のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

私バカよね

年賀状がだいぶ返ってきました…っていうのは、お返事というか自分の出した人からはきたということです。決して引っ越して住所を教えてもらえなかったから送り返されてきた、というのではありません。それはそれで面白いけど何でもネタにしますよ、私は。

私は絵が下手だという自信があるので、最近は専らパソコンのソフトに頼っています。で、宛名とか細かい文章は自分で書くようにしていますまあ、人によっては私の雑な字も許せないかもしれませんが、ご勘弁を。一応、私なりの誠意なのです。

メッセージの内容は人によって全部異なるようにしています。なので、頭の回転のノロい私には結構大変な作業です。そして、書き終わって投函すると、ほとんどの場合誰に何を書いたか忘れています。返事が返ってくると、「あ、この人にはこう書いてたんだ」とかいうことがわかるときもあるのですが、たまに本当にわからなくて往生します。

中高時代はパソコンとかワープロに頼らず、イラストから全て手書きでやっていました。当時は今より出す葉書の量が多かったように思うので、自分でもよくやってたなぁ(ってか暇だったのかなぁ)と感じます。イラストは干支の絵にするときもあったのですが、干支の絵が描けないと、自分の机の上にあるもののイラストを盗用していましたで、突然ドラえもんの絵が描いてあったり、戌年でもないのにポチャコの絵が描いてあったりしたわけですこの頃は本当に人によって書くことが千差万別だったので、あみだくじの描いてある人もいれば、何故かクイズの書いてある人もいたり…で、一番印象的だったのが、年賀状を出してその返事に『私は○番だよ』という答えが書いてあったものです。彼女にクイズ形式で何かを書いていたことまでは覚えていたのですが、どういう内容だったのかからっきし覚えておらず、質問も答えもわからないので、出題者はあれ以来結局回答者の方の気持ちがわからずにおります、ごめんなさいっ

メールが流行りだと言いますが、私はやっぱり年賀状のくる嬉しさっていうのがたまらないです何よりも歳をとってからも見ることができますしね。生きていれば必ず誰かの死に目に遭うわけで、そうするとその人の生きていたという証を何かしら残していたいのです。そういうとき、手書きの文字って結構その役割を担える気がするんですよね。

でもまあ、世の中にあるものって儚いものばかりです何か事が起これば、すぐにも消え去ってしまうものばかり。絶対的な何かを求めながら、自分の中にすら絶対的なものがあることを保証できない。逆にいうと、絶対的なものがないから気楽なところもあるし、逃げ場もあるんだとは思いますが。

で、そんなことを言いながら、私は小学生のとき、貰った年賀状で夏休みの宿題という名目で実験を試みていたことを思い出しました。どういう形にしたら重量に耐えられるようになるだろう、というもので、この題材は自由研究に困っている子どもたちのために販売されていた本からぱくってきましたで、年賀状を折ったり貼ったり。葉書を使えとは書いてありましたが、あの頃何故人から出された年賀状を使ったのかは謎です。そんなものに使ってしまってスミマセンでしたいとこからきた手紙に返事を出すときに、「下書きしなさい」と親から言われて、「何でそんなことしなきゃいけないんだろう」と疑問に思いながらも、その手紙を下に敷いていとこの書いた字や文章を丹念に写し取っていたようなヤツだったんで、お許しを…
スポンサーサイト

エトセトラ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<未知なるもの | ホーム | スマイルは大事>>

コメント

今年は全く年賀状に関わりませんでした(哀)
年賀状って私も昔は大好きだった!両親宛の葉書の中から自分宛のを見つける喜びや、お年玉くじを一枚一枚チェックする楽しみや。

ただ、もらうのは好きだったけど、書くのは好きじゃなかったんで、mikiちゃんが楽しく書いてるみたいなのがうらやましいです。
2006-01-08 Sun 13:21 | URL | mina [ 編集 ]
ねぇ、お年玉くじ私は切手セットまでしか当たったことないけど、
それでも楽しみにしちゃうよねー。
家族単位だとふるさと小包までは当たったことあるような。

私ももらう方が好きだよー☆
でも、あんまり会わない人だとたまの機会だし、
年賀状でいっぱい色んなこと伝えたいかな~(≧▽≦)
あ、ただし先生相手だとなかなか筆が進まない…(>_<)
2006-01-08 Sun 19:08 | URL | miki [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。