立しました。まあ、大した対立ではありませんが。冬は着こめば寒さをしのげるけど、夏はどんなに脱いでも素っ裸になっても暑いではないか、というのが夏を支持できない主な理由でした。つまらない理由です。Tちゃんが何と反論していたのか、あまり覚えていません。多分、あんな寒いのやってられるか、という理由だったように思うのですが。勿論、もう少し言葉は綺麗ですけど。

いやー、こんなに寒いのは確かにやってられません。この冬。ヨーロッパでも大寒波だそうですし、1年前はヨーロッパに行っていましたが、もし今年だったらどうなっていたことやら。家の中でも暖房をつけていない部屋や廊下では、寒さが身にしみます。それに加えて明るい時間が短すぎる。冬至のときより朝明るくなるのはだいぶ早くなったし、夜暗くなるのもだいぶ遅くなりましたが、それでも暗い。暗いったら暗い。

今日は雨だから尚更気が滅入ります。昔は雨の日が大好きでした。運動場やプールで授業を受けるのが苦痛だったからです。晴れた日はズル休みもしました。でも、中学・高校は体育のズル休みなんてなかったかも。今思い返すと、私が一番大胆に狡猾だったのは小学校高学年のときだったように思います。今も狡猾。でも、頭の悪さがそれを上回っている感じ。おほほ。

こんな日に気分の落ち込んだ誰かを励ますなんて至難の業です。「とりあえず散歩でもしてみない?」と提案することもできない。寒いし、足下悪いし。かと言って家に篭るのも、気分が塞ぐし…うーむ。

春を待ち遠しく思ったのは、今まで生きてきた中で初めてかもしれません。
スポンサーサイト

エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<皆知らず | ホーム | 私見~自分一人の意見~>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。