のんびり気まぐれ猫ブログ

教養を身につけたい、そんな年頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

私見~自分一人の意見~

NHKのニュースを見ていると、国の財政の話で「試算」と言うときに「試算、試みの計算」と言い換えていました。夫がそれが気になると言うのでニュースをじっくり聞いていたら、私も何だか気になってしまいました。Mr Childrenとかサザンオールスターズの歌のタイトルにありそうな感じもします。『試算~試みの計算~』みたいな。それにしても、試算と意味を取り違えるような“しさん”という単語はあるのでしょうか。

最近、地震が多いですね。有感地震だけを取り上げても去年から数は多いのですが、1年は「余震に注意」と言われていたのであまり気にしていませんでした。でも今年になって、とても余震とは思えない場所やレベルで地震が頻発しているので…今更「何もなければいいのですが…」と書いても他人事のようなので、そういうことは書きませんが何でしょう。何かあっても自分の身は自分で守りましょう!ということぐらいですかね。私が書けるのは。

17日には阪神大震災の追悼行事があったばかりですね。私はこういった行事自体に特に異議はないのですが、最近ではどうしても違和感を覚えてしまうことがあります。例えば東日本大震災はPM2:46、阪神大震災はAM5:46に起こったわけですが、この時刻に黙祷する意味ってあるんでしょうか。起こった時刻に亡くなった人なんてそんなにいないのに。私には亡くなった人ではなく地震そのものを追悼している気がしてなりません。象徴的な時刻と言えばそうかもしれませんが、そうなると、“追悼”と言いながら何がしかのドラマを演出したい、生きた人間の自己満足あるいは自己陶酔のように思えてしまって。大体、故人を偲ぶことだけならいつでもできますしね。特に、震災の遺族でもないのに、Twitterなどで「2時46分です。黙祷」とか書いてしまう脳タリンで無神経な人は何なんでしょうか。こういう方は事故や自殺で亡くなった無名の人に対しても黙祷してくれるんでしょうか。人生が黙祷で終わってしまいますね。

今年になって中島義道の本を色々読みました。哲学者の文章なんて絶対に自分には理解不能だと思っていたものですが、私が疑問に思っていたことについてakiさんが「誰かが本でこういう風に書いていた」と解説してくれるうちに、哲学というものに少しずつ興味を持ち始めた次第です。それにしても、中島義道の文章はなかなかに共感するところが多かったです。著書『愛という試練』では、彼の育った家庭がどのようなものであったかについても言及されていますが、それを読んでいると私が彼の考え方に共感するのも宜なるかなと。確信があるわけではありませんが…。

27年間生きてきて、「何を考えているのかよくわからない」「何を言っているのか意味不明」と言われたことは少なくありませんが、この頃はそれでいいと思うようになりました。少なくとも私は、自分の理解の範疇を超えているものに対してそうやって思考放棄しないようにしたいものです。
エトセトラ | コメント:2 | トラックバック:0 |

年末年始のユートピア

新年明けましておめでとうございます。この3日間は家事などかなり疎かにしていましたm(_ _)m明日から切り替えなければ。私がこの年末年始で思ったのは、「年中年末年始ならいいのに」ということでした。1年という大きな区切りが終わっていく感じと、また新しい1年が始まるぞーという感じが好きなんですよね。でも、年中年末年始だったら、もはや年末年始とは何ぞという話になってしまいますが。

この3日はハンバーグのびっくりドンキーと、ハンバーガーのモスバーガー、ラーメン屋のはたかくるでそれぞれ食事をしました。びっくりドンキーへ行く途中には、日本一の集客数を誇る餃子の王将八千代店があるのですが、店が真っ暗でびっくりしました。年中無休かと思っていたのですが、元日は休みだったみたいです。びっくりドンキーは空いていました。ここのハンバーグは外国産の牛肉・豚肉しか使っていないのに、あまり癖を感じないのが不思議です。モスバーガーでakiさんは“とびきりハンバーグサンド 金のテリヤキ”を食べていました。家では「あんまり魅力を感じない」とか言ってたのに…夫の購買行動を見ていると、企業が想定する消費者像が見えてきて面白いです。懐は必然的に寂しくなりますが。はたかくるは一番近所にあるラーメン屋です。つけ麺を注文しましたが、あっさりなようでコクもあって美味しかったです。この地域にある飲食店にしては、価格は高いようにも思います。ここは大丈夫でしたが、ラーメンってたまにお腹を壊すことがあるんですよね。油が合わないんでしょうか。

とにかく遊んでいました。Wiiでマリオのゲームを夫婦でやっていたのですが、Wiiの操作は本当に慣れません。akiさんはマリオ、私はルイージのキャラを選択したのですが、ルイージを乗せたヨッシーがマリオを食べたり、味方同士なのにお互いに殺しあったりしてゲラゲラ笑っていました。完全攻略を諦めているので、ゆるくプレーして楽しめます。DSのときは何故あんなに昼夜を問わずのめり込んでいたのか、今となっては不明です。

FFFFFのDVDを観ました。FFFFFとは、日本ハムファイターズを応援する北海道のローカル番組です。akiさんがクリスマスプレゼントだか誕生日プレゼントで買ってくれました。その中で、金子誠選手と田中賢介選手のトークコーナーがあったのですが、金子選手が他人の咳に敏感という話で「他人の菌には敏感になってしまう。自分は不摂生だけど」という(理不尽な?)言葉にすごく共感しました。それで田中選手から「それってB型的性格ですね」と言われていて、私が大半の人から「B型でしょ?」と訊かれた理由がわかった気がしました。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

2011のレクイエム

今月ももう終わりですね。今月も色々と記事を書こうと思っていたのに、構想だけで終わってしまいました。中ぐらいのものをたくさん書くのが理想ですが、なぜか書くときは長々と書いてしまうことが多く。そうして書いた疲労感から当分更新しなくなるという…。来年はそこそこの長さの記事を1ヶ月に3つくらい書けるようになりたいです。

今年は例年どおり1月は行き、2月は逃げましたが、3月以降はどの月も長いようで気づけば終わっていた感覚です。つねに浮き足立っていたのでしょうか。今年の漢字は“震”かと予想していたのですが、“絆”でした。“絆”も予想の範疇ではありましたが、さすがに少し押しつけがましいかなと思っていたので。もし私が東北の被災地に住んでいてこのニュースを聞いたら、頭の空っぽな人たちが何となくイメージのいい漢字を選んだように感じて、いい気持ちにはならないかな。千葉にいてもそう思ってますし。まあ、被災地の人たちがそれで心温まるなら、それでもいいとは思います。親切や優しさは受け取る人の気持ち次第だものね。ちなみに“震”は1995年の漢字で、この年に清水寺の恒例イベントも始まっていたとのこと。

3月の大震災関連の特集は多かったですが、自然災害という意味では台風の被害も衝撃的でした。台風12号の被災地でも、仮設住宅で年越しする世帯があるそうです。地震のせいでも台風のせいでも交通事故のせいでも、(例えば)家族を1人を失うという事実は変わらないのに、ニュースとしてはインパクトの大きさで扱いが変わってしまうというのは、当然かもしれませんが不思議なものです。

「この震災を忘れないために」などというフレーズは好んで使われますが、多くの場合、ただ言いたいだけちゃうんかという気がしてなりません。その言葉をもって被災地の人々が記念碑を建てるなりすることについては、なるほどと思いますが、被災地外の人が発しても説得力がないというか。手段が目的化しているというか。もちろん記録として残す必要はありますが、記憶は薄れるものです(経験がなければ余計に)。だから、記憶が薄れても社会システムが機能するように、想定される災害に対してとるべき対策を練っておくことが必要なのだと思います。覚えておくことは震災の悲惨さなどではなく、そこから得られた技術的または方法論的な教訓です。

またつまらない文章を書いてしまいました…最近の傾向として、少し説教臭い?文になりがちなのですよね。そして、私自身が大震災メインで記事を書いているという皮肉。

個人的な出来事としては、
2月   ヨーロッパ旅行(ブダペスト、ウィーン、プラハ)
4月   結婚記念写真撮影@日比谷公園
5月   北海道旅行(根室&知床&網走&旭川)
7、8月 四国旅行(松山&宇和島&四万十川)
がありました。

ヨーロッパ旅行については、途中まで記事を書きましたが挫折しました。四国旅行についても同様です。どうも尻切れトンボになりがちでいけません。akiさんのことを三日坊主と馬鹿にできませんね。四万十川にいったときは遊覧船に乗りましたが、ガイドの上手い船頭さんと聞いていて実際話し上手な方だったのですが、途中で「福島の人たちはどうなるんでしょうね!?」と原発を話題にされ、困ってしまいました。どこもかしこもそういう話ばかりで、西日本ならその話題から距離をおけるかもと期待して来たもので。政府が何とかしろと言うだけでは、私にできることもないし。この話題のときは、一瞬船上の空気が止まってしまいました。

北海道旅行は帰省も兼ねてというところでしょうか。根室では“北方領土”の文字が至るところで見られ、ちょっとした緊張感がありました。カニを飽きるほどにたくさん食べました。知床は霧が濃く、雪も降っていました。昼ご飯に食べたホッケが美味しかったです。網走のホテルでは従業員の制服が民族衣装っぽく、個室に露天風呂のある部屋に泊まりましたが、生憎の雨。旭川は旭山動物園。吹雪いていましたが、結構混雑していました。カピバラに会いたかった。

結婚の記念写真は式を挙げていない私のささやかな抵抗です。誤解のないよう申し上げておくと、別に挙式を誰かに妨害されたとか反対されたとかいうことはないので、ご安心(?)を。場所が日比谷公園なのは、何となくです。強いて理由を述べれば、桜が綺麗そうだったので。おこさまたちに「おめでとーございます」とか「何でここで結婚式してんの?」とか色々言われて恥ずかしかったです。おじさまやおばさまにも声をかけていただきました。都会の人は冷たい(クール)というイメージがありますが、案外無視してもらえないものです。寂しくなったら、ウェディングドレスで日比谷公園に行くことにします。

なーんてね。

そういえば、ひかりテレビを我が家に導入したのも今年でした。これを契機として私が野球観戦にはまり、昔漫画に出てきたような‘贔屓のチームが負けると機嫌の悪いおじさん’化してしまったのでした。映画もよく録画して観ています。「なーんてね」というのは、『告白』で松たか子が最後に吐いたセリフです。面白かったけどモヤモヤした映画でした。昨日見た『フォレスト・ガンプ/一期一会』は爽やかに面白かったです。主人公の幼なじみの女性の気持ちには入り込めなかったけど。

ワイン飲んでお菓子を食べながら書いたので、これだけの内容でだいぶ時間がかかってしまいました。お雑煮の準備もせねば。来年もよろしくお願いします(´ε` )
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

習志野の魔物

※食事中にはふさわしくない表現が一部含まれています。ご注意ください。

火曜日に人間ドックに行ってきました。会社勤めしていたときも健康診断なるものはあったのですが、身体測定とか胸部レントゲンとか簡単なものでした。akiさんの会社から「ご家族の健康があってこそ!この機会にぜひ健診を!」みたいなお知らせがきたので、そのとき少し体調に不安のあった私はakiさんと相談の上、人間ドックを受けることになったのです。それが7月。

JTBベネフィットという会社を経由して手続きをするのですが、いろいろと兼ね合いがあってこの時期なら大丈夫だろうと希望したのが8月から9月にかけての数日。もしダメなら何月がいいかというので、10月と書いて提出。予約できたのは11月。それでも最短だとのことでした。10月にも空いてないって、日本人はそんなに人間ドックマニアなものなのかしら。

病院は指定されたところから選ぶのですが、市内の病院だと交通の便がよくない、というか行きにくいところばかりだったので、行き慣れた津田沼にあってアクセスもよい津田沼中央総合病院にしました。でも、方向音痴な私は前日からとても不安でした。地図やグーグルマップを見るかぎり、行けそうな気もしましたが、油断できない私の方向感覚。しっかりランドマークを頭に叩きこんで当日は迷うことなく到着することができました。

病院に行く前に、家で採便・採尿をする必要がありました。尿検査は小学校の頃からあったし手馴れたものですが、採便が…昔、某ファーストフード店でバイトしていたときは、年に1回そういう検査があったように思いますが、そのときは容器の蓋についた小さなさじでモノをすくってそのまま容器に蓋をするという、簡単なものでした。今回は2日にわたって採取しなければならず、しかも蓋についた棒にモノをこすりつけるという、面倒な方法でした。説明書を読んでいると、「採便棒の溝が埋まるぐらいに」と書いてあるのですが、何度こすりつけてもうまく埋まらないのです。こっちに付きすぎるかあっちに持っていかれるか…適度な硬さの人なら埋まるのでしょうか。擬似便ならともかく、実際のモノを(棒ごしとは言え)いじり続けるのは本当に辛かったです。いやはや汚い話ですみません。

8時15分から受付でしたが、迷うことも想定して家を出たので8時過ぎぐらいに病院に着きました。正面玄関から入るとズラッと長い列。診療時間は9時からなのに。大半は高齢者の方だったでしょうか。朝早いしね。人間ドックの方はそれほど人はいませんでしたが、私の受付番号は9番でした。あまり若そうな人はいませんでした。おばちゃんと呼ばれるぐらいの年代の女性が多かったかな。初老の男性もいたし、夫婦っぽい人たちもいました。受付が終わったあと、検査着に着替えました。

いろんな検査がありましたが、検査1つ1つはそれほど時間がかからないのに、待ち時間が多いので結構時間がかかりました。オプション検査で乳がん検診と子宮がん検診細胞診を受けた私は、終わったのが11時半頃でした。

乳がん検診ではマンモグラフィも選択できましたが、痛そうなイメージしかなかったので、チキンな私は超音波検査を選択。こちらは検査着の前を開けてベッドの上で仰向けになり、胸にゼリー状の液体を塗り、探触子(プローべ)を乳房にあて、横に滑らせ、また上方から下方へと滑らせるというもの。検査は女性医師にしていただきましたが、モニターを見つつも終始無言だったので、変なものが映っているのかなと少し不安になりました。触診は別の部屋で男性医師にしていただきましたが、こちらは何もないということで、大きな病変はなかったようです。子宮がん検診は去年と似た感じでしたが、触診がなかった分あっさり終わりました。この検査は椅子が独特な動きをするので楽しいです。ちょっとした遊園地気分です。

遊園地気分と言えば、食道・胃・十二指腸レントゲン。これも台の動きが面白かったです。ただ、「(台の上で)素早く1回転してください」とか言われるんですが、ここも台ごとグルンって回ったらいいのにな、と思いました。そんなことしたら、ビックリしてゲップが出ちゃうかしら。そう、私人生で初めてバリウムを飲みました。バリウムは美味しくないと聞いていたので、前日から憂鬱でしたが、飲んでみると意外と飲める。昔カルシウムのサプリだったかヨーグルト味の錠剤を飲んでいたことがありますが、そんな感じの味でした。バリウムよりその直前に飲んだ発泡剤で気持ち悪くなりました。味そのものはお菓子とも思えなくないですが、飲みこんだ瞬間ずしりと重い感覚が。バリウムにばかり警戒していた私には不意打ちでした。そのあとバリウムを飲んだら楽になりましたが。「あともう少しで終わります」って言われてホッとしたのか、口は閉じていたんですが口の中で“ゲプッ”と空気が出るのを感じました。完璧な受診者でいたかったのに。悔いは残りますが、反省はしていません。当たり前か。

バリウム飲むのが初めてだと言ったら、採血のときに看護師さんがいろいろ説明してくれていたんですが、私は「血がー血が出てるー」とばかり気になって、頷きながらもまったく話が頭に入ってきませんでした。献血のときは自分で血を目の当たりにすることがなかったからなのか、元々たくさん血が採られるという覚悟があったからなのか、気にならなかったのですが。何回も別の容器に血を採られるとは知りませんでした。「バリウムを飲んだら、水分をたくさん摂ってください。水やお茶やコーヒーだと尿になってしまうので、牛乳やジュースの方がいいです」と言われたのだけは、覚えています。

最近運動不足なので、この日は津田沼から家まで歩いてみようと考えていました。成田街道に出ればさすがの私も迷いようがありません。結構な運動量になるのでワクワクしていたのですが、大きな道路に出てテクテクと歩くこと1時間強。一向に見慣れた風景に出会えません。それどころか出くわさないはずの京成線が見えてくる始末。もうある程度察しはつくかもしれませんが、私は成田街道手前にあった大きめの道路を勝手に成田街道と信じて歩いてきてしまったのです。

道路標識に八千代の文字が見えるも、そちら方向に歩いて家に辿りつけるか確信はないし、もうガックリきて疲れてしまったので、その付近でもっとも近くにあった実籾駅から電車に乗ることにしました。実は以前にも、大久保駅から津田沼駅まで歩こうとしたら、何故か逆方向に歩いていて実籾駅に来てしまったことがあります。因縁の実籾再び。東京都心なら多少迷っても駅が至るところにあり、運賃も大したことになりませんが、この近辺では駅を逃すと割と大変なことになります。という意識が少なくとも私にはあります。

なるべく安く帰るかと思って携帯で路線検索したら、京成津田沼を経由するといいとのこと。

結局戻るんですか\(^o^)/…まあ170円でフィットネス並の運動ができたと思えば…ね。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

主観的東西南北

金曜日はMちゃんとMちゃんとakiさんと私の4人で飲み会でした。akiさんと私は八丁堀駅で待ち合わせたのですが、この駅は名前の地味さの割には出口が多くて方向音痴の私にはちょっと複雑です。前日にどこで待ち合わせるかという話になり、akiさんは「北と南に改札があるから」と説明を始めました。北口と南口があるのかと思ったら、そういう名称があるわけでもないらしい。「北とか南とか言われてもわかんない(ー_ー)」と反抗したら、「銀座方向と茅場町方向でいうと」と言われたので、「それもわかんないもん(ー_ー)」と反射的に口ごたえ。でも、よく考えたらわかりやすい説明でした。方向や方角という言葉にはアレルギーがある私なのです。

土曜日もakiさんと運動がてらモスバーガーまで。意識的にでも体を動かさないと健康によくないと思い、お散歩コースを教えてもらいました。途中何箇所かで割と大きいクモの巣(“大きい”は“クモ”にも“巣”にもかかっています)を見かけたのですが、去年まではあまり見かけなかったのに今年は至るところで見かけます。千葉県だけでしょうか。ムクドリの大量飛来は去年と変わりません。

帰りは行きとは別のルートを通ったのですが、途中で「今、東から西へ進んでいる」とakiさん。一方、私は「え、そうなの!?何か全然東西方向に移動している感じがしない」と主張。「私が進んでいる方向は常に南北方向のような気がする」と言ってから、はたと気づいたのです。私にとって、北は自分の正面であり、南は自分の背面であり、東方向・西方向とは自分から見た右方向・左方向であるということに。それまで正面を見て歩いていた私は90°体の向きを変えてカニ歩きを始めると、まさにEureka!「…これだと東から西に歩いてる感じがする!」傍から見ると、きっと変な夫婦だったでしょう。いえ、変な女だったでしょう。夫を巻き込むのはよくない。

ここまでの文章からは読み取れませんが、物理的にも精神的にも方位磁石として私から期待されるakiさん(ただし、クモは苦手)です。
エトセトラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。